アルゼンチン共和国杯2017の予想データ分析…5つの消しで好走率7割超、回収率200超


(C)MAZIMICKEY

2017年11月5日、東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(GII/芝2500m)が行われる。開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 極端な人気薄は消し!

アルゼンチン共和国杯はスタミナや底力が問われるレースだ。このため、基本的に力のある人気馬は順当に走る傾向にある。

人気着別度数
1番人気2- 1- 1- 6/ 10
2番人気4- 2- 0- 4/ 10
3番人気2- 1- 4- 3/ 10
4番人気0- 5- 0- 5/ 10
5番人気0- 0- 0- 10/ 10
6番人気0- 0- 1- 9/ 10
7番人気1- 0- 0- 9/ 10
8番人気0- 0- 1- 9/ 10
9番人気0- 0- 2- 8/ 10
10番人気0- 1- 1- 8/ 10
11番人気1- 0- 0- 9/ 10
12番人気0- 0- 0- 10/ 10
13番人気0- 0- 0- 10/ 10
14番人気0- 0- 0- 10/ 10
15番人気0- 0- 0- 10/ 10
16番人気0- 0- 0- 8/ 8
17番人気0- 0- 0- 7/ 7
18番人気0- 0- 0- 7/ 7
人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気20.0%40.0%5260
2番人気40.0%60.0%177108
3番人気20.0%70.0%152145
4番人気0.0%50.0%0135
5番人気0.0%0.0%00
6番人気0.0%10.0%037
7番人気10.0%10.0%12735
8番人気0.0%10.0%043
9番人気0.0%20.0%0113
10番人気0.0%20.0%0142
11番人気10.0%10.0%25192
12番人気0.0%0.0%00
13番人気0.0%0.0%00
14番人気0.0%0.0%00
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%0.0%00
17番人気0.0%0.0%00
18番人気0.0%0.0%00

集計期間:2007.11. 4 ~ 2016.11. 6

11番人気以下で好走したのは1頭のみ。

ちなみに唯一の例外、ミヤビランベリは11番人気だったものの、2、3走前に重賞を勝った実力馬だった。しかも3走前に勝っていたのは目黒記念。アルゼンチン共和国杯と同じ条件で行われるレースだった。

※以降、10番人気以内を対象に集計

ポイント2 高齢馬は消し!

アルゼンチン共和国杯の特徴は、とにかく若くて生きが良い馬が走るということだ。

年齢着別度数
3歳0- 0- 2- 0/ 2
4歳8- 4- 4-19/35
5歳0- 4- 3-26/33
6歳1- 2- 1-17/21
7歳0- 0- 0- 4/ 4
8歳0- 0- 0- 4/ 4
年齢勝率複勝率単回値複回値
3歳0.0%100.0%0460
4歳22.9%45.7%108117
5歳0.0%21.2%056
6歳4.8%19.0%6061
7歳0.0%0.0%00
8歳0.0%0.0%00

集計期間:2007.11. 4 ~ 2016.11. 6


6歳以上になると、極端に成績が落ちている。歳を取っていても5歳まで。できれば3、4歳を中心に考えていきたいところだ。

ポイント3 キャリアの多い馬は消し!

そして若いからいいというわけでもない。キャリアを重ねすぎている消耗している馬は、いい成績を残せない傾向にあるのだ。

キャリア着別度数
16戦~1- 7- 3- 61/ 72
キャリア勝率複勝率単回値複回値
16戦~1.4%15.3%1747

集計期間:2007.11. 4 ~ 2016.11. 6

キャリア15戦以上になると、複勝回収値はわずか47。「若い」「キャリアが浅い」が、アルゼンチン共和国杯の最大のポイントなのだ。

ポイント4 後方待機組は消し!

アルゼンチン共和国杯はスピードよりスタミナや底力が求められるレースだ。直線に向いた段階でほとんどのスタミナを消費しているため、切れ味より我慢比べになる。

そうなると、切れ味で勝ってきたような馬は苦しい。

前走脚質着別度数
平地・逃げ0- 0- 0- 5/ 5
平地・先行6- 3- 3-17/29
平地・中団2- 5- 5-26/38
平地・後方1- 2- 2-22/27
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ0.0%0.0%00
平地・先行20.7%41.4%101104
平地・中団5.3%31.6%23108
平地・後方3.7%18.5%4737

集計期間:2007.11. 4 ~ 2016.11. 6

前走、後方から競馬した馬の成績が極端に悪いことが分かる。最低でも中団以上につけていた馬を狙っていこう。

ポイント5 大外枠は消し

スタミナが問われやすいレースということで、スタミナを失う条件に合致している馬の成績は悪くなる。例えば、枠順が外になり、距離ロスのリスクを背負っている馬たちはなかなかいい成績を残せていない。

枠番着別度数
1枠1- 0- 1- 6/ 8
2枠2- 1- 2-11/16
3枠1- 1- 0- 5/ 7
4枠0- 2- 2-11/15
5枠1- 2- 1- 7/11
6枠3- 1- 1- 8/13
7枠1- 2- 2-13/18
8枠0- 1- 1-10/12
枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠12.5%25.0%3878
2枠12.5%31.3%8697
3枠14.3%28.6%5450
4枠0.0%26.7%0112
5枠9.1%36.4%4670
6枠23.1%38.5%17686
7枠5.6%27.8%1185
8枠0.0%16.7%042

集計期間:2007.11. 4 ~ 2016.11. 6


8枠は厳しい成績になっていることが分かる。割引するのが打倒だろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
8- 2- 4- 5/19
勝率複勝率単回値複回値
42.1%73.7%200211

集計期間:2007.11. 4 ~ 2016.11. 6

なんと、好走率は73%超、回収率も200%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る