【新潟記念2015】人気馬は?出走予定馬の勢力図と予想オッズを展望
(C)slime

勢力図を予想

ダコール(牡7)
前走の新潟大賞典では道中は先行各馬を見る形で進め、直線で前を捉えると、そのまま押し切って完勝した。なかなか勝ちきれない時期もあった本馬だがようやく重賞初制覇を飾った。今回も同条件の舞台で、同じレース運びができれば重賞2連勝も間違いない。

ミュゼスルタン(牡3)
前走の日本ダービーは距離がこの馬にとっては長すぎた。NHKマイルカップでは前残りの展開で3着まで追い込んできており、最後の末脚は確かだ。今回は前走より距離も400m短くなり、直線の長い新潟コースということで、古馬をまとめて蹴散らす条件は整った。

アヴニールマルシェ(牡3)
前走のNHKマイルカップでは4着ながらミュゼスルタン以上の上がり最速の末脚を繰り出していた。新潟2歳ステークスを制しており新潟コースは相性の良いコースだ。基本的には追い込みしかできない不器用な馬だが、長くて広い直線の新潟コースなら差し切れる

ハギノハイブリッド(牡5)
前々走の函館記念でアタマ差の2着でようやく復調気配を見せた。前走の札幌記念ではハイレベルな馬たちが集う中で0.3秒差の7着とまずまずの内容だった。この夏の調子が良く、札幌から新潟替わりで直線が長くなるのも好材料。得意の2000mで得完全復活を目指す。

他には重賞で2戦連続2着のマジェスティハーツ(牡5)、中長距離戦線で安定した活躍を見せるネオブラックダイヤ(牡7)辺りも圏内か。

【関連記事】
イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?
レプランシュの血統や将来性は?快勝のディープインパクト産駒を紐解く
アラバスターの血統や将来性は?母にレーヴディソールの問題点とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

おすすめの記事