オーシャンS2018の競馬予想データ分析…4つの注目点から浮上する激走馬とは?


(C)Ko-Mei

2018年3月3日、中山競馬場でオーシャンS(GⅢ/芝1200m)が行われる。レーヌミノル、ナックビーナス、ロードクエスト、ネロ、ビップライブリー、リエノテソーロ、スノードラゴンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

春のスプリント王決定戦GⅠ・高松宮記念に向けて2006年に春の短距離重賞路線も整備される中で、これまでオープン特別として行われることも多かったオーシャンSがGⅢに昇格し、関東で行われる重要なステップレースとして位置づけられた。

前週に行われた阪急杯同様、1着馬には高松宮記念への優先出走権が与えられる。

ただし、オーシャンSの勝馬が高松宮記念で勝った例は過去10年では2010年のキンシャサノキセキのみとなっており、オーシャンSで敗退した馬が高松宮記念で馬券圏内に巻き返すことがあるなど調整過程ということも考慮したほうがいいレースでもある。

配当傾向を過去10年で見てみると、昨年2017年こそ上位人気で決着し三連単が5,350円と堅い配当となったが、それ以外は毎年万馬券となっていて特に2012年には単勝9番人気→5番人気→14番人気の組み合わせで3連単は昨年2,661,980円と高配当になった。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、昨年2017年のように人気サイドの決着となるのか。

今回は過去10年のオーシャンSの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20163スノードラゴン
20151サクラゴスペル
20142スノードラゴン
20143レッドスパーダ
20133ツルマルレオン
20121ワンカラット
20123ベイリングボーイ
20102エーシンエフダンズ
20103シンボリグラン
20092コスモベル
20081プレミアムボックス
20082エムオーウイナー
20083ナカヤマパラダイス

注目点① 人気薄を狙うなら単勝6番人気から9番人気を中心に

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が13頭と4割を超えるように高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の内2017年と2011年を除いて必ず1頭はリストアップされていることから積極的に人気薄を狙うことも考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝10番人気以下の極端な人気薄を狙うのが得策ではないことがわかる。

人気別集計 オーシャンS 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気1- 2- 1- 6/ 1010.0%40.0%
2番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
3番人気3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%
4番人気0- 1- 2- 7/ 100.0%30.0%
5番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
6番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
7番人気2- 1- 1- 6/ 1020.0%40.0%
8番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
9番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
12番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気
2016スノードラゴン8
2015サクラゴスペル7
2014スノードラゴン11
2014レッドスパーダ9
2013ツルマルレオン7
2012ワンカラット9
2012ベイリングボーイ14
2010エーシンエフダンズ7
2010シンボリグラン8
2009コスモベル6
2008プレミアムボックス7
2008エムオーウイナー12
2008ナカヤマパラダイス6

注目点② 人気薄は5歳以上から

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った13頭すべてが、5歳以上となっている。

4歳馬は古馬になったばかりでまだまだ成長過程にある馬も多く、だからこそ戦前評価どおりの実力を発揮していて、人気がない場合には馬券圏外に敗れてしまっていることがわかる。

年齢別集計 オーシャンS 過去10年

年齢着別度数勝率複勝率
4歳2- 1- 1- 25/ 296.9%13.8%
5歳5- 1- 4- 32/ 4211.9%23.8%
6歳1- 5- 1- 25/ 323.1%21.9%
7歳2- 2- 0- 21/ 258.0%16.0%
8歳0- 1- 4- 19/ 240.0%20.8%
9歳以上0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名性齢
スノードラゴン牡8
サクラゴスペル牡7
スノードラゴン牡6
レッドスパーダ牡8
ツルマルレオン牡5
ワンカラット牝6
ベイリングボーイ牡8
エーシンエフダンズ牡6
シンボリグラン牡8
コスモベル牝5
プレミアムボックス牡5
エムオーウイナー牡7
ナカヤマパラダイス牡5

注目点③ 前走クラスはGⅢより格下!

今回の該当馬13頭中11頭が前走はGⅠやGⅡといった賞金の高いレースではなく、1600万下・OPEN特別・GⅢといったレースを走っている。

前走がGⅠやGⅡの実力馬は上位人気に支持されていることを示していて、地道に自己条件のレースで結果を残してきたが、他馬との比較でここでは実力的に足りないと判断された馬が、前評判を覆して馬券圏内に巻き返していると言える。

前走クラス別集計 オーシャンS 過去10年


前走クラス着別度数勝率複勝率
1600万下3- 0- 0- 14/ 1717.6%17.6%
OPEN特別5- 0- 5- 30/ 4012.5%25.0%
GⅢ1- 6- 3- 66/ 761.3%13.2%
GⅡ1- 2- 1- 9/ 137.7%30.8%
GⅠ0- 2- 0- 6/ 80.0%25.0%
 地方0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
 海外0- 0- 1- 2/ 30.0%33.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
スノードラゴンGⅠ香港スプリントスプリント
サクラゴスペルOPENラピスラズリS
スノードラゴンGⅢ根岸S
レッドスパーダGⅢ東京新聞杯
ツルマルレオンOPEN京洛S
ワンカラットOPEN淀短距離S
ベイリングボーイOPEN淀短距離S
エーシンエフダンズGⅢシルクロードS
シンボリグランGⅢシルクロードS
コスモベルGⅢシルクロードS
プレミアムボックス1600万下山城S
エムオーウイナーGⅠスプリンターズS
ナカヤマパラダイスOPENバレンタインS

注目点④ 前走は1番人気以外

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った13頭中、前走が海外だった昨年のスノードラゴンを除く12頭が前走で単勝1番人気には支持されていなかった。

前走で単勝1番人気で敗退した馬は、敗退の原因が馬券購入の際に検討され、敗因が明らかな場合には再度上位に支持される傾向がある。

一方、前走で人気がなく、実際に敗退した馬は徐々に検討の対象外となり単勝人気も徐々に下降していくものの、オーシャンSにおいてはそういった馬たちにもフォーカスを当てていくことが必要だ。

前走人気別集計 オーシャンS 過去10年

前走人気着別度数勝率複勝率
前走1人気5- 0- 0- 7/ 1241.7%41.7%
前走2人気1- 1- 2- 9/ 137.7%30.8%
前走3人気1- 0- 1- 14/ 166.3%12.5%
前走4人気2- 2- 1- 7/ 1216.7%41.7%
前走5人気0- 3- 1- 11/ 150.0%26.7%
前走6~9人1- 1- 3- 31/ 362.8%13.9%
前走10人~0- 3- 1- 49/ 530.0%7.5%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走人気
スノードラゴン
サクラゴスペル8
スノードラゴン7
レッドスパーダ7
ツルマルレオン2
ワンカラット3
ベイリングボーイ13
エーシンエフダンズ16
シンボリグラン6
コスモベル5
プレミアムボックス4
エムオーウイナー14
ナカヤマパラダイス8

まとめ

ここまでの4つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当する。

アルティマブラッド
スノードラゴン

なお、本原稿は最終登録の段階で執筆しているため、仮に今回の該当馬が上位人気に支持されたり、出走回避した場合などは、人気薄が上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想する方法もありそうだ。

後は予想時点での単勝人気なども確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。



この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る