(C)MAZIMICKEY

2018年7月8日、福島競馬場で七夕賞(GⅢ/芝2000m)が行われる。サーブルオール、マイネルサージュ、キンショーユキヒメ、ワンブレスアウェイ、プラチナムバレットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 7月 8日(日) 2回福島4日目 12頭 [仮想出馬表] 【11R】  第54回七夕賞
3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝2000m (A)

出走予定馬・登録馬

特別登録12頭と寂しいメンバー構成。メンバー的にも若干手薄な印象が否めないが、ここならサーブルオールが人気の中心になりそう。

もともと素質を高く評価されていた同馬であるが、今年に入ってから1000万下からの2連勝でオープン入り。前走のエプソムカップは馬群で揉まれ直線もチグハグなコース取りになり、最後の直線は馬場の悪いところを走らされてしまった。それでも最後までしっかり末脚を伸ばして4着と内容は悪くない。

2000mはこれまで3回走って連帯を外しておらず、距離的にはドンピシャの条件。それほど器用さがないだけに福島コースはどうかだが、秋の飛躍にむけ、このメンバーでは格好をつけたいところだ。

前走の福島民報杯でオープン初勝利を果たしたマイネルサージュも、引き続き同じコースで連勝の可能性は十分だ。

昨年からオープンで走っているが、全くといっていいほど結果が出ていなかった同馬。しかし今年に入ってからようやっとオープンの流れに対応できるようになってきており、白富士Sでは2000mの自己ベストタイムを更新する競馬で3着。続く中山記念は流石に相手が強かったものの、前走の福島民報杯では後方からハイペースを追走しながらも気持ちが切れること無く豪快に差し切った。時計が早くなりすぎるとどうかだが、馬の状態はここにきてピークの感。このメンバーなら十分勝負になりそう。

前々走の福島牝馬Sで重賞初制覇を果たしたキンショーユキヒメも福島コースに戻って巻き返しが十分にあるだろう。

前走のマーメイドSは勝負どころでの反応が悪く、バテず伸びずの格好で7着。加速に時間がかかるだけにハンデ戦でごった返す阪神内回りの2000mは結果として合わなかったか。福島コースに実績があり、この馬の場合エンジンの掛かりがおそいだけに少頭数は歓迎。能力全開なら牡馬相手でも。

そのマーメイドSで2着とようやっとオープンで結果の出たワンブレスアウェイも能力的には上位だろう。

気難しい面がありオープンでは力を出せていなかったが、前走のマーメイドSは途中窮屈になりながらもしぶとい伸びを見せた。淡々としたレースよりもどこかでメリハリを付けて怒らせるような競馬が合っていそうで、再度馬群で闘志を溜められるようなら一発も。

実績的にGⅡ(京都新聞杯)勝ちのあるプラチナムバレットも能力なら見劣らない。前走は跛行の影響で参考外であり、揉まれない競馬ができればチャンスがある。

他にも古豪マイネルフロスト、ここならハナ切れそうなマイネルミラノ、休養明けて内容悪くないレース続くバーディイーグル、ワンパンチ足りないが地力はあるレイホーロマンスまでが勝負圏内か。

登録馬は以下の通りだ。

馬名性齢斤量
キンショーユキヒメ牝5 54
サーブルオール牡555
シルクドリーマー牡953
バーディーイーグル牡853
パワーポケット牡650
プラチナムバレット牡457
マイネルサージュ牡655
マイネルフロスト牡757
マイネルミラノ牡857
メドウラーク牡754
レイホーロマンス牝5 51
ワンブレスアウェイ牝5 53

想定人気・予想オッズ

2番人気キンショーユキヒメ5.7倍
1番人気サーブルオール2.9倍
10番人気シルクドリーマー88.9倍
9番人気バーディーイーグル58.3倍
12番人気パワーポケット265.7倍
3番人気プラチナムバレット5.7倍
4番人気マイネルサージュ6.2倍
7番人気マイネルフロスト7.3倍
8番人気マイネルミラノ12.3倍
11番人気メドウラーク178.1倍
5番人気レイホーロマンス6.8倍
6番人気ワンブレスアウェイ7倍
おすすめの記事