(C)MAZIMICKEY

2018年11月4日、京都競馬場でJBCスプリント(GⅠ/ダ1200m)が行われる。GⅠⅢ連戦初戦のスプリント戦として盛り上がりが期待される。マテラスカイ、モーニンなどのダート短距離常連組に対してレッツゴードンキ、セイウンコウセイ、ネロなどの芝からの転戦組も多数出走を予定しており、初顔合わせの対決に注目が集まる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、コース・距離別種牡馬成績を2013年以降のレースより集計を行った。


出走予定馬・種牡馬コース成績

<種牡馬/着別度数/勝率/複勝率>
ヨハネスブルグ     8- 4- 6- 40 / 13.8% / 31.0%
メイショウボーラー 9-10- 7-119 / 6.2% / 17.9%
シニスターミニスター 7- 5- 5- 35 / 13.5% / 32.7%
キングヘイロー 3- 3- 6- 40 / 5.8% / 23.1%
Speightstown  3- 1- 1- 7 / 25.0% / 41.7%
ゴールドアリュール  21-21-15-116 / 12.1% / 32.9%
ロージズインメイ 1- 4- 6- 18 / 3.4% / 37.9%
ダイワメジャー 15- 9-11-126 / 9.3% / 21.7%
アドマイヤムーン 0- 2- 6- 58 / 0.0% / 12.1%
ヴァーミリアン     1- 2- 0- 27 / 3.3% / 10.0%
アジュディケーティング 0- 0- 0- 4 / 0.0% / 0.0%
ノボジャック 3- 1- 0- 0 / 0.0% / 0.0%
キングカメハメハ 11- 8- 8- 76 / 10.7% / 26.2%
ヘニーヒューズ 0- 0- 0- 5 / 0.0% / 0.0%
Fusaichi Pegasus 0- 0- 1- 2 / 0.0% / 33.3%
アドマイヤオーラ    1- 1- 1- 6 / 11.1% / 33.3%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ヨハネスブルグ、シニスターミニスター、ゴールドアリュールが勝率・複勝率と並んでいるが、2桁勝利を挙げているゴールドアリュールをより高く評価したい。グレイスフルリープが前走からの巻き返しとなるか注目だ。初GⅠを狙うマテラスカイも父Speightstownの成績を見ると相性の良い条件と言えて本番の好走が期待される。

おすすめの記事