【香港国際競走】香港スプリント2018の競馬予想分析!過去の血統と種牡馬の共通点とは?
(C)MAZIMICKEY

2018年12月09日、シャティン競馬場で香港スプリント(GⅠ/芝1200m)が行われる。今年は日本からファインニードルが参戦する。香港馬ホットキングプローン、ミスタースタニング、ビートザクロック、アイヴィクトリーらとの対決が注目される。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去4年より集計を行った。


過去5年好走馬血統

2017年 1着(Exceed And Excel/Dayjur)

     2着(Darci Brahma/Pins)

               3着(Starcraft/Redoute's Choice)

2016年 1着(Pins/Kaapstad)

               2着(Sebring/Hussonet)

               3着(Dandy Man/Great Commotion)

2015年 1着(Dandy Man/Great Commotion)

               2着(Le Vie Dei Colori/Foxhound)

               3着(Dylan Thomas/Encosta de Lago)

2014年 1着(Pins/Kaapstad)

               2着(Dandy Man/Great Commotion)

               3着(フジキセキ/タイキシャトル)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

豪州型ニアークティック系の血を持つ馬の成績が目立つ。日本からの参戦となるファインニードルにとっては懸念すべき材料と言える。

2017年 ミスタースタニング(父ニアークティック系[豪]×母父ニアークティック系[豪])

ディービーピン(父ニアークティック系[豪])

ブリザード(母父ニアークティック系[豪])

2016年 ペニアフォビア(父ニアークティック系[豪])

2015年 ペニアフォビア

ゴールドファン(母父ニアークティック系[豪])

ノットリスニントゥーミー(父ニアークティック系[豪])

2014年 ペニアフォビア

今年は父×母父豪州型ニアークティック系の組み合わせであるビートザクロック、ミスタースタニングらの走りが注目される。

おすすめの記事