(C)MAZIMICKEY

2018年12月09日、シャティン競馬場で香港ヴァーズ(GⅠ/芝2400m)が行われる。今年はリスグラシュー、クロコスミアらの日本馬が参戦し、外国馬もヴァルトガイスト、ミラージュダンサー、パキスタンスターなどが出走する。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去5年より集計を行った。


過去5年好走馬血統

2017年 1着(Galileo/ デインヒル)

     2着(Medaglia d'Oro/Machiavellian)

               3着(ハービンジャー/フジキセキ)

2016年 1着(Marju/Rossini)

               2着(Galileo/ デインヒル)

               3着(Fastnet Rock/パントレセレブル)

2015年 1着(Galileo/ デインヒル)

               2着(Dansil/Sadler's Wells)

               3着(Shamardal/Selkirk)

2014年 1着(Dansil/Sadler's Wells)

               2着(Aussie Rules/Mujadil)

2013年 1着(Cacique/Inchinor)

               2着(Dansil/Sadler's Wells)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

ここは豪州型ニアークティック系が圧倒的に優勢であることがわかる。欧州型ニアークティック系との組み合わせが好相性と言えよう。

2017年 ハイランドリール(父ニアークティック系[欧]×母父ニアークティック系[豪])

トーセンバジル(父ニアークティック系[豪])

2016年 ハイランドリール

ワンフットインヘブン(父ニアークティック系[豪])

2015年 ハイランドリール

フリントシャー(父ニアークティック系[豪]×母父ニアークティック系[欧])

2014年 フリントシャー

ウィリーカザルス(父ニアークティック系[豪]×母父ニアークティック系[欧])

2013年 ドミナント(父ニアークティック系[豪])

ザフューグ(父ニアークティック系[豪]×母父ニアークティック系[欧])

今年はミラージュダンサーが唯一の該当馬でとなる。日本馬にとっては最大のライバルとなり得るだろう。

おすすめの記事