(C)arima0208

プロキオンステークスといえば4年連続出走するアドマイヤロイヤルの取捨がポイントの1つとなる。

2012年から2着・1着・14着という結果を残しており、中京ダート1400mでは無視できない存在ではある。去年14着ではあるが、前走アハルテケステークス(東京ダート1600m)では差のない3着と復調気配を見せている。

そして去年の1・2着馬も出走予定なので、リピーターレースと捉えていいのかをこのレースの血統傾向とともにみていきたい。


プロキオンステークスの血統傾向

2014年 稍重
1着 ベストウォーリア
父 Majestic Warrior(シアトルスルー系)
母父 Mr.Greeley(ミスタープロスペクター系)

2着 キョウワダッフィー
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母父 ブライアンズタイム(ロベルト系)

3着 ガンジス
父 ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)
母父 Silver Deputy(ヴァイスリージェント系)

2013年 良
1着 アドマイヤロイヤル
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母父 サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)

2着 セイクリムズン
父 エイシンサンディ(サンデーサイレンス系)
母父 サウスアトランテイツク(ミルリーフ系)

3着 ダノンカモン
父 シンボリクリスエス(ロベルト系)
母父 Ogygian(ダマスカス系)

2012年 良
1着 トシキャンディ
父 バブルガムフェロー(サンデーサイレンス系)
母父 Machiavellian(ミスタープロスペクター系)

2着 アドマイヤロイヤル
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母父 サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)

3着 ファリダット
父 Kingmambo(ミスタープロスペクター系)
母父 Sunday Silence(サンデーサイレンス系)

種牡馬の傾向としては、父ミスタープロスペクター系が4頭・父サンデーサイレンス系が3頭・サンデーサイレンス系と同じロイヤルチャージャーを含んでいる父ロベルト系が1頭なので、ミスタープロスペクター系とロイヤルチャージャーを含んだ系統(ロベルト・サンデーサイレンス)の2系統に注目である。

配合としては、父ミスタープロスペクター系の4頭ともにミスタープロスペクター系×ロイヤルチャージャーを含んだ系統(ロベルト・サンデーサイレンス)なので、この配合を重要視していく。

今年のプロキオンステークスの注目馬

★父ミスタープロスペクター系×母父ロイヤルチャージャーを含んだ系統

アドマイヤロイヤル(ミスプロ×サンデー)
キョウワダッフィー(ミスプロ×ロベルト)

結論としてはこのレースをリピーターレースとして捉え、過去の傾向からプロキオンステークス常連のアドマイヤロイヤルと去年2着のキョウワダッフィーの2頭を注目馬として挙げる。

【関連記事】
プロキオンステークス(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
レコンダイトの血統や今後は?目黒記念2着馬を徹底分析
ノンコノユメの血統や将来性は?ジャパンダートダービー1着馬を徹底分析
JRAはセカオワやAKB48とコラボして競馬場でライブをやってもらった方がいい
ウザい自称競馬オタクを黙らせる4つの方法!“知識ひけらかし男”をやっつけろ

おすすめの記事