(C)n.hiroto

2018年12月09日、シャティン競馬場で香港カップ(GⅠ/芝2000m)が行われる。今年はサングレーザー、ディアドラ、ステファノスらの日本馬が参戦し、香港馬も昨年の覇者タイムワープが連覇をかけて出走する。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去5年より集計を行った。


過去5年好走馬血統

2017年 1着(Archipenko/ Stormy Atlantic/Lear Fan)

     2着(Tavistock/Zabeel/Ascot Knight)

               3着(ネオユニヴァース/Meadowlake/In Reality)

2016年 1着(スクリーンヒーロー/カーネギー/モガミ)

               2着(Choisir/モンジュー/Shirley Heights)

               3着(ディープインパクト/クロフネ/Seeking the Gold)

2015年 1着(ディープインパクト/Storm Cat/Caro)

               2着(ハーツクライ/スピニングワールド/Chief's Crown)

               3着(Dylan Thomas/Sadler's Wells/オジジアン)

2014年 1着(Holy Roman Emperor/Alleged/The Minstrel)

               2着(Oratorio/ダンシングブレーヴ/Blushing Groom)

               3着(Sebring/Bite the Bullet/アフリート)

2013年 1着(Dubawi/タイガーヒル/Sadler's Wells)

               2着(ゴールドヘイロー/ミルジョージ/ノーザンテースト)

               3着(Even Top/Septieme Ciel/Funambule)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

日本馬、外国馬共にニアークティック系の血を持つ馬が活躍している。特に米国型ニアークティック系の活躍が目立っており今回も注目だ。

2017年 タイムワープ(母父ニアークティック系[米])

2016年 ステファノス(母父ニアークティック系[米])

2015年 エイシンヒカリ(父ニアークティック系[米])

ヌーヴォレコルト(母父ニアークティック系[米])

ブレイジングスピード(父ニアークティック系[米])

2014年 デザインズオンローム(父ニアークティック系[米])

ミリタリーアタック(父ニアークティック系[米])

今年も外国馬を含めて多くの該当馬がいるが、日本馬ではサンデーサイレンス系産駒と母父米国型ニアークティック系種牡馬の組み合わせはステファノス、エイシンヒカリ、ヌーヴォレコルトらの好走が記憶に新しくサングレーザーに期待がかかる。

おすすめの記事