新潟大賞典2017の予想データ分析…5つの消しで回収率120超も


(C)koji takahashi

今週は新潟競馬場で新潟大賞典(GIII/芝内回り2000m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

ポイント1 馬体重の軽い馬は来ない!

まずは馬体重に着目してみよう。タフなローカル重賞ということで、基礎体力のある馬のほうが有利な傾向にある。

実際、馬体重が重い馬の成績が、明らかにいい。

馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg
400~419kg
420~439kg0.0%25.0%057
440~459kg0.0%0.0%00
460~479kg5.3%15.8%4261
480~499kg4.1%18.4%2668
500~519kg11.8%26.5%146127
520~539kg7.7%23.1%38101
540~33.3%66.7%173220

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8

460キロ未満の馬は(0−0−1−20)とほとんど来ていない。反対に500キロを超える馬は複勝率28%、単復回収値が100オーバーと、結果を残している。

少なくとも460キロ未満の馬は、軽視したほうが良さそうだ。

ポイント2 最内と外枠は軽視!

開幕して2週目ということもあって、基本的に内枠の馬が有利な傾向にある。

一方、新潟はコーナーがきついため、1枠の馬たちは走りにくく、結果を出せないことがデータで証明されている。

枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠5.0%10.0%5030
2枠5.0%30.0%40147
3枠15.0%35.0%102182
4枠0.0%10.5%023
5枠15.0%30.0%16496
6枠5.3%10.5%6445
7枠0.0%10.0%034
8枠5.0%15.0%2756
馬番勝率複勝率単回値複回値
1番10.0%10.0%10135
2番0.0%10.0%025
3番0.0%10.0%018
4番10.0%50.0%80277
5番20.0%50.0%98185
6番10.0%20.0%107179
7番0.0%10.0%021
8番0.0%11.1%025
9番20.0%30.0%278103
10番10.0%30.0%5089
11番11.1%11.1%13542
12番0.0%10.0%048
13番0.0%20.0%069
14番0.0%0.0%00
15番0.0%0.0%00
16番10.0%30.0%54113

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8

1〜3番、そして11番から外になると、極端に成績が下がっていることが分かる。

あまり絞りすぎるのも良くないので後ほどの集計では3番も含めるが、基本的には1枠、および11番から外は軽視したほうが良さそうだ。

ポイント3 キャリアの多すぎる馬は消し!

高齢馬もよく走るレースではあるものの、キャリア数が多い消耗した馬はなかなか結果を出せていない。

キャリア勝率複勝率単回値複回値
31戦~2.2%11.1%2375

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8

31走を超えると、複勝率は10%程度。(1−2−2−40)と、かなり数字が落ち込むため、割引が必要だ。

ポイント4 距離短縮馬は買えない!

今度はローテーションを見ていこう。

2200mより長い距離を使ってきた馬が全く来ないのが、このレースの特徴となっている。

前走距離勝率複勝率単回値複回値
同距離8.2%21.9%7084
±200以内7.7%21.2%6184
±400以内6.6%19.9%5880
±600以内6.4%19.2%5778
今回延長8.2%22.4%7586
今回短縮0.0%8.3%050

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8

36頭走って、馬券になったのは3頭のみ。勝ち馬は1頭も出ていない。この時期の中距離重賞は、本当に強い馬であれば天皇賞春を目指すため、強い中距離馬が出てこない。よって、どちらかと言うと短い距離を使ってきた馬が台頭する傾向にあると言えるだろう。


ポイント5 前走上がりを使えなかった馬は消し!

新潟は直線が長いため、惰性で粘り込むことが難しい。よって、末脚の保証のある馬の方は有利になってくる。

まずは上がり別の成績を見てみると……

脚質上り勝率複勝率単回値複回値
3F 1位38.5%84.6%220208
3F 2位18.2%36.4%189264
3F 3位11.1%44.4%8892
3F ~5位8.0%20.0%12675
3F 6位~0.0%6.1%039

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8

このように、速い上がりを使った馬が確実に馬券になっている。特に上がり1位は複勝率85%と、信頼度は圧倒的だ。

もっとも、どの馬が上がり1位を使うかは走ってみないとわからないため、ここでは前走の上がりを参考にする。

前走脚質勝率複勝率単回値複回値
3F 1位25.0%40.0%18696
3F 2位5.9%41.2%27232
3F 3位7.1%14.3%3844
3F ~5位4.0%20.0%4057
3F 6位~2.4%9.8%3852

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8

前走上がり1、2位の馬は複勝率40%。一方、6位以下になると10%にも満たない。

基本的に上がりを使える馬を狙っていくほうがよさそうだ。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
5- 3- 4-13/25
勝率複勝率単回値複回値
20.0%48.0%124138

集計期間:2007. 5. 5 ~ 2016. 5. 8


なんと、好走率は48%、単復回収値も100オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

編集部のオススメ記事

NHKマイルカップ2017の予想データ分析…5つの消しで回収率300超も
NHKマイルカップ2017!予想オッズ・出走予定馬と過去の傾向は?
新潟大賞典2017!予想オッズ・出走予定馬と過去の傾向は?


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る