愛知杯2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率5割超、回収率300超


(C)はねひろ

2018年1月13日、中京競馬場で愛知杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。マキシマムドパリ、キンショーユキヒメ、ゲッカコウ、エテルナミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 明け4歳馬&7歳以上は消し!

まずは旬のある牝馬の限定戦ということで、高齢馬は厳しい。また、2014年まで暮れ開催だった際、3歳馬の成績がよくなく、明け開催となった2015年からの2年も明け4歳馬は5頭走って好走したのは1頭のみと芳しくない。

年齢着別度数
3歳0- 1- 0-14/15
4歳3- 1- 3-15/22
5歳2- 2- 1-23/28
6歳0- 1- 1-15/17
7歳0- 0- 0- 5/ 5
年齢勝率複勝率単回値複回値
3歳0.0%6.7%048
4歳13.6%31.8%283190
5歳7.1%17.9%9670
6歳0.0%11.8%095
7歳0.0%0.0%00
年齢着別度数
4歳・1-3月0- 0- 1- 4/ 5
4歳・4-6月0- 0- 0- 0/ 0
4歳・7-9月0- 0- 0- 0/ 0
4歳・10-123- 1- 2-11/17

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

評価を落としたほうが良いだろう。

ポイント2 キャリアが多すぎる馬は消し!

年齢と同様の理由でキャリアが多すぎる馬は評価を落とすのが打倒だろう。

キャリア26戦以上(0−0−1−22)

23頭走って馬券に絡んだのはわずか1頭のみ。牝馬同士のレースだけに、旬な馬を狙っていきたいところだ。

ポイント3 休み明け&間隔が詰まりすぎている馬は消し!

ローテーションの面も気にかけたいところだ。特に休み明けや中2週の馬は、成績が芳しくないことが分かる。

間隔着別度数
2週0- 0- 0- 9/ 9
3週1- 0- 3- 3/ 7
4週1- 2- 0-10/13
5~ 9週2- 3- 2-45/52
10~25週0- 0- 0- 5/ 5
半年以上1- 0- 0- 0/ 1
間隔勝率複勝率単回値複回値
2週0.0%0.0%00
3週14.3%57.1%71265
4週7.7%23.1%111176
5~ 9週3.8%13.5%9168
10~25週0.0%0.0%00
半年以上100.0%100.0%2190780

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

半年以上の休み明けでバウンスシャッセが大駆けしているものの、これはどちらかといえば例外と捉えたほうが良い。3週以上で間隔が開きすぎていない馬(9週以内)を狙うのがいいだろう。

ポイント4 前走後方一気組は消し!

牝馬限定戦はスローペースになりやすく、ポジション取りが悪い馬が不利になりやすい傾向にある。実際、愛知杯でも前走差し競馬をした馬の成績がよくない。

前走脚質着別度数
平地・逃げ1- 1- 0- 6/ 8
平地・先行1- 2- 2- 9/14
平地・中団2- 2- 2-33/39
平地・後方1- 0- 1-24/26
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ12.5%25.0%181215
平地・先行7.1%35.7%312217
平地・中団5.1%15.4%2348
平地・後方3.8%7.7%8470

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

26頭走って馬券に絡んだのは2頭のみ。しかもうち1頭は、愛知杯においては先行していた。前走後ろから競馬をして、かつ愛知杯でも後ろから行くことが確実な馬は評価を落とさざるをえない。

ポイント5 前走6着以下は消し!

何度も書いているように、牝馬には旬がある。旬の時期には何度でも好走するが、ぱたっと走らなくなってしまうことがある。

だからこそ、前走の成績が大事になってくる。

前確定着順着別度数
前走1着2- 1- 3-12/18
前走2着1- 0- 0- 1/ 2
前走3着1- 1- 0- 6/ 8
前走4着0- 0- 0- 3/ 3
前走5着0- 1- 1- 5/ 7
前走6~9着0- 1- 1-25/27
前走10着~1- 1- 0-20/22
前確定着順勝率複勝率単回値複回値
前走1着11.1%33.3%323188
前走2着50.0%50.0%25095
前走3着12.5%25.0%51170
前走4着0.0%0.0%00
前走5着0.0%28.6%061
前走6~9着0.0%7.4%065
前走10着~4.5%9.1%9961

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

ほとんどが前走3着以内の馬で決着している。特に6着以下になると、好走の確率はかなり低くなってしまうのだ。評価は落としていくのが妥当と言えそうだ。


まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
4- 3- 3- 8/18
勝率複勝率単回値複回値
22.2%55.6%373284

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

なんと、好走率は55%超、回収率も328%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る