ペルソナリテの血統や将来性は?ダリア賞1着馬を徹底検証


ペルソナリテの2つの課題

最近まで「ステイゴールドの牝馬は大成しない」というのが通説だった。ステイゴールドは430キロ程度しかない小柄な馬だ。産駒も小柄な馬が多い。よって、馬体重による不利を受けやすい。牡馬であれば馬体重が大きくなる傾向にあるため、活躍馬が出る。一方、牝馬の場合は輪をかけたように小さくなる傾向にある。だから、活躍馬が出ていなかったのだ。

もっとも、最近はレッドリヴェールが阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、ココロノアイやキャットコインが重賞を勝つなど、活躍馬が出てきている。特に2歳や3歳春であれば、重賞で勝ち負けすることも可能になっているのだ。

ペルソナリテは馬体重が400キロしかない。上のクラスで活躍するには馬体面の成長が必須条件だろう(2歳重賞なら問題なくこなすだろうが)。

ちなみにステイゴールド産駒の牝馬で唯一、GIを勝っているレッドリヴェールは馬体重430キロ程度。阪神JF以降は桜花賞で2着になったものの、勝ち星からは遠ざかっている。断然の1番人気に支持された先日のクイーンステークスでもメイショウスザンナの強襲にあって勝ち切ることができなかった。

そういう意味では……

・馬体重の成長
・2歳、3歳春までにいかに活躍できるか

この2つが彼女のキャリアにおける課題となりそうだ。

【関連記事】
メイショウスザンナの血統や今後は?クイーンステークス1着馬を徹底検証
ベルカントの血統や将来性は?アイビスサマーダッシュ1着馬を徹底検証
クラージュシチーの無念を語る厩舎関係者「命の尊さを改めて感じた」
武豊とディープ産駒で儲けろ!回収率100%を超える4つの条件とは?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

ページ:
1

2


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る