11か月ぶりをものともせず。

4月15日に阪神競馬場で行われたアンタレスステークス(G3/ダート1800)はグレイトパールの優勝に終わった。

将来を嘱望されながら骨折により戦線離脱を余儀なくされた大器グレイトパールの復帰戦として注目が集まったアンタレスステークス。やはり主役この馬だった。レースを分析していきながらグレイトパールがレースを制したポイントやナムラアラシなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
グレイトパール川田騎手1
牡557(栗東)中内田2.2
2
ミツバ松山騎手3
牡657(栗東)加用8.9
3
クインズサターン四位騎手5
牡556(栗東)野中10.5
4
トップディーヴォ横山典騎手4
牡656(栗東)昆9.9
5
ユラノト藤岡康騎手7
牡456(栗東)松田20.1
6
ロンドンタウン松岡騎手6
牡557(栗東)牧田11.6
7
アルタイル小崎騎手9
牡656(美浦)手塚27.3
8
ナムラアラシ幸騎手2
牡556(栗東)牧田6.2
9
マイティティー岩崎騎手16
牝654(栗東)本田244.9
10
メイショウウタゲ北村友騎手14
牡756(栗東)安達81
11
ディアデルレイ勝浦騎手8
牡756(美浦)牧23.4
12
メイショウスミトモ古川騎手13
牡758(栗東)南井76.9
13
コスモカナディアン丹内騎手10
牡556(美浦)金成27.6
14
アスカノロマン太宰騎手12
牡757(栗東)川村52.5
15
モンドインテロ池添騎手15
牡656(美浦)手塚84.1
16
マイネルバサラ松若騎手11
牡558(美浦)松山35.6

払い戻し

単勝1220円1人気
複勝01
15
13
140円
220円
270円
1人気
3人気
5人気
枠連01 - 08660円1人気
馬連01 - 151,360円2人気
ワイド01 - 15
01 - 13
13 - 15
550円
670円
1,280円
2人気
4人気
12人気
馬単01 → 151,760円2人気
三連複01 - 13 - 154,420円7人気
三連単01 → 15 → 1313,810円17人気

レース分析

レースのラップを見ていこう。前半が35秒7、中盤が36秒5、後半が37秒6となっておりややハイペ-スだったと言える。

スタミナを問われる流れでもあり中長距離を得意とする馬たちが上位を占める結果となった。では各馬の勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 グレイトパール

スタートはまずますでそこから中団に位置した。勝負所から押し上げ直線を向いたところでは4番手。そこからさらにジワジワと脚を伸ばし見事1着。賞金加算さえスムースに行けば悠にG1級。

2着 ミツバ

中団の外目を進んでいたが向こう正面で押し上げ2番手までポジションを上げた。直線も先に抜け出したが勝ち馬の差し脚に屈した。スタミナが生きる流れならやはりしぶとい。

3着 クインズサターン

後方の外目を追走。押し上げて中団で直線を向いたがそれでもまだ前との差は大きかった。しかしそこからもグイグイ伸び馬券内まで届いた。地力がついてきており重賞制覇も近いか?ただ展開が向いた面はあるだろう。

8着 ナムラアラシ

のびあがるようなスタートとなり最後方からの競馬。直線は馬群を捌いて脚を伸ばそうとするもさほど決め手を見せられず。相手強化で勢いが止まったか?

まとめ

グレイトパールはこれで休養を挟んで6連勝となった。休養前に並ぶ間もなく差し切ったテイエムジンソクは今やダート界主役の一頭である。

皐月賞で人気を背負うはずだった川田騎手が急きょ舞い込んだ仕事をしっかりと完遂。そしてまた皐月賞で人気を背負うはずだった中内田きゅう舎も難しい仕上げをクリアしてみせた。足元さえ無事なら、大仕事の予感が漂う。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事