レパードステークス(2015年)予想考察!5つの消しファクターとは?

消しファクター③ 休み明け

やはりコンスタントに使われてきた馬のほうがいい。ユニコーンステークスやジャパンカップダート、古馬混合の1000万条件に出ていない馬は基本的に弱いため、ここでも厳しい戦いが予想される。

休み明け(0−0−0−12)

消しファクター④ キャリア

3歳夏の段階でレースを経験しすぎているのは好ましくない。この時点で11戦もしているような馬は、弱い可能性が高いか、地方からの参戦組が多く、上位勢とレベルの差が生まれやすい。

キャリア11戦以上(0−0−0−13)

消しファクター⑤ 父サンデーサイレンス系

ダートの実力者が集まるレースのため、サンデーサイレンス系は苦戦を強いられている。

父サンデー系(1−2−1−24)

4番人気以下で走ったのはランウェイワルツのみ。そのランウェイワルツは父ゴールドアリュールだった。ゴールドアリュールはダートGI4勝の“サンデー系最強のダート種牡馬”である。例外と見ていい。

「父サンデー系は人気馬しかこない」と割りきってもいいかもしれない。

まとめ

いかがだっただろうか? これである程度、絞ることができるのではないだろうか?

今年はゴールデンバローズが1枠に入ってしまった。果たして、マイナスファクターを克服できるのか。

さらにクロスクリーガーやノボバカラは父サンデー系。芝重賞で実績のあるダノンリバティだがダート初戦+休み明けというハンデを背負っている。

人気馬たちがマイナスファクターに該当しているため、穴馬の台頭があるかもしれない。

【関連記事】
小倉記念(2015年)予想考察!血統から見る注目馬とは?
メイショウスザンナの血統や今後は?クイーンステークス1着馬を徹底検証
武豊とディープ産駒で儲けろ!回収率100%を超える4つの条件とは?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク
あなたは「買ってはいけない1番人気」がいることを知っていますか?

おすすめの記事