根岸S2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率7割超、回収率200超


@yuminyna

2018年1月28日、東京競馬場で根岸ステークス(GⅢ/ダート1400m)が行われる。カフジテイク、サンライズノヴァ、キングズガード、アキトクレッセント、ベストウォーリア、ブルドッグボス、ノンコノユメらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 単勝6番人気以下は消し!

根岸ステークスはGⅠフェブラリーステークスに直結する前哨戦の一つとして定着していることもあってか、各陣営ともそれなりに完成度の高い状態で出走させてくる。

そのため、実力馬と前評判の高い人気馬が順当に馬券圏内に入っていることが多い。

人気着別度数
6-18人気1- 3- 5-101/110
人気勝率複勝率単回値複回値
6-18人気0.9%8.2%4159

集計期間:2008. 2.4 ~ 2017. 1.29

過去10年の結果から見ると、単勝6番人気以下でも時折馬券圏内に入る馬もいるものの基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、5番人気以内を対象に集計

ポイント2 父・ネイティブダンサー系は消し!

血統からポイントを探すと父・ネイティブダンサー系が不振傾向にある。

本来、ネイティブダンサー系はダートで活躍する馬も多く輩出しているが、芝も含めて重賞クラスになると中距離以上の距離で活躍することが多く、根岸ステークスでの成績は奮わない。

父馬着別度数
ネイティブダンサー系1- 0- 0-10/ 11
父馬勝率複勝率単回値複回値
ネイティブダンサー系9.1%9.1%2711

集計期間:2008. 2.4 ~ 2017. 1.29

なお、ネイティブダンサー系は東京競馬場ダート1400mでクラス別に集計した場合に新馬戦からオープン特別までは一定の結果を残していることから、オープン特別までは血の力で距離適性をカバーしているものの重賞との間に大きな壁が立ちはだかっていると考えられる。

ポイント3 関東馬は消し!

競馬の世界では馬の実力に関して「西高東低」と言われて久しいものの、関東のレースでは少なくとも出走割合はそれなりにあるし、成績も互角とまでは言わないまでも善戦していることが多いのだが、根岸ステークスに関しては一切当てはまらない。

所属着別度数
関東1- 0- 1- 8/10
所属勝率複勝率単回値複回値
関東10.0%20.0%2535

集計期間:2008. 2.4 ~ 2017. 1.29

関西・栗東トレーニングセンターから東京競馬場への輸送にはもちろんコストがかかるが、コストがかかっても見合うだけのものがあるからこそ根岸ステークスに出走し結果を残していると考えて間違いだろう。

ポイント4 前走GⅠ以外の地方交流重賞出走馬は消し!

現在のダートレース体系は地方競馬との交流重賞も盛んに実施されるようになったが、出走馬の質として中央所属馬と地方所属馬の実力差がはっきりしており、地方交流重賞を実施した場合にはどうしても上位を中央所属馬が独占することも多くなる。

この傾向は地方交流重賞のGⅡ・GⅢとレース格が下がるほど顕著となり、レースレベルが中央競馬のダート重賞よりどうしても低くなってしまう。

その為、前走で交流重賞に出走し上位入線した馬が根岸ステークスに出走してきても、急にレースレベルが上がってしまい対応できないケースが多い。

前走場所着別度数
地方(園田)0- 0- 0- 3/ 3
前走場所勝率複勝率単回値複回値
地方(園田)0.0%0.0%00

集計期間:2008. 2.4 ~ 2017. 1.29


なお、東京大賞典などの交流GⅠはさすがに一線級が集まっているため、このポイントには該当しない。

ポイント5 前走5着以下は消し!

最後に前走の着順から見てみると5着以下に敗退した馬の挽回・巻き返しは根岸ステークスにおいてはまず見られないことがわかる。

前走着順着別度数
前走5着~1- 1- 0- 8/10
前走着順勝率複勝率単回値複回値
前走5着~10.0%20.0%2530

集計期間:2008. 2.4 ~ 2017. 1.29

実力のある馬が実力通りの結果を残しながら根岸ステークスに出走し、結果を残していると考え、前走5着以下に敗退した馬については無難に消しとしてしまって問題ないだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
7- 6- 4- 5/22
勝率複勝率単回値複回値
31.8%77.3%209191

集計期間:2008. 2.4 ~ 2017. 1.29

なんと、好走率は77%超、回収率も200%を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る