(C)shin1k

2018年10月14日、京都競馬場で秋華賞(GⅠ/芝1800m)が行われる。アーモンドアイ、ラッキーライラック、プリモシーン、カンタービレ、サラキアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年10月14日(日) 4回京都5日目 22頭 [仮想出馬表] 【11R】  第23回秋華賞
3歳・オープン・G1(馬齢)(牝)(国際)(指定) 芝2000m・内 (A)

出走予定馬・登録馬

桜花賞を後方一気の末脚で圧勝、転じたオークスはまさかの先行策でも他馬を寄せ付けなかった。同世代に敵なしのアーモンドアイが牝馬三冠へと突き進む。

オークス前は唯一懸念された距離的な部分、ロードカナロア産駒であるという点を案じられたものの、蓋を開けてみれば強気の先行策で他馬を全く問題にしなかったアーモンドアイ。2,3着(リリーノーブル、ラッキーライラック)が桜花賞の着順と入れ替わっただけであったように、桜花賞組のレベルの高さを改めて証明しただけではなく、その中でも力が違うという点を見せつけた格好だ。

オークスからぶっつけのローテーションが気になるが、これは当初からの予定通りでもあり、桜花賞もシンザン記念から間隔を取っての戴冠だったことを考えればそれほど不安視する必要はないか。内回り2000mでタイトな競馬担った時に一抹の不安は残るが、それを力で押し切れるだけの差はありそうで、ここでも中心となるのは間違いないだろう。

昨年の阪神JF馬であり、桜花賞2着、オークス3着のラッキーライラックが逆転の筆頭候補にはなるが、そのハードルは低くはないだろう。

桜花賞は早めに抜け出すレースになってしまい、アーモンドアイの末脚の格好のターゲットになってしまった。オルフェーヴル産駒ということもあり距離延長で巻き返しが期待されたオークスは、逆に抜け出しを食らうような格好になってしまいキレ負けしてしまった。

春の結果から一番アーモンドアイに近い存在なのは間違いないが、違うレースパターンで2回完勝されているのは逆転する立場としては厳しいと言わざるを得ない。乗りにくい馬ではなさそうだが、急遽の乗り替わりで北村友一騎手とのコンビというのも、それほどプラスには捉えづらい。内回りのトリッキーなコースで思い切った勝負ができれば……だろう。

思い切った勝負ができそうなのは関東馬プリモシーンだろう。初の古馬相手のレースとなった前走の関屋記念では、北村宏司騎手との新コンビで後方から豪快な末脚を披露し勝利した。

ハンデに恵まれた部分はあったかもしれないが、しっかりと古馬、しかも牡馬相手にも完勝したレースぶりは評価されていい。ディープインパクト産駒らしく、最後のキレで勝負するタイプ。人気的にも腹のくくった乗り方ができそうで、打倒アーモンドアイという部分ではこの馬が一番面白い存在かもしれない。

前哨戦のローズSを先行策から完勝したカンタービレは武豊騎手との新コンビでこのレースに挑む。

オークスでは穴人気を集めて大敗してしまったものの、夏を越して馬体にもボリュームが出てきた印象。例年よりメンバーが手薄だったローズSだが、先行して他馬を寄せ付けなかったレースぶりは評価できる。アーモンドアイを逆転するまではどうかだが、百戦錬磨の天才を鞍上に迎え、そのユタカマジックに期待したいところ。

素質馬サラキアはそのローズSで2着し待望のクラシック挑戦権を手にした。

気性的な難しさが有る同馬だが、前走はどうにか折り合いをつけて最後までしっかりとレースができた。内回りのペースなら折り合いは更にラクになりそうで、前進が期待できる。鞍上は紆余曲折を経て池添騎手が継続騎乗となり、大物食いという面では悪くないだろう。

他には3連勝の中身が濃いミッキーチャーム、前走条件戦とはいえ圧巻の逃げ切りだったオスカールビー、馬体減っていた前走(ローズS)もしぶとく粘って好配当を演出したラテュロス、キレはないがしぶとさあるパイオニアバイオ、内回り合いそうなオールフォーラヴなどが一発を狙っている。

登録馬は以下の通り。

アーモンドアイ 牝3 ルメール騎手 国枝厩舎
ウラヌスチャーム 牝3 和田騎手 斎藤誠厩舎
オールフォーラヴ 牝3 幸騎手 中内田厩舎
オスカールビー 牝3 川須騎手 矢作厩舎
カレンシリエージョ 牝3 松山騎手 鈴木孝厩舎
カンタービレ 牝3 武豊騎手 中竹厩舎
ゴージャスランチ 牝3 横山典騎手 鹿戸厩舎
サトノガーネット 牝3 浜中騎手 矢作厩舎
サヤカチャン 牝3 高倉騎手 田所厩舎
サラキア 牝3 池添騎手 池添学厩舎
サラス 牝3 松若騎手 西村厩舎
スカーレットカラー 牝3 岩田騎手 高橋亮厩舎
ダンサール 牝3 Mデムー騎手 須貝厩舎
トーセンブレス 牝3 藤岡佑騎手 加藤征厩舎
ハーレムライン 牝3 大野騎手 田中清厩舎
パイオニアバイオ 牝3 柴田善騎手 牧厩舎
プリモシーン 牝3 北村宏騎手 木村厩舎
ミッキーチャーム 牝3 川田騎手 中内田厩舎
ラッキーライラック 牝3 北村友騎手 松永幹厩舎
ラテュロス 牝3 秋山騎手 高野厩舎
ランドネ 牝3 戸崎圭騎手 中竹厩舎
リュヌルージュ 牝3 ○○騎手 斉藤崇厩舎

想定人気・予想オッズ

1番人気 アーモンドアイ 1.3倍
8番人気 ウラヌスチャーム 56.2倍
7番人気 オールフォーラヴ 51.8倍
20番人気 オスカールビー 748.6倍
19番人気 カレンシリエージョ 616.5倍
3番人気 カンタービレ 6.6倍
9番人気 ゴージャスランチ 68.5倍
16番人気 サトノガーネット 308.1倍
18番人気 サヤカチャン 322.4倍
4番人気 サラキア 10.4倍
22番人気 サラス 1747倍
15番人気 スカーレットカラー 252.4倍
12番人気 ダンサール 103.6倍
11番人気 トーセンブレス 91倍
17番人気 ハーレムライン 322.4倍
10番人気 パイオニアバイオ 83倍
5番人気 プリモシーン 17.8倍
6番人気 ミッキーチャーム 22倍
2番人気 ラッキーライラック 4.6倍
14番人気 ラテュロス 132.5倍
13番人気 ランドネ 123.9倍
21番人気 リュヌルージュ 952.8倍

おすすめの記事