(C)MAZIMICKEY

2018年12月09日、シャティン競馬場で香港マイル(GⅠ/芝1600m)が行われる。今年は日本からペルシアンナイト 、モズアスコット、ヴィブロスが出走する。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去5年より集計を行った。


過去5年好走馬血統

2017年 1着(Road to Rock/Bel Esprit)

     2着(Encosta de Lago/Marauding)

               3着(Polan/High Chaparral)

2016年 1着(Holy Roman Emperor/Ali-Royal)

               2着(Polan/High Chaparral)

               3着(Zanzibari/ストラヴィンスキー)

2015年 1着(スクリーンヒーロー/カーネギー)

               2着(Mizzen Mast/Gone West)

               3着(Shamardal/Volksraad)

2014年 1着(Shamardal/Volksraad)

               2着(Le Vie Dei Colori/Foxhound)

               3着(サクラバクシンオー/サンデーサイレンス)

2013年 1着(Hussonet/Cenraine)

               2着(Le Vie Dei Colori/Foxhound)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

近年は欧州型ニアークティック系の血を持つ馬の成績が良い。

2017年 ビューティージェネレーション(父ニアークティック系[欧]×母父ニアークティック系[欧])

ウエスタンエクスプレス(父ニアークティック系[欧])

ヘレンパラゴン(母父ニアークティック系[欧])

2016年 ビューティーオンリー(母父ニアークティック系[欧])

ヘレンパラゴン

2015年 モーリス(母父ニアークティック系[欧])

今年はモズアスコット、ビューティーオンリー、サザンレジェンド、ビューティージェネレーションが該当する。特に日本馬として参戦するモズアスコットに期待したいところだ。

おすすめの記事