【キーンランドカップ2015年】予想考察!データから浮上する5つの消しファクターとは?


(C) masaminh

今週は札幌でキーンランドカップ(GIII/芝1200m)が開催される。

今年のキーンランドカップはティーハーフ、ローブティサージュといった重賞ウィナー、昨年2着のレッドオーヴァルらが出走予定だ。

ではどんな点がポイントになるのだろうか? 今回は“5つの消しデータ”を用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。(※別場所、別コース開催は除外)


消しファクター① 人気

過去を見ると1番人気馬が(1−3−2−2)とまずまず堅実。9年中8年で4番人気以内の人気馬が勝っているところを見ても、大波乱は起こりにくいと考えられる。

10番人気以下(1−1−0−51)

無謀な穴狙うをするのは禁物と言えそうだ。

消しファクター② 高齢馬

スプリント戦ということでスピードが重要になる。よって、スピードに衰えがある高齢馬はあまり良くない。タニノマティーニが大穴をあけた以外、好走率は低調となっている。

7歳以上(1−1−1−24)

なお、馬券に絡んだ残りの2頭はマジンプロスパーとビービーガルダン。どちらもGIで好走歴がある実績馬だった。よほど力がない限り、高齢馬は軽視したほうが良さそうだ。

【次のページヘ】残り3つの消しファクターとは?


ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る