ビッグアーサーが水無月S勝ちで5戦5勝!サクラバクシンオー産駒最後の大物か


(C)T.T

6月20日に阪神競馬場で行われた水無月ステークスで注目の快速馬がデビュー5連勝を飾った。

13頭立ての7番枠からスタートしたビッグアーサーは道中5、6番手につけると、最後の直線で追いすがるフォーエバーモアの追撃を振り切り、1着で入線。楽しみな4歳馬が、またしても勝ち星を積み重ねた。

ビッグアーサーの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。


ビッグアーサーは父サクラバクシンオー、母シヤボナ、その父キングマンボという血統。

サクラバクシンオーは2011年4月30日に心不全のためにこの世を去った。ビッグアーサーは残された数少ない産駒の1頭というわけだ。

母のシヤボナや母母のレリッシュは競走馬としての実績はないが、母母母のリーロイはアメリカとフランスで4勝を挙げている。この4勝の中にはGIサンタアナHなどが含まれている。

もっとも、近親に活躍馬はあまりいない。兄のブロードスターは芝の中距離で走っているが、準オープンで頭打ちといったところだ。母系のスケール感としてはやや物足りない。よって血統的には大成の可能性に言及しにくい。

ただし、戦績を見ると見どころがある。

例えば1000万条件の岡崎特別の走破タイムは、同日に行われていたGI高松宮記念と0.1秒しか変わらなかった。この日は雨が降っていて馬場状態が刻一刻と変わっていたため一概に比較できないが、その後の戦績を見ると納得のパフォーマンスだったといえる。


降級に伴い準オープンを連勝、しかも少しの不利が致命傷となるスプリント戦で5連勝と、抜群の安定感が光る。

水無月ステークスのメンバーレベルはそれほど高くなかったため、次のOP戦や重賞が試金石となりそうだ。

【関連記事】
ティーハーフの血統や将来性は?函館スプリントS1着馬を徹底分析
マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?
大健闘ではなく残念な5着!白毛馬ブチコに期待したからこそ残念がるワケ
マイネルバサラがブロードアピール級に見えたカラクリを解き明かす
メドウラークがタニノギムレットの代表産駒へ?成長力秘めた血統に集まる期待


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る