安田記念2017の予想データ分析…驚きの血統傾向と不振種牡馬とは?


(C) Yusuke Tsutaya

今週は東京競馬場で春のマイル王決定戦の安田記念(GI/芝1600m)が行われる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順種牡馬母父馬
ローエングリンサンデーサイレンス
スクリーンヒーローカーネギー
ディープインパクトDanehill
スクリーンヒーローカーネギー
ディープインパクトニホンピロウイナー
ダンスインザダークダンシングブレーヴ
ハーツクライWild Again
サクラバクシンオーサンデーサイレンス
マンハッタンカフェStorm Cat
キングカメハメハStorm Cat
マンハッタンカフェStorm Cat
ディープインパクトCaerleon
シンボリクリスエスSmart Strike
サクラバクシンオーサンデーサイレンス
キングカメハメハリヴリア
ディープインパクトMeadowlake
シンボリクリスエスSmart Strike
タニノギムレットサンデーサイレンス
エアジハードトニービン
ロドリゴデトリアーノエルセニョール
タニノギムレットサンデーサイレンス
タニノギムレットルション
アグネスタキオンChief’s Crown
KingmamboSunday Silence
タニノギムレットルション
TowkayRed Tempo
Victory GallopKris S.
サンデーサイレンスノーザンテースト
StravinskyHansel
ダンスインザダークPeterhof

集計期間:2007. 6. 3 ~ 2016. 6. 5

解説・分析:注目血統は?

近年の安田記念の注目血統を挙げるとするなら……

・父非サンデーサイレンス系

サンデーサイレンス系全盛の時代にもかかわらず、安田記念はサンデーサイレンス系が最も苦手としているレースなのだ。

実際、良馬場で行われた過去4年の勝ち馬はすべて父非サンデーサイレンス系だった。

ロゴタイプ 父ローエングリン
モーリス 父スクリーンヒーロー
ロードカナロア 父キングカメハメハ
ストロングリターン 父シンボリクリスエス


では、なぜサンデーサイレンス系は安田記念を苦手としているのか? その理由はレース傾向にある。過去5年のレースラップを見て、探っていくことにしよう。

2016年
12.3 – 11.0 – 11.7 – 12.0 – 12.1 – 11.3 – 10.9 – 11.7

2015年
12.4 – 10.8 – 11.1 – 11.6 – 11.4 – 11.2 – 11.3 – 12.2

2014年 ※不良のため参考外

2013年
12.0 – 10.7 – 11.2 – 11.4 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.7

2012年
12.2 – 10.7 – 10.9 – 11.1 – 11.4 – 11.3 – 11.8 – 11.9

昨年こそ緩んだレースになったものの、基本的に安田記念は「ラップがほとんど緩まない」というのが最大の特徴だ。(昨年は12頭立てと少頭数だったため、ペースがゆるんだと考えられる。)11秒台後半になることすら珍しく、去年のように12秒台のラップが刻まれることはかなり稀といえる。

また、前傾ラップになる可能性が高いことも特徴だ。

2016年 35.0-33.9
2015年 34.3-34.7
2013年 33.9-34.5
2012年 33.8-35.0

去年は超スローペースだったため、後継ラップとなったが、それまではすべて前傾ラップとなっている。


スタートからずっと脚を使わなければならないため、溜める場面が全くない。だから、サンデーサイレンス系の最大の特徴である瞬発力を使えないケースが多い、というわけだ。

基本的には父非サンデーサイレンス系を軸に考えていきたいところである。

コース種牡馬別集計

種牡馬着別度数
ダイワメジャー7- 4- 8- 66/ 85
ディープインパクト5- 15- 8-116/144
メイショウサムソン5- 4- 2- 19/ 30
キングカメハメハ4- 3- 3- 68/ 78
シンボリクリスエス1- 4- 4- 33/ 42
フジキセキ1- 4- 4- 18/ 27
ローエングリン1- 2- 1- 6/ 10
タニノギムレット1- 1- 2- 32/ 36
スニッツェル1- 0- 0- 5/ 6
スウェプトオーヴァーボード0- 2- 0- 10/ 12
ダンスインザダーク0- 1- 2- 10/ 13
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ダイワメジャー8.2%22.4%8076
ディープインパクト3.5%19.4%3859
メイショウサムソン16.7%36.7%485198
キングカメハメハ5.1%12.8%7441
シンボリクリスエス2.4%21.4%12683
フジキセキ3.7%33.3%90116
ローエングリン10.0%40.0%369187
タニノギムレット2.8%11.1%1727
スニッツェル16.7%16.7%9331
スウェプトオーヴァーボード0.0%16.7%049
ダンスインザダーク0.0%23.1%067

集計期間:2014. 2. 1 ~ 2017. 5.21

解説・分析:注目種牡馬は?

最も注目されるのはメイショウサムソン産駒だろう。

複勝率約37%、単復回収値はいずれも100を大きく超える驚異的な成績を残している。このコースで最も強調できる種牡馬といっても過言ではないのだ。

ただし、メイショウサムソン産駒の場合、GIにおける実績がほとんどないため、コース成績を重視するか、GI実績を重視するかは難しいところになってきそうだ。

一方でディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒といったクラシック血統は苦戦傾向にある。

なお、以下が今回出走するメンバーの血統だ。考察を参考に、どの馬が当てはまるのか考えてみよう。

出走馬血統

アンビシャス
ディープインパクト
系統ディープ系
カーニバルソング
母父エルコンドルパサー
系統キングM系
イスラボニータ
フジキセキ
系統サンデー系
イスラコジーン
母父Cozzene
系統グレイS系
エアスピネル
キングカメハメハ
系統キングM系
エアメサイア
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
クラレント
ダンスインザダーク
系統サンデー系
エリモピクシー
母父ダンシングブレーヴ
系統リファール系
グレーターロンドン
ディープインパクト
系統ディープ系
ロンドンブリッジ
母父ドクターデヴィアス
系統ヘロド系
コンテントメント
Hussonet
系統ミスプロ系
Jemison
母父Commands
系統ダンジグ系
サトノアラジン
ディープインパクト
系統ディープ系
マジックストーム
母父Storm Cat
系統ストームB系
サンライズメジャー
ダイワメジャー
系統サンデー系
ティファニータッチ
母父Deputy Minister
系統ヴァイス系
ステファノス
ディープインパクト
系統ディープ系
ココシュニック
母父クロフネ
系統ヴァイス系
ダッシングブレイズ
Kitten’s Joy
系統サドラーズ系
Blazing Bliss
母父Honour and Glory
系統マッチェム系
ディサイファ
ディープインパクト
系統ディープ系
ミズナ
母父Dubai Millennium
系統ミスプロ系
デンコウアンジュ
メイショウサムソン
系統サドラーズ系
デンコウラッキー
母父マリエンバード
系統ニジンスキー系
トーキングドラム
キングカメハメハ
系統キングM系
トランシーフレーズ
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
ビューティーオンリー
Holy Roman Emperor
系統ダンジグ系
Goldendale
母父Ali-Royal
系統ニジンスキー系
ブラックスピネル
タニノギムレット
系統ロベルト系
モルガナイト
母父アグネスデジタル
系統ミスプロ系
ヤングマンパワー
スニッツェル
系統ダンジグ系
スナップショット
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
レッドファルクス
スウェプトオーヴァーボード
系統ミスプロ系
ベルモット
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
ロゴタイプ
ローエングリン
系統サドラーズ系
ステレオタイプ
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
ロジチャリス
ダイワメジャー
系統サンデー系
プラチナチャリス
母父Rock of Gibraltar
系統ダンジグ系
ロンギングダンサー
シンボリクリスエス
系統ロベルト系
ダンスパートナー
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系

この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る