(C)MAZIMICKEY

2019年3月10日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(GⅡ/芝1400m)が行われる。今回の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬にふさわしい出走馬を導き出していく。

今年はアウィルアウェイ、レッドアネモス、ホウオウカトリーヌ、プールヴィル、キュールエサクラらが出走する。有力馬の中で過去の好走馬と同じ傾向に該当するのはどの馬なのか?あるいは人気薄の中から台頭してくる馬がいるのか?

過去の歴史を注意深く見ていくと、2019年の当レースで台頭する馬が見えてくる。


【2019年JRA重賞考察】フィリーズレビューの予想分析

(C)n.hiroto

競馬TIMESでは過去のデータを徹底分析。考察から導き出した予想のポイントをピックアップしていく。

以下が特に注目したい予想のポイントだ。

予想ポイント 人気薄でも注意?

フィリーズレビューは多頭数で行われるのがほとんどで、牝馬限定重賞ということもあり通常レースより荒れる傾向が見られる。

人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%7175
2番人気2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%9494
3番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%12187
4番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%038
5番人気0- 0- 3- 7/ 100.0%30.0%095
6番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%185169
7番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%071
8番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%495135
9番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%26250
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%090
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%0552
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
15番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%0222
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
17番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00
18番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00

3番人気以内で6勝と人気馬も安定して走っているが、6番人気以下でも4勝しており回収値も高く、人気馬から穴馬まで幅広く好走している傾向が見られる。10番人気以下になるとさすがに好走率は低くなるが、単勝100倍以上の馬でも激走して穴をあけることもあるので全くの軽視は危険といえる。

しかし、軸馬に関しては一定の人気を集める馬にするのが無難と言えるので、軸は10番人気以内の馬に据えるのが基準と言えるだろう。

予想ポイント 前走4角位置に注目

次に脚質別成績を見てみると、どの脚質も好走している傾向が見られる。

前走脚質着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
平地・逃げ1- 4- 0- 20/ 254.0%20.0%22268
平地・先行3- 2- 7- 47/ 595.1%20.3%6570
平地・中団3- 2- 3- 45/ 535.7%15.1%8385
平地・後方3- 2- 0- 26/ 319.7%16.1%11044
前走4角着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
4角1番手1- 4- 0- 21/ 263.8%19.2%21258
2番手以内1- 5- 3- 41/ 502.0%18.0%11173
3番手以内2- 6- 5- 56/ 692.9%18.8%19141
4番手以内4- 6- 7- 67/ 844.8%20.2%52129
5番手以内5- 6- 7- 80/ 985.1%18.4%48112
7番手以内8- 7- 9- 99/1236.5%19.5%60121
10番手以内9- 8- 10-117/1446.3%18.8%67110

前走の脚質成績だけを見るとあまり顕著な傾向は出ていないが、4角位置を見てみると10番手以内で9勝と特徴が見えてくる。阪神1400mは内回りコースなので直線も短く、追込み馬でも4角までにはある程度の位置にいないと届かない傾向が出ている。

軸は前走4角10番手以内の馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント 延長組は苦戦

フィリーズレビューでは延長組が苦戦している傾向が見られる。

前走平地距離着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離3- 3- 4- 50/ 605.0%16.7%8865
今回延長0- 0- 0- 26/ 260.0%0.0%00
今回短縮7- 7- 6- 62/ 828.5%24.4%84156

短縮組が7勝して複勝率も高く単複回収値も優秀で圧倒的な成績。同距離組も3勝してまずまずの成績で、単複回収値もそれほど悪くはない。一方、延長組は過去10年で1頭も馬券圏内にきておらず、かなり低調な成績だ。

軸は前走1400m以上の馬を据えるのが基準と言える。

予想ポイント 前走上がりに注視

最後に前走上がり3Fの成績を見ていく。

前走脚質着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位3- 2- 0- 16/ 2114.3%23.8%14466
3F 2位1- 1- 0- 14/ 166.3%12.5%2317
3F 3位1- 0- 3- 19/ 234.3%17.4%11391
3F ~5位0- 1- 2- 20/ 230.0%13.0%039
3F 6位~5- 6- 5- 65/ 816.2%19.8%77149

前走上がり1位の馬の成績が圧倒的で単勝期待値も高い。2位以下でも馬券圏内にきているが、好走率が下がり軸に選ぶには不安な傾向が見られる。

軸は前走上がり1位の馬に据えるのがいいだろう。

注目データまとめ

好走データをまとめていくと……

・10番人気以内
・4角10番手以内
・前走1400m以上
・前走上がり1位

となる。このデータに合致している馬の過去10年における成績はというと……

着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
3- 1- 0- 4/ 837.5%50.0%378150

ご覧の通り、驚異的な成績となっている。

2019年のフィリーズレビュー軸馬候補は?

(C)Ko-Mei

今年、このデータに該当する馬を見ていくと……

アウィルアウェイ
プールヴィル
キュールエサクラ

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事