(C)@Arappa

2018年4月7日、阪神競馬場で阪神牝馬S(GⅡ/芝1600m)が行われる。リスグラシュー、ソウルスターリング、ミスパンテール、アドマイヤリード、レッツゴードンキ、ラビットラン、ミリッサ、ジュールポレールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

2006年にGⅠ・ヴィクトリアマイルが新設され上半期の古馬牝馬のレース体系が整備されていく中で、これまでの12月開催から4月開催に実施される時期が変更となりヴィクトリアマイルに向けての重要な前哨戦として位置づけられたのが阪神牝馬Sである。

実際、阪神牝馬Sからヴィクトリアマイルに挑戦した馬の成績は過去10年で4勝2着3回3着3回と好成績を残しているが、この内、阪神牝馬Sで勝利したのは2008年のエイジアンウインズのみとなっているのも大きな特徴となっている。

配当傾向を過去10年で見てみると、ここ数年は比較的堅い決着となっており、昨年2017年は三連単で6,370円、一昨年は3,320円と2年続けて万馬券になっていないものの単勝1番人気は3勝しかできていない。

2018年はどのような決着となるのか。

今回は過去10年の阪神牝馬Sの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20152ベルルミエール
20143ローブティサージュ
20133クィーンズバーン
20121クィーンズバーン
20112アンシェルブルー
20101アイアムカミノマゴ
20103カノヤザクラ
20091ジョリーダンス
20083パーフェクトジョイ

注目点① 人気薄を狙うなら単勝6番人気から10番人気を中心に

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が9頭で3割となっていて比較的平均的な結果となっている。

過去10年の中では直近2年では堅い配当を裏付けるように該当馬がいないがそれ以外の年は毎年1頭以上該当していることから人気薄を狙うかどうかは慎重に考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝10番人気以下の極端な人気薄を狙うのが得策ではないことがわかる。

人気別集計 阪神牝馬S 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気3- 2- 0- 5/ 1030.0%50.0%
2番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
3番人気0- 3- 2- 5/ 100.0%50.0%
4番人気1- 1- 3- 5/ 1010.0%50.0%
5番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
6番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
7番人気1- 2- 1- 6/ 1010.0%40.0%
8番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
9番人気1- 0- 2- 7/ 1010.0%30.0%
10番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
11番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2015ベルルミエール711.7
2014ローブティサージュ924.6
2013クィーンズバーン721.5
2012クィーンズバーン1155.1
2011アンシェルブルー713.2
2010アイアムカミノマゴ923.7
2010カノヤザクラ1025.1
2009ジョリーダンス719.9
2008パーフェクトジョイ929.2

注目点② 人気薄は4歳馬5歳馬から

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った9頭中7頭が4歳馬か5歳馬となっている。

まだまだ成長過程にある4歳馬や充実期を迎えている5歳馬が阪神牝馬Sにおいては戦前評価を覆したパフォーマンスを発揮できていることを示している。

年齢別集計 阪神牝馬S 過去10年

年齢着別度数勝率複勝率
4歳6- 7- 4- 53/ 708.6%24.3%
5歳2- 3- 3- 43/ 513.9%15.7%
6歳1- 0- 3- 20/ 244.2%16.7%
7歳0- 0- 0- 14/ 140.0%0.0%
8歳1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名馬齢
ベルルミエール4
ローブティサージュ4
クィーンズバーン5
クィーンズバーン4
アンシェルブルー4
アイアムカミノマゴ4
カノヤザクラ6
ジョリーダンス8
パーフェクトジョイ5

注目点③ 社台ファーム・ノーザンファーム生産馬に注目

今回の該当馬9頭中6頭が社台グループの中でも中心的な存在である社台ファーム・ノーザンファームの生産馬となっている。

牡馬の場合、クラシック戦線で中心となる距離になると社台グループが現在の日本競馬界を席巻しているものの、牝馬では牡馬ほど中心的な存在にはなりにくくなっている。

しかし、人気薄だからといって軽視しているとまだまだ存在感を示してくるだけの実力を持った馬も多く侮ってはならない。

生産者別集計 阪神牝馬S 過去10年

生産者着別度数勝率複勝率
社台ファーム3- 5- 0-21/2910.3%27.6%
ノーザンファーム2- 4- 4-21/316.5%32.3%
岡田スタツド2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%
タイヘイ牧場2- 0- 0- 1/ 366.7%66.7%
錦岡牧場1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%
矢野牧場0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%
グランド牧場0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
社台コーポレーション白老ファーム0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
シンコーファーム0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
浜本牧場0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%
ビッグレッドファーム0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%
ノースヒルズマネジメント0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順 ※3着以内に入った生産者のみ

馬名生産牧場
ベルルミエール社台ファーム
ローブティサージュノーザンファーム
クィーンズバーンノーザンファーム
クィーンズバーンノーザンファーム
アンシェルブルー矢野牧場
アイアムカミノマゴ社台ファーム
カノヤザクラ浜本牧場
ジョリーダンス錦岡牧場
パーフェクトジョイノーザンファーム

注目点④ 前走は1400m~1600mに出走

今回の該当馬9頭中7頭が前走でマイル戦か1400m戦を使われていた。

マイル前後の距離から挑戦する馬も多い中で、他馬との比較で人気を落としていてもマイル適性のある馬が活躍できていることがわかる。

前走距離別集計 阪神牝馬S 過去10年

前走平地距離着別度数勝率複勝率
1200m1- 0- 1- 21/ 234.3%8.7%
1400m4- 2- 3- 29/ 3810.5%23.7%
1600m3- 5- 5- 46/ 595.1%22.0%
1800m1- 2- 1- 21/ 254.0%16.0%
2000m0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%
2200m0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
2400m0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%
2500m1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走距離
ベルルミエール1600
ローブティサージュ1600
クィーンズバーン1400
クィーンズバーン1400
アンシェルブルー1600
アイアムカミノマゴ1400
カノヤザクラ1200
ジョリーダンス1400
パーフェクトジョイ1800

まとめ

ここまでの4つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当する。

レッドアヴァンセ
ワントゥワン

なお、本原稿は最終登録の段階で執筆しているため、仮に今回の該当馬が極端な人気薄に支持されたり、出走回避した場合などは、上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想する方法もありそうだ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事