鳴尾記念(2015年)で躍動する血統って?阪神芝2000mで買える血を探る
(C)masakin0712

阪神芝2000mで買える血統・配合

それでは阪神芝2000mにおいて勝率・複勝率・回収値が優秀な血統をご紹介しよう。(集計期間は2012年2月25日~2015年4月19日)

★種牡馬

キングカメハメハ(11-6-6-63)
勝率12.8% 複勝率26.7%
単勝回収値381 複勝回収値130

シンボリクリスエス(4-4-6-33)
勝率8.5% 複勝率29.8%
単勝回収値144 複勝回収値120

ゼンノロブロイ(4-3-8-32)
勝率8.5% 複勝率31.9%
単勝回収値143 複勝回収値126

勝利数1位はディープインパクト。もっとも、勝率・複勝率は高いが回収値が低い。よって、キングカメハメハやゼンノロブロイ産駒のほうが強調できる。

父キングカメハメハ
ラブリーデイ

父ゼンノロブロイ
アズマシャトル

★母父馬

トニービン(4-6-10-41)
勝率6.6% 複勝率32.8%
単勝回収値457 複勝回収値219

勝利数1位はサンデーサイレンス。ただ、勝率は低いが圧倒的な回収値の高さでトニービンをお勧めしたい。

母父トニービン
クランモンタナ
レッドデイヴィス

★配合

父サンデーサイレンス系×母父サドラーズウェルズ系
(8-2-3-21)
勝率23.5% 複勝率38.2%
単勝回収値130 複勝回収値209

勝利数1位はミスプロ系×サンデー系だが、回収値はあまり高くない。。

母父サドラー系はノーザンダンサーを含んでいるので、その点も上記で挙げた過去の好走馬からの傾向にも当てはまる。

父サンデー系×母父サドラーズウェルズ系
メイショウナルト

鳴尾記念の推奨馬

以上が鳴尾記念の過去の傾向と阪神芝2000mの血統データである。

それを踏まえて今年の鳴尾記念の推奨馬を1頭挙げるとするなら、メイショウナルトになる。この馬は父ハーツクライ(サンデーサイレンス系)×母父カーネギー(サドラーズウェルズ系)である。

やはりこのレースではサンデー系×ノーザンダンサーを含む系統の配合面の良さを重視したい。

【関連記事】
競馬で勝つための方法って?サトノクラウンに学ぶ前走不利を受けた馬を狙う重要性
アルバートドックの血統や将来性は?白百合ステークスの覇者を徹底分析
モーリスが達成した史上初の快挙とは?堀厩舎転厩後の開花と圧巻の走り
サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析
ドゥラメンテの血統や菊花賞適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析

おすすめの記事