デンコウアンジュの血統や将来性は?アルテミスS1着馬を徹底分析

(C)Ko-mei

ページ:

1

2 3

10月31日に東京競馬場で行われたアルテミスステークス(GIII/芝1600m)でメイショウサムソン産駒のデンコウアンジュ(牝2)が重賞初制覇を果たした。

前走からマイナス18キロという大幅な馬体減が心配されたが、道中後方から競馬を進めると直線で鋭い末脚を伸ばして他馬を一閃。上がり3ハロン33秒3を記録し、ゴール板を1着で駆け抜けた。

デンコウアンジュの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

スポンサーリンク

血統評価は?

デンコウアンジュは父メイショウサムソン、母デンコウラッキー、その父マリエンバードという血統。

2冠馬メイショウサムソンにとって嬉しい産駒の重賞初制覇となった。

2歳の牝馬重賞ウィナーは極めて珍しい血統をしている。まず、メイショウサムソン自体が父オペラハウス×母父ダンシングブレーヴというノーザンダンサーの血が濃い配合だった。加えてデンコウアンジュの場合、母父がニジンスキー系のマリエンバード。またしてもノーザンダンサーの血が色濃く入っている。

ノーザンダンサーの4+5×5という配合で、3代以内に流れる4つの血筋のうち、3つがノーザンダンサーという血統構成になっている。ちなみにダンシングブレーヴとマリエンバードは凱旋門賞馬、オペラハウスは凱旋門賞2着。

サンデーサイレンス系全盛期の時代に、これだけ凱旋門賞血統で固められている馬も珍しい。日本馬というより欧州にいそうな血統である。

そんな血統の馬がマイルの重賞を勝てた要因は何だったのだろうか?

【次のページヘ】デンコウアンジュが重賞を勝てた理由とは?

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る