京都新聞杯2017の予想データ分析…5つの消しで好走率6割超も


(C)T.T

今週は京都競馬場で日本ダービートライアルの京都新聞杯(GII/芝外回り2200m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

ポイント1 極端な人気薄は来ない!

まずは人気から見ていくと、極端な人気薄がほとんど来ていないことが分かる。

人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気30.0%60.0%6882
2番人気30.0%60.0%121105
3番人気30.0%40.0%21886
4番人気0.0%20.0%048
5番人気10.0%20.0%10859
6番人気0.0%20.0%063
7番人気0.0%0.0%00
8番人気0.0%20.0%090
9番人気0.0%40.0%0227
10番人気0.0%10.0%085
11番人気0.0%10.0%068
12番人気0.0%0.0%00
13番人気0.0%0.0%00
14番人気0.0%0.0%00
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%0.0%00
17番人気0.0%0.0%00
18番人気0.0%0.0%00
人気着別度数
1番人気3- 1- 2- 4/ 10
2番人気3- 3- 0- 4/ 10
3番人気3- 1- 0- 6/ 10
4番人気0- 0- 2- 8/ 10
5番人気1- 0- 1- 8/ 10
6番人気0- 0- 2- 8/ 10
7番人気0- 0- 0- 10/ 10
8番人気0- 2- 0- 8/ 10
9番人気0- 3- 1- 6/ 10
10番人気0- 0- 1- 9/ 10
11番人気0- 0- 1- 9/ 10
12番人気0- 0- 0- 10/ 10
13番人気0- 0- 0- 10/ 10
14番人気0- 0- 0- 9/ 9
15番人気0- 0- 0- 8/ 8
16番人気0- 0- 0- 6/ 6
17番人気0- 0- 0- 2/ 2
18番人気0- 0- 0- 1/ 1

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

京都芝外回り2200mはある程度、実力が問われるコースだ。なかなか人気薄が台頭してくるのは難しい。

また、この時期、本当に強い馬であれば、すでにクラシック路線で実力を示している。あるいは、トライアルで権利を獲得するために、本気で仕上げてくるはずだ。

・コース形態的に穴馬が走らない
・シチュエーション的に穴馬が走らない
・人気馬は権利獲得のため、本気で仕上げてくる=穴馬の入り込む余地がない

こういった状況にあるわけだ。

以下、10番人気以内の馬を対象に、検証を進めていこう。

ポイント2 圧倒的に内枠有利!

京都新聞杯は圧倒的に内枠が有利なレースとして知られている。

まずは枠順別の成績を行こう。

枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠0.0%22.2%033
2枠41.7%50.0%236118
3枠14.3%50.0%75155
4枠9.1%27.3%3090
5枠0.0%6.7%09
6枠11.8%41.2%53147
7枠0.0%16.7%056
8枠0.0%10.0%024

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

ご覧の通り、特に2、3枠は複勝率50%という驚くべき成績を残している。

さらに馬番別の成績を見てみると……

馬番勝率複勝率単回値複回値
1番0.0%16.7%023
2番42.9%57.1%238110
3番14.3%14.3%10135
4番20.0%40.0%92112
5番22.2%66.7%117212
6番0.0%40.0%082
7番0.0%0.0%00
8番14.3%42.9%48141
9番0.0%12.5%026
10番0.0%30.0%0162
11番20.0%50.0%91135
12番0.0%0.0%00
13番0.0%0.0%00
14番0.0%0.0%00
15番0.0%33.3%080
16番0.0%0.0%00
17番0.0%0.0%00

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

12番より外になると、ほとんどノーチャンスであることが分かるはずだ。

基本的に一桁……もっといえば6番以内から選びたいところだろう。

ポイント3 誕生月に注目せよ!

NHKマイルカップの考察でも書いたが、この時期は生まれ月がとても重要なファクターになってくる。以下、データ以外の説明は引用。

3歳クラシックは、競走馬にとって最も華のある時期といえる。言ってみれば青春時代のようなものだ。


だからこそ、誕生月が重要になってくる。2歳〜3歳の1、2月には成長の早い早生まれ(1、2月生まれ)の馬たちが活躍する傾向にあるが、クラシックになると成長が追いついてきた3、4、5月生まれの馬たちが巻き返してくる。

数字を見ても、その事実は明らかだ。

生月勝率複勝率単回値複回値
1月生16.7%33.3%15386
2月生11.5%19.2%5637
3月生9.4%28.1%5290
4月生7.7%30.8%2693
5月生12.5%62.5%48203
6月生0.0%0.0%00
8月生0.0%0.0%00

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

1、2月生まれに対し、3、4、5月生まれの成績が非常にいいことが分かる。

基本的には3〜5月生まれを軸馬として考えていくのがよさそうだ。

ポイント4 末脚に着目せよ!

京都の外回りの重賞ということで、惰性で粘り込むことは極めて難しい。

例えば好走馬の上がり別の成績を見てみると……

脚質上り勝率複勝率単回値複回値
3F 1位25.0%75.0%42177
3F 2位46.2%76.9%263201
3F 3位0.0%33.3%093
3F ~5位16.7%50.0%115192
3F 6位~0.0%6.9%021

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

1、2位の馬はほぼ確実に馬券になっている。一方、6位以下の馬はさんさんたる成績だ。しっかりとした末脚を持った馬でないと、好走は厳しいということ。

ということで、着目したいのは前走の上がりだ。


上がり3位以内の末脚を使った馬に絞って集計してみると……

前走脚質勝率複勝率単回値複回値
1~ 3位10.3%32.8%48100

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

複勝回収値は100を超える結果となった。無理に前走にこだわる必要はないが、末脚を使えるかどうかの保証はほしいところだ。

反対に上がり4位以下だった馬は、評価を落としたほうが良いだろう。

ポイント5 ハーツクライ産駒は消し!?

血統面を見ていくと、ハーツクライ産駒がこのコースを苦手としていることが分かる。

京都新聞杯の過去10年では(0−0−0−4)。また、2014年以降のコース成績を見てみると……

種牡馬着別度数
ハーツクライ1- 8- 2-39/50
勝率複勝率単回値複回値
2.0%22.0%578

集計期間:2014. 1. 6 ~ 2017. 4.22
※単勝100倍以上除外

50頭走って1頭しか勝っていない。全体の好走率も良くないため、あまり高い評価はできなさそうだ。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
3- 5- 6- 9/23
勝率複勝率単回値複回値
13.0%60.9%41201

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 7

なんと、好走率は60%超、複勝回収値も200オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

編集部のオススメ記事

NHKマイルカップ2017の予想データ分析…5つの消しで回収率300超も
NHKマイルカップ2017!予想オッズ・出走予定馬と過去の傾向は?
京都新聞杯2017!予想オッズ・出走予定馬と過去の傾向は?
新潟大賞典2017!予想オッズ・出走予定馬と過去の傾向は?


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る