朝日杯FS2017の最終追い切り分析…アサクサゲンキらの調教評価は?


(C)MAZIMICKEY

2017年12月17日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、フロンティア、ケイアイノーテックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

週中には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気馬予想される馬たち以外をピックアップして一週前追い切りから最終追い切りまでを評価していく。

アイアンクロー・牡2歳(栗東・斉藤厩舎)

評価B

最終追い切りは栗東坂路(良)単走、馬なりで行われた。4F53秒1―38秒6―25秒2―12秒6でフィニッシュ。

1200mまでしか実績がないため、どれだけ折り合って走れるかが課題だが、テンションは高くなく動きは上々。先週よりも動きは良くなっている。

アサクサゲンキ・牡2歳(栗東・音無厩舎)

評価B

13日(水)最終追い切りは栗東坂路(良)4Fで行われた。

タイムは51秒5―38秒0―25秒1―12.9、モズスーパーフレア(2歳500万下)と2頭併せ強め併入。もともと調教は動かないタイプなので動き自体は悪くないが、僚馬に先行して追い付かれて差し返して再び追い付かれる流れで、モズスーパーフレアの方が動きはよく見えた。

カシアス・牡2歳(栗東・清水厩舎)

評価B

1週前追い切りは栗東CWコースで6F78秒7の好タイム猛時計を出すほどの気合いの走り。

最終追い切りは栗東坂路(良)で行われ、4F54秒6―39秒6―25秒4―12秒2のタイムは単走馬なりでマーク。

体に張りがでて仕上がりは良さそうだが坂路での動き自体はもう1つ足りない。

ダブルシャープ・牡2歳(栗東・渡辺厩舎)

評価A

1週前追い切りは栗東CWコース(稍重)でマディソンスクエア(2歳未勝利)を相手に半馬身先着。タイムは6F82秒3―67秒1―51秒6―37秒7―12秒4でスピード感たっぷりの走りを見せた。

最終追い切りは栗東坂路(良)で4F52秒6―37秒7―24秒3―12秒4のタイムを単走一杯でマーク。道営からの転厩で環境も変わっているが落ち着いていい動きを見せている。

ヒシコスマー・牡2歳(栗東・清水厩舎)

評価B

最終追い切りは栗東CWコース(良)で3頭併せの最後方から追走、直線で2頭の間へ割って入り余力残しの手応えのまま追われた。

一杯に追われたエスポワールパレス(3歳上500万下)にクビ、メールドグラース(2歳未勝利)に半馬身先着した。


タイムは6F85秒2―67秒8―51秒5―38秒1―12秒0、動きは良かったが僚馬に挟まれた形になると少し嫌がる素振りを見せた。気性的に難しい面がありそう。

ファストアプローチ・牡2歳(美浦・藤沢和厩舎)

評価A

1週前追い切りはシュミノー騎乗で美浦坂路を4F54秒8―40秒1―12秒9を馬なりでマーク。併せ馬では馬体を並べて最後まで手応えよく走り、大型馬だがすっきり見せている。

最終追い切りも美浦坂路でシュミノー騎乗でレッドオーガー(3歳500万下)と併せ4F54秒6―39秒9―26秒1―13秒4を馬なりでマークし1馬身先着した。

出来は良さそうだか、タワーオブロンドンとの併せ馬では遅れている。

フロンティア・牡2歳(栗東・中内田厩舎)

評価A

最終追い切りはCWコース(良)単走馬なりで5F69秒0―51秒5―37秒4―11秒7でパワフルな走りを見せた。

ゴール前の伸びは良く、非常にリラックスして落ち着きある動きを見せていた。

ムスコローソ・牡2歳(美浦・手塚厩舎)

評価A

一週前は池添騎乗で美浦南Wコースで2頭併せ、アルタイル(3歳上オープン)を3馬身追走し、タイム5F67秒2―13秒1で併入。躍動感ある走りで、馬体はほぼ仕上がっているように見えた。


最終追い切りは美浦南Wコース(良)でアッラサルーテ(3歳上1600万下)、ハートレー(3歳上オープン)と3頭併せで強め、5F69秒4―53秒7―39秒3―13秒5のタイムで1頭には半馬身先着してもう1頭とは併入。

3頭併せだがほぼ馬なりでの調整、すっきりとした万全の仕上がり。

イシマツ・牡2歳(栗東・森厩舎)

評価B

一週前、最終追い切りともに栗東坂路。4F50秒7―37秒8―25秒1―13秒0、2頭併せ一杯に追われて3馬身先着。動きは良いが頭が高く、走りがぎこちない。

ケイティクレバー・牡2歳(栗東・目野厩舎)

評価B

最終追い切りは栗東CWコース(良)で単走追い、タイムは6F87秒33―69秒5―53秒8―39秒1―11秒9と終い重点。頭が高く脚の運びが硬い印象を受け、走り方がしっくりきていない。

ケイアイノーテック・牡2歳(栗東・平田厩舎)

評価AA

一週前追い切りは栗東坂路を4F55秒1―40秒3―12秒6のタイムを馬なりで駆け上がった。まだ少し余裕のある馬体だったが全身を使ってダイナミックな動きを見せていた。

最終追い切りは栗東坂路(良)4F50秒8―37秒2―24秒6―12秒5単走強め。馬体もすっきりし息遣いも良くなっており、体調は良さそう。販路の動きは自己ベストをマーク、万全で挑めそう。

ライトオンキュー・牡2歳(栗東・昆厩舎)

評価B

最終追い切りは栗東坂路(良)単走追い。4F54秒1―39秒1―25秒6―12秒9のタイムでダイナミックに動いていた。

ただ全体的に体が緩く力強さには欠ける。本格的になるのはもう少し時間が掛かりそう。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る