(C)MAZIMICKEY

2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GⅡ/芝1800m)が行われる。ペルシアンナイト、ウインブライト、アエロリット、ヴィブロス、マルターズアポジー、マイネルハニー、サクラアンプルールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

改修工事などで他の競馬場で行われた年もあったものの、半世紀近くも2月末から3月上旬の中山競馬場芝1800mで行われている歴史と伝統のあるレースが中山記念だ。

少し前までは芝の1800mで行われるGⅠがないことから、1800mのスペシャリスト達が春の目標レースにすることも多かった中山記念だが、近年では国内ではGⅠ・大阪杯に向けて、国外ではドバイや香港へ向けての重要なステップレースとなっている。

配当傾向を過去10年で見てみると、実力馬が上位人気に支持され、単勝1番人気から3番人気までで9勝と堅い決着となることが多いが、昨年は単勝3番人気→8番人気→7番人気の組み合わせで3連単は昨年315,300円と高配当になった。

2018年も従来の傾向通りの堅い決着となるのか、昨年2017年のように荒れた決着となるのか。

今回は過去10年の中山記念の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20172サクラアンプルール
20173ロゴタイプ
20133シルポート
20122シルポート
20101トーセンクラウン
20102テイエムアンコール
20082エイシンドーバー

注目点① 人気薄を狙うかどうかは慎重に

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が7頭しかいない。

しかも、2010年と2017年の高配当の年に2頭ずつ含まれているので、過去10年の内5年は単勝上位5番人気までで3着までを占めていることがわかるので人気薄を狙うかどうかは慎重に考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝50倍を超えるような極端な人気薄を狙うのは得策ではないことがわかる。

人気別集計 中山記念 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気3- 0- 1- 6/ 1030.0%40.0%
2番人気3- 1- 2- 4/ 1030.0%60.0%
3番人気3- 1- 2- 4/ 1030.0%60.0%
4番人気0- 4- 2- 4/ 100.0%60.0%
5番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
6番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
7番人気0- 2- 1- 7/ 100.0%30.0%
8番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
12番人気0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%
13番人気1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%
14番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017サクラアンプルール845.3
2017ロゴタイプ715.2
2013シルポート813.3
2012シルポート719.6
2010トーセンクラウン1336.4
2010テイエムアンコール1226.7
2008エイシンドーバー720.7

注目点② 人気薄は6歳以上から

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭全部が、6歳以上となっている。

重要なレースと位置づけられていることで春に活躍が見込まれる4歳馬や5歳馬に人気が集まりやすくなっていて、人気を落とした6歳以上の馬が中山記念では馬券圏内に入っていることが言える。

年齢別集計 中山記念 過去10年

年齢着別度数勝率複勝率
4歳3- 1- 4- 17/ 2512.0%32.0%
5歳3- 3- 1- 18/ 2512.0%28.0%
6歳2- 5- 1- 28/ 365.6%22.2%
7歳1- 1- 3- 20/ 254.0%20.0%
8歳1- 0- 1- 11/ 137.7%15.4%
9歳以上0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名性齢
サクラアンプルール牡6
ロゴタイプ牡7
シルポート牡8
シルポート牡7
トーセンクラウン牡6
テイエムアンコール牡6
エイシンドーバー牡6

注目点③ 母父はロイヤルチャージャー系から

今回の該当馬7頭中6頭がサンデーサイレンスやディープインパクトに代表される日本における代表的血統ロイヤルチャージャー系の血を母父に持っている馬が好走している。

母父馬系統別集計 中山記念 過去10年

母父系統着別度数勝率複勝率
ニアークティック系5- 0- 4-30/3912.8%23.1%
ロイヤルチャージャー系2- 6- 3-28/395.1%28.2%
ネイティヴダンサー系2- 2- 0-17/219.5%19.0%
セントサイモン系1- 0- 1- 2/ 425.0%50.0%
ナスルーラ系0- 1- 2-16/190.0%15.8%
トゥルビヨン系0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
その他のエクリプス系0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名母父系統母父馬
サクラアンプルールロイヤルチャージャー系サンデーサイレンス
ロゴタイプロイヤルチャージャー系サンデーサイレンス
シルポートロイヤルチャージャー系サンデーサイレンス
シルポートロイヤルチャージャー系サンデーサイレンス
トーセンクラウンニアークティック系ダンシングブレーヴ
テイエムアンコールロイヤルチャージャー系ブライアンズタイム
エイシンドーバーロイヤルチャージャー系Kris S.

注目点④ 関西馬でも関東の騎手!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭中6頭の鞍上が関東所属の騎手だ。

人気に関係ない全頭での集計では関東関西の成績差は、馬の所属からはほとんどみられず、騎手の成績では関西所属の騎手のほうが好成績となっていることからみると、乗り慣れている関東の騎手が騎乗した人気薄が好走しているといえる

調教師分類別集計 中山記念 過去10年

調教師分類着別度数勝率複勝率
美浦6- 3- 5- 61/ 758.0%18.7%
栗東4- 7- 5- 37/ 537.5%30.2%

集計期間:2008年 ~ 2017年

騎手分類別集計 中山記念 過去10年

騎手分類着別度数勝率複勝率
美浦6- 4- 4- 76/ 906.7%15.6%
栗東4- 5- 4- 16/ 2913.8%44.8%
地方0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
外国0- 1- 2- 5/ 80.0%37.5%

集計期間:2008年~ 2017年

馬名騎手所属厩舎
サクラアンプルール関東・横山典弘関東・金成貴史
ロゴタイプ関東・田辺裕信関東・田中剛
シルポート関東・松岡正海関西・西園正都
シルポート関東・松岡正海関西・西園正都
トーセンクラウン関東・江田照男関東・菅原泰夫
テイエムアンコール関西・浜中俊関東・柴田政見
エイシンドーバー関東・蛯名正義関東・小崎憲

注目点⑤ 前走白富士S組に要注意

最後に前走クラス別での分析を行うと、実力馬が活躍していることもあって重賞に出走していた馬が好走することがほとんどだが、前走オープン特別出走組で馬券圏内に入っている2頭共に出走していたのが白富士Sなので注意が必要だ。

前走クラス別集計 中山記念 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
障害未勝利0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
1600万下0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
OPEN特別1- 1- 0- 16/ 185.6%11.1%
GⅢ2- 5- 4- 38/ 494.1%22.4%
GⅡ0- 1- 4- 18/ 230.0%21.7%
GⅠ6- 3- 1- 20/ 3020.0%33.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
サクラアンプルールOPEN白富士S
ロゴタイプGⅠ香港マイル
シルポートGⅡ阪神カップ
シルポートGⅢ京都金杯
トーセンクラウンOPEN白富士S
テイエムアンコールGⅢ小倉大賞典
エイシンドーバーGⅢ京都金杯H

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当する。

サクラアンプルール
マイネルサージュ

ただし、堅い決着となることが多いことからも、大穴狙いは得策とはいえず、基本的には今回の該当馬を軸もしくは相手にして上位人気の馬との流しかフォーメーション馬券を検討すると良さそうだ。

また、本原稿は最終登録の段階で執筆しているため、仮に今回の該当馬が出走を回避した場合などは、人気薄が上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想してボックス買いする方法もありそうだ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事