ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力


圧巻のパフォーマンスで一気に将来の展望が広がった。

6月13日に東京競馬場で行われた500万条件(芝2400m)で、ハービンジャー産駒のポトマックリバー(牡3)が圧勝を収めた。

直線で見る見る後続を引き離して3馬身半差の快勝。視線の先に菊花賞や、その先の飛躍が見えてきた。その強さと将来性に期待する理由について書いていこう。


圧倒的な強さ

5枠7番からスタートしたポトマックリバーは、道中で中団につけると、3コーナーから早くも進出を開始。4コーナーでは先頭を捉える勢いで上がっていくと、直線では後続を置き去りにして2着に0.6秒差をつけて圧勝した。

まず、終始外外を回しながら勝ち切った点が素晴らしい。

東京芝2400mは圧倒的に内が有利のコースだ。今はフラットな馬場状態とはいえ、あまり外を回しすぎると届かない。そんな中、ポトマックリバーは3、4コーナーで内ラチから4、5頭分外を回していた。

にもかかわらず、直線で末脚は衰えなかった。完勝も完勝だったといっていい。

もう一つは4コーナーで前につけた馬がすべて潰れるようなタフな流れのレースを前に行って勝ち切ったことだ。

事実、ポトマックリバー以外、上位に来た馬たちは2〜7着まですべて4角7番手以下。うち4頭は11番手以下だった。一方、前につけていた馬は4番人気のリボントリコロールや7番人気のレッドルヴァンをはじめとして、全頭が下位に沈んでいる。完全に後ろにいた馬たちに有利な流れとなったわけだ。

ポトマックリバーは4角2番手。普通は直線で垂れてしまう流れの中、前にいってそのまま押し切った強さは輝いて見えるほどだった。

フロックでできるパフォーマンスではない。上のクラスでも即通用するはずだ。

【次のページヘ】いざ菊花賞路線へ!期待できる根拠とは?

ページ:

1

2

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る