レアリスタが2戦2勝!兄リアルインパクトの血統馬は“呪縛”に打ち勝てるのか?
(C) Yusuke Tsutaya

評価しきれない内容

2戦目の内容に関してだが、率直に書くと、あまり評価できる内容ではない。ラップを見てもらえればわかりやすいだろう。

13.2-11.7-12.3-12.7-13.1-12.5-11.5-11.1-11.3

前半から12〜13秒台で推移し、上がり3ハロンが11秒台となっている。簡単な話、スローの瞬発力勝負、位置取り勝負となったわけだ。

実際、掲示板に載った5頭のうち、4頭は4角5番手以内だった。4コーナーで前に位置取っていた馬がそのまま上位に来るような内容だったのだ。

レアリスタは4角3番手。内枠からスムーズに競馬を進め、何の不利もないレースだった。その内容にケチをつけるわけではないが、高いレベルになった時、即通用するかは現時点では未知数と言っていい。

なお、初戦の内容も同じようなものだった。今後、より厳しい展開となった時にどの程度対応できるかが出世へのポイントとなってきそうだ。

上のクラスでどうなのか、さらにどんな路線を歩むのか。レアリスタの今後に注目だ。

【関連記事】
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
新種牡馬アンライバルド産駒トウショウドラフタが新馬勝ち!将来性は…
池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?
モーリスが絶対王者になる理由とは?四重苦を跳ね除けた馬の未来予想図
ジャンポケ斉藤を侮るな!馬鹿にしてる競馬ファンのキミはきっと負け組

おすすめの記事