【キーンランドカップ2015年】予想考察!データから浮上する5つの消しファクターとは?
(C) masaminh

消しファクター⑤ 前走大敗馬

夏競馬は実力差があまりないため、いかに順調に使えているかが重要になる。よって、前走で大敗している馬のまきかえしはあまり期待できない。

前走1秒差以上の負け(0−1−2−29)

好走馬3頭のうち、2頭はGI好走経験のある前述のビービーガルダンとマジンプロスパーだった。

まとめ

いかがだっただろうか? これである程度、絞ることができるのではないだろうか?

人気の一角、ティーハーフは前走、後方から差しきったが、同じような競馬ができるかどうか。レッドオーヴァルも前走、後方から競馬をしていることに加え、馬体重が軽い。昨年、人気を裏切ったのも頷ける。エポワスは7歳馬で年齢に不安があるなど、上位人気馬は総じて不安を抱えているため、波乱の可能性は十分にありそうだ。

【関連記事】
【新潟2歳ステークス2015年】傾向と対策!予想の参考になるデータとは?
ヒプノティストの血統や将来性は?新馬戦勝ちのクロフネ産駒を徹底分析
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?素質馬の将来性を探る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

おすすめの記事