(C)yusukekeiba

2018年8月12日、新潟競馬場で関屋記念(GⅢ/芝1600m)が行われる。プリモシーン、エイシンティンクル、ウインガニオン、リライアブルエース、フロンティアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 8月12日(日) 2回新潟6日目 15頭 [仮想出馬表] 【11R】  第53回関屋記念
3歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A)

出走予定馬・登録馬

非常に多士済々なメンバー構成で混戦ムードが漂っているが、別定戦ということもあり51キロの軽量となる3歳牝馬プリモシーンに注目したい。

年明け初戦のフェアリーSを豪快な末脚で差し切って初重賞制覇。続いて感覚を開けて挑戦したGⅠ桜花賞はチグハグなレースで破れてしまったが、続くNHKマイルCは後方から末脚勝負にかけて5着。途中詰まるシーンもあり、スムーズなら馬券圏内も十分にあっただろう。血統的にもファシネイトロックの肌にディープインパクトの配合で、いかにも直線の長い平坦コースで極限の上がりで勝負しそうな下地があり、斤量も考えるとこの条件はベストではないか。

同じく牝馬であり、距離を短縮して連勝しオープン入りを果たしたエイシンティンクルも面白そう。

エイシンヒカリの妹という字面からもわかるように、とにかく前向きで折り合いが難しいタイプ。そういった面では距離短縮で結果が出たのは頷ける。良馬場で平均スピードを活かすようなレースが理想で、兄同様ハマった時の鮮やかさは目を見張るものがある。重賞でも格負けはしないだろう。前走の豊明S(1600万下)では逃げなくてもキッチリ折り合える進境を見せた。ウインガニオンを活かせて番手で折り合えるようなら流れ込みも十分だ。

そのエイシンティンクルのハナを叩きそうな昨年のサマーマイル王者、ウインガニオンもそろそろ復活がないか。昨年の2着馬でもある。

連覇がかかった前走の中京記念は馬場を考えても流石にペースが速すぎた印象で、それでもボロ負けはしていない点を地力と評価しても良いだろう。元々夏が良いタイプでここは結果が欲しいところ。前走と違い無理に競りかけてくる馬もいなさそうで、単騎の逃亡劇ならアタマまで十分にある。

重賞2回目の挑戦となった前走の中京記念ではほぼラスト2Fだけで3着にまで追い込んだリライアブルエースも地力強化が著しい1頭。展開に左右される面は否めないが、立ち回り次第では一気の撫で斬りがあってもおかしくはない。

昨年の新潟2歳Sの覇者フロンティアもやはりこの新潟マイルのコースがベストで、前走の中京記念でも4着と検討したように、古馬相手でも十分にやれる下地はある。極端なスローよりは流れるレースが良さそうで、明確な逃げ馬(ウインガニオン)が1頭いるペースは合いそうだ。

冒頭にも書いたように他にも多士済々なメンバー構成となっている。超のつく長期休養を叩いて復活にかけるチェッキーノ、新潟コース得意のスターオブペルシャ、実績ならこのメンバーでも最上位のヤングマンパワー、ようやく常識にかかってきたロードクエスト、ここ数戦の安定感光るショウナンアンセムなどが虎視眈々とサマーマイルシリーズの覇権を狙っている。

登録馬は以下の通りだ。

馬名S性齢斤量
ウインガニオン牡658
エイシンティンクル牝5 54
ショウナンアンセム牡556
ジョーストリクトリ牡456
スターオブペルシャセ556
チェッキーノ牝5 54
チャンピオンルパン牡756
フロンティア牡353
プリモシーン牝3 51
ベルキャニオン牡756
ヤングマンパワー牡657
リライアブルエース牡556
ロードクエスト牡556
ロッカフラベイビー牝6 54
ワントゥワン牝5 54

想定・予想オッズ

4番人気ウインガニオン6.6倍
5番人気エイシンティンクル6.6倍
9番人気ショウナンアンセム18.7倍
13番人気ジョーストリクトリ124.1倍
7番人気スターオブペルシャ14.6倍
10番人気チェッキーノ21.3倍
14番人気チャンピオンルパン236.6倍
3番人気フロンティア5.1倍
2番人気プリモシーン4.3倍
12番人気ベルキャニオン65.2倍
11番人気ヤングマンパワー34.1倍
1番人気リライアブルエース3.8倍
8番人気ロードクエスト15.8倍
15番人気ロッカフラベイビー1243倍
6番人気ワントゥワン8.7倍
おすすめの記事