(C) vodkajo444

2018年5月19日、京都競馬場で平安S(GⅢ/ダート1900m)が行われる。テイエムジンソク、グレイトパール、ミツバ、サンライズソア、コスモカナディアン、クインズサターン、トップディーヴォ、ナムラアラシらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

元々は中央競馬の1年間で最初のGⅠとなる2月のフェブラリーSへ向けての関西の重要なステップレースとして1994年から重賞となったレースが平安Sだ。

その後、2013年に年間の開催カレンダーが見直された際にそれまで5月に中京競馬場で行われていた東海Sと入れ替わる形で平安Sが5月に行われるようになり、春シーズンのダート路線における大一番、帝王賞に向けてのステップレースとして位置づけられた。

今回は過去5年の平安Sの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去5年の該当馬(2013年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20172クリソライト
20173マイネルバイカ
20141クリノスターオー
20142ソロル
20132ナイスミーチュー

注目点① 人気薄は人気に関係なく検討を

該当馬のリストを見てもわかるように、過去5年で馬券圏内に入った延べ15頭のうち単勝6番人気以下が5頭と3分の1を占めていて高配当を裏付ける結果となっている。

ただし、過去5年の内2頭がリストアップされる年が2回あり積極的に人気薄を狙うことも考えなければならないが、1頭も該当していない年も2回あり極端な結果となっていることが平安Sの大きな特徴となっている。

なお、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、高配当になる場合の人気を気にする必要はないものの単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかる。

人気別集計 平安S 過去5年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気3- 0- 0- 2/ 560.0%60.0%
2番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
3番人気0- 2- 0- 3/ 50.0%40.0%
4番人気1- 0- 2- 2/ 520.0%60.0%
5番人気0- 0- 2- 3/ 50.0%40.0%
6番人気0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%
7番人気0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%
8番人気0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%
9番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
10番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
11番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
12番人気1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%
13番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
15番人気0- 0- 1- 4/ 50.0%20.0%
16番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%

集計期間:2013年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017クリソライト616.7
2017マイネルバイカ15156.7
2014クリノスターオー1274.9
2014ソロル722.2
2013ナイスミーチュー845.7

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系に注目

過去5年単勝6番人気以下で3着以内に入った5頭中4頭がロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやステイゴールド、オルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、本来「芝」「中距離」を中心に活躍が特に目立つが、平安Sはダートとは言え中距離適性で活躍できていると言える。

種牡馬系統別集計 平安S 過去5年

種牡馬系統別着別度数勝率複勝率
ネイティヴダンサー系2- 1- 1-21/258.0%16.0%
ロイヤルチャージャー系1- 4- 3-29/372.7%21.6%
ニアークティック系1- 0- 1-12/147.1%14.3%
ナスルーラ系1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%

集計期間:2013年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
クリソライトロイヤルチャージャー系ゴールドアリュール
マイネルバイカロイヤルチャージャー系ロージズインメイ
クリノスターオーロイヤルチャージャー系アドマイヤボス
ソロルロイヤルチャージャー系シンボリクリスエス
ナイスミーチューネイティヴダンサー系キングカメハメハ

注目点③ レース間隔は中5週

今回の該当馬を見てみると、5頭中3頭の前走からのレース間隔が中5週という間隔で出走してきていたことがわかる。

それだけ帝王賞へ向けての前哨戦ともなる平安Sを一つの目標にして調整を進めてきた馬が平安Sで人気がなくても好走できていると言える。

レース間隔別集計 平安S 過去5年

間隔着別度数勝率複勝率
連闘0- 0- 0- 0/ 0
2週0- 0- 2-12/140.0%14.3%
3週0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
4週0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
5~ 9週3- 5- 3-35/466.5%23.9%
10~25週2- 0- 0-10/1216.7%16.7%
半年以上0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2013年 ~ 2017年

馬名レース間隔
クリソライト9
マイネルバイカ2
クリノスターオー5
ソロル5
ナイスミーチュー5

注目点④ 前走は1800m以上に出走

最後に前走の距離から見た時に、今回の該当馬5頭すべてが前走で1800m以上の距離を走っていた。

マイルや短距離適性のある馬ではなく、中距離適性があると陣営も考えてここまで調整を進めてこれた馬が、他馬との比較で仮に人気を落としていても活躍できることがわかる。

前走距離別集計 平安S 過去5年

前走距離着別度数勝率複勝率
1400m0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
1600m1- 0- 1- 3/ 520.0%40.0%
1800m3- 4- 2-40/496.1%18.4%
1900m0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
2000m1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%
2100m0- 0- 2-11/130.0%15.4%
2400m0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%

集計期間:2013年 ~ 2017年

馬名前走距離
クリソライト2400
マイネルバイカ2100
クリノスターオー1800
ソロル1800
ナイスミーチュー1800

まとめ

ここまでの4つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する。

コスモカナディアン

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の平安Sの登録頭数は26頭(出走可能頭数16頭)となっていて賞金順により除外対象となっている馬が多数いるので注意が必要だ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事