(C) ritajulius

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、トリオンフ、クインズミラーグロ、ヒットザターゲット、スズカデヴィアスらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

スズカデヴィアス・牡7歳(栗東・橋田厩舎)

評価A

1週前追い切りは2月9日栗東坂路(良)

4F52秒8―38秒3―24秒8―12秒4

馬なりながら好時計をマーク。今年これが3走目となり上積みは無さそうだが、前走時の状態はキープされている。

最終追い切りは2月14日栗東坂路

4F52秒3―37秒7―24秒4―12秒1

一杯に追われて1週前追い切りよりも好タイムをマーク。疲れを感じさせない動きで好調をアピールしている。仕上がり具合に問題はなく年齢も感じさせない。

ダッシングブレイズ・牡6歳(栗東・吉村厩舎)

評価A+

1週前追い切りは2月8日栗東CWコース(良)
6F82秒3―66秒0―50秒3―37秒0―11秒7

浜中騎手が騎乗して一杯に追われ、文句ない自己ベストに近いタイムを出した。馬なりのウラガーノ(4歳上1000万下)を0.4秒差追い掛けて1.0秒先着。しっかりと折り合いもついていて、乗り込み量も豊富なため仕上がっていると見て良い出来である。

最終追い切りは2月15日栗東CWコース(良)

6F82秒0―65秒6―51秒0―37秒8―11秒9

1週前と同様に動きは文句なし。直線で鋭い伸びを見せ、機敏な動きをしている。半年ぶりでも太め感はなく力は存分に発揮できそう。

ダノンメジャー・牡6歳(栗東・橋口厩舎)

評価A-

1週前追い切りは2月12日栗東坂路(稍重)

4F56秒3―41秒4―27秒3―13秒4

馬場が稍重で馬なりとは言え、時計が平凡。併せたカレンラストショー(4歳上1600万下)を0.4秒差追走して0.2秒先着。最後は伸びているが仕上がり手前の感じが強い。

最終追い切りは2月15日栗東CWコース(良)

6F86秒1―68秒3―52秒2―37秒9―11秒5

強めの追い切りだったが反応良く、ラスト1Fの伸びは抜群でタイムも上々。1週前よりもはるかに動きが良くなっており、これで仕上がったと見てよい。力は出し切れそう。

トリオンフ・セン4歳(栗東・須貝厩舎)

評価A+

1週前追い切りは2月8日栗東坂路(良)
4F52秒4―38秒1―24秒3―11秒9

川田騎手を背に坂路を強めに追われて好時計を出した。馬なりに追われたテラノヴァ(4歳上1000万下)と併せ、0.1秒差を追走して0.7秒先着。ゴール前で仕掛けられると機敏に反応し突き放している。

最終追い切りは2月14日栗東坂路(良)

4F53秒1―38秒3―24秒2―12秒1

坂路を単走、馬なりで追い切られた。力強い走りでスピードも十分あり、気配は良好。前走からの上積みもあり、充実した馬体でハイレベルなパフォーマンスを見せてくれそう。

ストレンジクォーク・牡6歳(美浦・小島厩舎)

評価B+

一週前追い切りは行わず、8日に山元トレセンから直接小倉競馬場へ輸送されている。換わりに2月12日に小倉ダートで追い切られた。

5F75秒7―57秒6―41秒3―12秒8

軽快な脚捌きで悪い馬場状態でのラスト12秒台は上出来。パワーが勝った走りをするがスピードも十分に感じられる走りだった。

最終追い切りは2月15日小倉ダート(重)

5F70秒2―54秒1―38秒9―12秒0

末強めの追い切りだが全体のタイムは優秀。ただ追い切りは実質的にはこの一本だけなので、どこまで仕上がっているかは未知数。

GⅠレースの裏開催での重賞レースですが、各馬の動きは非常に良く好レースが期待できそう。滞在競馬と輸送競馬に分かれるため当日の馬体重や落ち着き具合に注意を払う必要がありそうだ。

勝ちたい人へのおすすめ記事

超厳選!競馬で絶対に勝つための最強ツール4選【2019年版】

超厳選!競馬の有料予想で本当に信用できるのは?3つの視点で徹底分析

おすすめの記事