(C)MAZIMICKEY

2020年2月9日、京都競馬場できさらぎ賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるアルジャンナ、ギベルティ、グランレイ、サトノゴールド、ストーンリッジなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


きさらぎ賞の勝ち馬傾向

過去10年のデータを見ると、優勝馬で最も人気が低かったのは6番人気と、大荒れになることは少ない。ただ、1番人気が3勝しているものの、4~6番人気が4勝と中穴の活躍が目立ち、一筋縄ではいかない。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 芝1800m以上でV実績が必要

まずそれまでの戦績に目を向けると、勝ち馬10頭中6頭が連対率100%。残る4頭中2頭は複勝率100%だった。

さらに距離実績を見ると、勝ち馬10頭中9頭に芝1800m以上で勝っていた。なお、1勝馬が4回優勝しており、オープン実績はあまり問われない。

予想参考データ② キャリア2~4戦の馬が中心

キャリアは以下の通り。

キャリア1戦(1-0-0-10)
勝率 9.1% │ 連対率9.1% │ 複勝率9.1%

キャリア2戦(4-4-0-8)
勝率 25.0% │ 連対率50.0% │ 複勝率50.0%

キャリア3戦(3-4-6-10)
勝率 13.0% │ 連対率30.4% │ 複勝率56.5%

キャリア4戦(2-2-3-14)
勝率 9.5% │ 連対率19.0% │ 複勝率33.3%

キャリア5戦(0-0-1-4)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率20.0%

キャリア6戦以上(0-0-0-18)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

予想参考データ③ 前走は京都か阪神で1着が理想

前走のクラス別成績は以下の通り。

東京(1-0-0-5)
勝率 16.7% │ 連対率16.7% │ 複勝率16.7%

中山(0-0-0-13)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

京都(6-4-5-30)
勝率 13.3% │ 連対率22.2% │ 複勝率33.3%

阪神(2-5-3-11)
勝率 9.5% │ 連対率33.3% │ 複勝率47.6%

中京(1-1-1-3)
勝率 16.7% │ 連対率33.3% │ 複勝率50.0%

主要4場以外(0-0-1-4)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率20.0%

勝ち馬10頭中8頭が、京都か阪神の芝レースから中6週以内。

また、前走着順は以下の通り。

前走1着(6-7-5-19)
勝率 16.2% │ 連対率35.1% │ 複勝率48.6%

前走2着(1-1-3-7)
勝率 8.3% │ 連対率16.7% │ 複勝率41.7%

前走3着(2-1-0-6)
勝率 22.2% │ 連対率33.3% │ 複勝率33.3%

前走4着(0-1-0-5)
勝率 0.0% │ 連対率16.7% │ 複勝率16.7%

前走5着(0-0-0-4)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

前走6~9着(1-0-1-17)
勝率 5.3% │ 連対率5.3% │ 複勝率10.5%

前走10着(0-0-1-8)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率11.1%

勝ち馬10頭9頭が前走3着以内。例外の1頭は前走がGⅠだった。

予想参考データ④ 牝馬は素材次第

牡・騸馬(9-10-10-64)
勝率 9.7% │ 連対率20.4% │ 複勝率31.2%

牝馬(1-0-0-2)
勝率 33.3% │ 連対率33.3% │ 複勝率33.3%

牝馬で唯一優勝した2015年ルージュバックはそれまで無敗で、単勝オッズ1.7倍の圧倒的支持を受けていた。

予想参考データ⑤ 関西馬が主力

美浦(1-1-0-4)
勝率 16.7% │ 連対率33.3% │ 複勝率33.3%

栗東(9-9-10-62)
勝率 10.0% │ 連対率20.0% │ 複勝率31.1%

関東馬で唯一優勝したのは上記のルージュバック。

2020年の主役候補は?

中心となるのはアルジャンナ。阪神芝2000mでデビュー戦を勝ち、続く東京スポーツ杯2歳Sで2歳王者コントレイルの2着。データでは朝日杯FS以降のレースに出走している馬の方が好成績を収めていることから、やや間隔が空いている点が気になるものの、素質は高い。

サトノゴールドは函館芝1800mでデビュー勝ちし、続く札幌2歳Sで2着。アルジャンナよりさらに間隔が空いているが、実績は十分だ。

グランレイは前走の朝日杯FSで3着。初勝利を挙げたのは芝1400mだったが、芝1800mの新馬戦で3着と好走しており、対応は可能だろう。

キャリア1戦ながら、京都芝1800mの新馬戦で単勝1.3倍の圧倒的人気に応えたトゥルーヴィルにもチャンスがある。

おすすめの記事