レアリスタが2戦2勝!兄リアルインパクトの血統馬は“呪縛”に打ち勝てるのか?

(C) Yusuke Tsutaya

注目の良血馬がデビュー2連勝を飾った。

6月14日に東京競馬場で行われた500万条件で、ステイゴールド産駒のレアリスタ(牡3)が1番人気に応えたのだ。

兄に安田記念馬リアルインパクトやNHKマイルカップ3着の実績を持つアイルラヴァゲインを持つ良血馬。どの程度出世するか、という点も気になるところだが、どのような路線を歩んでいくのか、という興味の尽きない馬である。

どんな種牡馬をつけても……

というのも、レアリスタの母トキオリアリティーの仔たちはどんな種牡馬をつけても短距離馬になる傾向にある。

特に重賞クラスで戦う馬になると、リアルインパクトやアイルラヴァゲインのように、1200〜1600mを主戦場とするケースがほとんどなのだ。

アイルラヴァゲイン(父エルコンドルパサー)
NHKマイルカップ3着。7勝はすべて1400m以下

アドマイヤフッキー(父フジキセキ)
3勝はすべて1200m以下

フサイチリニモ(父ジャングルポケット)
1勝は1300m

ウィルパワー(父キングカメハメハ)
4勝はすべて1400m以下

リアルインパクト(父ディープインパクト)
安田記念1着。5勝はすべて1600m以下

ディープインパクトやキングカメハメハ、ジャングルポケットはダービー馬、そしてエルコンドルパサーはジャパンカップを勝って凱旋門賞で2着になった中距離馬だ。しかし、兄弟はほとんどがスプリンターやマイラーになっている。唯一、1歳上のネオリアリズム(父ネオユニヴァース)は2000mで2勝を挙げているが、かなり稀な例といっていい。

レアリスタはデビュー戦が2000m、2戦目が1800mと、いずれも中距離で勝っている。果たしてトキオリアリティーの仔たちの“呪縛”を打ち破り、中距離以上で活躍できるようになるのか、興味は尽きない。

【次のページヘ】デビュー2連勝だが内容は……?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る