カテゴリー:予想・考察

七夕賞2017予想最終追い切り調教分析…ゼーヴィントらの評価は?

(C)はねひろ

今週は福島競馬場で七夕賞(GIII/芝2000m)が行われる。

出走各馬はどんな状態でレースに出走してくるのか? 今回は最終追い切りを分析していくことにしよう。

分析は「ひたすら調教診断するだけのブログ」でお馴染みのJPHB氏が担当する。


最終追い切り評価一覧

先週は穴馬の方で取り上げたセダブリランテスが2番人気になってしまい、すみませんでした。今週の穴馬は近走成績からおそらくすべて穴のはずです。

ウインインスパイア B+
ヴォージュ C
サトノスティング A
スズカデヴィアス B
ゼーヴィント B-
ソールインパクト B
タツゴウゲキ B-
パドルウィール B+
バーディーイーグル
フェイマスエンド B
フェルメッツァ B
マイネルフロスト B
マルターズアポジー B+
メイショウカドマツ B

※詳細はhttp://jp-horse-breaking.blogspot.jp/にて公開中
※木曜追いの馬は最終版で更新

人気馬の追い切り

1番人気はゼーヴィント、2番人気がマルターズアポジーになりそうな雲行きです。

ゼーヴィントの追い切りはいまいちでした。3頭併せの内で、通ったコースは真ん中。走行距離は短く、タイムもそこまで強調できません。ステッキを入れてからの反応が遅かったことも気がかりです。5カ月半の休養明けで、状態はそこまで良く見えません。

一方のマルターズアポジーは、良く見えました。福島記念時の斤量は54キロ。ゼーヴィントは55キロでした。今回は1キロ有利が0.5キロ不利になり、差し引き1.5キロの差がつきました。当時の着差は0.2秒で、0.5キロで半馬身(0.1秒)と考えると、今回はゼーヴィントが先着しそうなのですが、状態面はこちらの方が良さそうです。


とはいえ、こちらも3カ月の休養明け。毛ヅヤは一息で、発汗も目立ちました。57.5キロの斤量と先行馬の多いメンバーは割引材料ではあります。しかしながら、動きそのものは力強いものでした。馬格のある馬でもあり、斤量は克服できそうだと見ています。パドックでは毛ヅヤにも注目してください。

穴馬ピックアップ

人気薄になりそうな高評価馬は3頭。サトノスティング、ウインインスパイア、パドルウィールでした。A評価はサトノスティングだったのですが、自己条件の阿武隈Sへ回るようです。おそらく人気するでしょうが、この状態で自己条件なら勝ってくれそうです。

残る2頭のうち、人気しなそうなのはウインインスパイアでしょう。

ウインインスパイア 52.0 【B+】
美浦W単走。馬場の真ん中外目を通って直線へ。終いまでしっかり伸びて好タイムをマークした。馬体は前駆だけを見れば立派。対して、トモが薄く力強さに欠ける後駆はいまいち。とはいえ状態はかなり良さそう。瞬発力のありそうな体型で、この斤量を生かせば一発あってもおかしくはない。

近走成績からはとても買えそうにありませんが、動きは良く、タイムも出ています。福島にも豊富な実績があり、斤量は52キロ。ある程度前につけられる馬で、今回は中団から徐々に進出する競馬をしそうです。そこが馬群の切れ目になれば、枠順に関係なく内の経済コースを回れる可能性も出てきます。穴に狙ってみると面白いかもしれません。

文=JPHB(ひたすら調教診断するだけのブログ


七夕賞2017の予想オッズ・出走予定馬と過去の傾向は?

(C)はねひろ

今週は福島競馬場で七夕賞(GIII/芝2000m)が行われる。

ゼーヴィントやマイネルフロストらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらいとともに、予想のポイント(過去の傾向、データ、血統、人気、枠順など)を考察していこう。


出走予定馬・登録馬

2017年 7月 9日(日) 2回福島4日目 14頭 [仮想出馬表]
【11R】  第53回七夕賞
3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝2000m (A)

馬名性齢斤量
ウインインスパイア牡6
サトノスティング牡6
スズカデヴィアス牡6
ゼーヴィント牡4
ソールインパクト牡5
タツゴウゲキ牡5
バーディーイーグル牡7
パドルウィール牡6
フェイマスエンド牡6
フェルメッツァ牡6
マイネルフロスト牡6
マルターズアポジー牡5
メイショウカドマツ牡8
ヴォージュ牡4

想定・予想オッズ

※追記予定

過去5年好走馬

着順人気馬名性齢
3アルバートドック牡4
5ダコール牡8
11オリオンザジャパンセ6
2グランデッツァ牡6
8ステラウインド牡6
16マデイラ牡6
5メイショウナルトセ6
10ニューダイナスティ牡5
1マイネルラクリマ牡6
1マイネルラクリマ牡5
7トレイルブレイザー牡6
14タガノエルシコ牡8
14アスカクリチャン牡5
1トーセンラー牡4
7ミキノバンジョー牡5

データ考察

過去10年のデータを抽出して傾向を探っていく。なお、週中には注目のデータをピックアップし、激走馬を導き出す考察を行っていく。そちらのチェックも見逃さないようにしよう!

人気別集計

人気着別度数
1番人気2- 1- 2- 4/ 9
2番人気1- 1- 2- 5/ 9
3番人気1- 0- 2- 6/ 9
4番人気0- 1- 0- 8/ 9
5番人気1- 1- 0- 7/ 9
6番人気1- 1- 0- 7/ 9
7番人気1- 1- 1- 6/ 9
8番人気0- 1- 0- 8/ 9
9番人気0- 0- 0- 9/ 9
10番人気0- 1- 0- 8/ 9
11番人気1- 1- 1- 6/ 9
12番人気0- 0- 0- 9/ 9
13番人気0- 0- 0- 9/ 9
14番人気1- 0- 1- 7/ 9
15番人気0- 0- 0- 9/ 9
16番人気0- 0- 1- 7/ 8

人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気22.2%55.6%9598
2番人気11.1%44.4%5087
3番人気11.1%33.3%6577
4番人気0.0%11.1%030
5番人気11.1%22.2%13368
6番人気11.1%22.2%9657
7番人気11.1%33.3%213207
8番人気0.0%11.1%051
9番人気0.0%0.0%00
10番人気0.0%11.1%070
11番人気11.1%33.3%220205
12番人気0.0%0.0%00
13番人気0.0%0.0%00
14番人気11.1%22.2%604220
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%12.5%0500

年齢

年齢勝率複勝率単回値複回値
4歳16.7%33.3%9873
5歳9.3%23.3%226113
6歳9.1%29.5%67177
7歳0.0%4.5%09
8歳0.0%12.5%077

斤量別集計

斤量勝率複勝率単回値複回値
~49kg0.0%0.0%00
49.5~51kg0.0%0.0%00
51.5~53kg5.9%17.6%114198
53.5~55kg2.3%18.2%12392
55.5~57kg13.0%23.9%8659
57.5~59kg0.0%33.3%0113
59.5~

馬体重別集計

馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg
400~419kg0.0%0.0%00
420~439kg0.0%57.1%0244
440~459kg5.3%5.3%6320
460~479kg10.0%22.5%9675
480~499kg7.1%26.2%186201
500~519kg4.0%12.0%1839
520~539kg0.0%0.0%00
540~0.0%0.0%00

枠番別集計

枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠5.9%17.6%7094
2枠11.1%22.2%7074
3枠5.6%11.1%30265
4枠11.1%44.4%142340
5枠5.6%27.8%106100
6枠5.6%22.2%25119
7枠5.6%11.1%2521
8枠0.0%0.0%00

馬番別集計

馬番勝率複勝率単回値複回値
1番0.0%11.1%022
2番11.1%22.2%133155
3番0.0%0.0%00
4番22.2%44.4%141148
5番0.0%11.1%022
6番11.1%11.1%604107
7番0.0%55.6%0583
8番22.2%33.3%28597
9番11.1%33.3%213110
10番0.0%22.2%091
11番11.1%22.2%50107
12番0.0%22.2%0131
13番0.0%11.1%022
14番11.1%11.1%5120
15番0.0%0.0%00
16番0.0%0.0%00

脚質上り別集計

脚質上り勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ20.0%30.0%312162
平地・先行11.8%23.5%55170
平地・中団3.5%17.5%11082
平地・後方2.4%16.7%4759
平地・マクリ
3F 1位18.2%81.8%259309
3F 2位12.5%62.5%56203
3F 3位18.2%27.3%548125
3F ~5位10.0%25.0%116108
3F 6位~2.2%6.5%1764

間隔別集計

間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘0.0%0.0%00
2週7.7%30.8%152104
3週0.0%16.7%0106
4週6.7%20.0%4862
5~ 9週10.0%20.0%8858
10~25週3.6%21.4%194256
半年以上0.0%0.0%00
初出走他
不明・他
明け2戦3.6%14.3%3134
明け3戦10.7%10.7%7527
明け4戦12.5%25.0%145108
明け5戦0.0%30.0%0127
明け6~7.4%29.6%9598

前走脚質別集計

前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ10.0%20.0%192123
平地・先行8.8%23.5%6265
平地・中団6.3%18.8%13177
平地・後方3.1%15.6%27172
平地・マクリ0.0%0.0%00
3F 1位16.7%27.8%9661
3F 2位0.0%18.2%083
3F 3位0.0%18.2%039
3F ~5位14.3%42.9%530182
3F 6位~4.6%13.8%47102

前走クラス別集計

前走クラス勝率複勝率単回値複回値
同クラス6.4%20.8%91106
昇級戦6.3%6.3%12038
降級戦
新馬
未勝利
500万下
1000万下0.0%0.0%00
1600万下6.7%6.7%12841
OPEN特別5.4%27.0%64221
G39.1%20.0%15570
G23.7%14.8%1737
G10.0%16.7%038

前走距離別集計

前走距離勝率複勝率単回値複回値
同距離6.5%17.4%77140
±200以内6.7%18.3%7190
±400以内6.6%19.0%106101
±600以内6.5%19.6%96100
今回延長7.5%22.4%13887
今回短縮3.3%16.7%1574

前走レース名別集計

前走レース名勝率複勝率単回値複回値
鳴尾記念G316.7%25.0%13766
エプソムG39.1%22.7%6651
目黒記念HG26.7%20.0%3056
福島テレ5.9%29.4%11695
関ケ原H160050.0%50.0%960310
都大路S33.3%33.3%13363
東京新聞G3100.0%100.0%5440970
新潟大賞HG30.0%14.3%032
ダイヤモHG30.0%33.3%0253
仁川S0.0%100.0%0630
ヴィクトG10.0%100.0%0230
DSCG10.0%100.0%0640
福島民報0.0%33.3%01333
米子S0.0%33.3%0336
産経大阪G20.0%33.3%056
アハルテH0.0%100.0%0720
金鯱賞G20.0%0.0%00
天皇賞春G10.0%0.0%00
中山記念G20.0%0.0%00
メイSH0.0%0.0%00
メトロポH0.0%0.0%00
むらさH16000.0%0.0%00
大阪城SH0.0%0.0%00
阿武隈H16000.0%0.0%00
マーメイHG30.0%0.0%00
ジューン16000.0%0.0%00
米子SH0.0%0.0%00
天皇賞秋G10.0%0.0%00
小倉大賞HG30.0%0.0%00
阿武隈S16000.0%0.0%00
ダービーHG30.0%0.0%00
福島記念HG30.0%0.0%00
函館競馬H0.0%0.0%00
博多SH16000.0%0.0%00
中山牝馬HG30.0%0.0%00
但馬SH16000.0%0.0%00
京都記念G20.0%0.0%00
烏丸SH16000.0%0.0%00
マイラーG20.0%0.0%00
ブリリアH0.0%0.0%00
ディセン0.0%0.0%00
ジューH16000.0%0.0%00
さきたG30.0%0.0%00
ウインズ10000.0%0.0%00
アメリカG20.0%0.0%00
JCG10.0%0.0%00

 


CBC賞2017の予想データ分析…5つの消しで好走率5割、回収率180超

(C)minafl

2017年7月2日、中京競馬場でCBC賞(GIII/芝1200m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 人気薄はは消し!

CBC賞は意外と固いレースとして知られている。中京芝1200mは直線が長く、コーナーでセーフティーリードを取った上で惰性で粘り込むことができないため、必然的に強い馬が強い競馬をすることが多くなる。

人気着別度数
1番人気1- 1- 1- 2/ 5
2番人気2- 1- 1- 1/ 5
3番人気1- 1- 2- 1/ 5
4番人気1- 0- 0- 4/ 5
5番人気0- 0- 0- 5/ 5
6番人気0- 0- 0- 5/ 5
7番人気0- 2- 0- 3/ 5
8番人気0- 0- 0- 5/ 5
9番人気0- 0- 0- 5/ 5
10番人気0- 0- 1- 4/ 5
11番人気0- 0- 0- 5/ 5
12番人気0- 0- 0- 5/ 5
13番人気0- 0- 0- 5/ 5
14番人気0- 0- 0- 4/ 4
15番人気0- 0- 0- 3/ 3
16番人気0- 0- 0- 3/ 3
17番人気0- 0- 0- 2/ 2
人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気20.0%60.0%7296
2番人気40.0%80.0%192146
3番人気20.0%80.0%150182
4番人気20.0%20.0%19058
5番人気0.0%0.0%00
6番人気0.0%0.0%00
7番人気0.0%40.0%0158
8番人気0.0%0.0%00
9番人気0.0%0.0%00
10番人気0.0%20.0%0150
11番人気0.0%0.0%00
12番人気0.0%0.0%00
13番人気0.0%0.0%00
14番人気0.0%0.0%00
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%0.0%00
17番人気0.0%0.0%00

極端な人気薄は消していくことにしよう。

※以降、10番人気以内を対象に集計

ポイント2 馬体重が軽い馬は消し!

スプリント戦ということで、少しのポジション争いの負けが競走結果に直結してくる。

そうなると、基本的には馬格があって、多少の不利に動じない馬のほうが合っている。

馬体重着別度数
~399kg0- 0- 0- 0/ 0
400~419kg0- 0- 0- 1/ 1
420~439kg0- 0- 0- 1/ 1
440~459kg0- 2- 0- 8/10
460~479kg2- 0- 2-10/14
480~499kg1- 2- 2- 9/14
500~519kg2- 1- 0- 2/ 5
520~539kg0- 0- 1- 3/ 4
540~0- 0- 0- 1/ 1
馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg
400~419kg0.0%0.0%00
420~439kg0.0%0.0%00
440~459kg0.0%20.0%048
460~479kg14.3%28.6%90100
480~499kg7.1%35.7%6779
500~519kg40.0%60.0%162156
520~539kg0.0%25.0%045
540~0.0%0.0%00

460キロ未満となると、好走率が極端に下る。特に一流のスプリンターは大きな馬が多く、馬格のない馬はどうしても遅れを取ってしまう。大きな馬を狙っていくほうがベターだろう。


ポイント3 1、2枠は消し!

中京競馬場は極端な内枠が不利なコースとして知られている。CBC賞でも内枠の馬はなかなか結果を出せていない。

枠番着別度数
1枠0- 0- 0- 4/ 4
2枠0- 0- 0- 6/ 6
3枠1- 0- 1- 2/ 4
4枠0- 2- 1- 5/ 8
5枠0- 1- 0- 5/ 6
6枠1- 0- 1- 5/ 7
7枠1- 1- 1- 6/ 9
8枠2- 1- 1- 2/ 6

1、2枠から好走した馬はゼロ。昨年は1番人気のエイシンブルズアイが9着に沈んだ。

1、2枠は対象外として考えていこう。

ポイント4 高齢馬は消し!

CBC賞は1200mの電撃スプリント戦だ。スピードが要求されるレースというのは、どうしても高齢馬に不利に働いてしまう。歳を重ねるとスピードが衰えていく傾向にあるからだ。

年齢着別度数
3歳0- 0- 0- 5/ 5
4歳0- 1- 1- 6/ 8
5歳4- 3- 3- 9/19
6歳1- 1- 1-12/15
7歳0- 0- 0- 2/ 2
8歳0- 0- 0- 1/ 1
年齢勝率複勝率単回値複回値
3歳0.0%0.0%00
4歳0.0%25.0%045
5歳21.1%52.6%140146
6歳6.7%20.0%2454
7歳0.0%0.0%00
8歳0.0%0.0%00

ボーダーラインは5歳まで。6歳以上になると、どうしても“美味しさ”は薄れていく。

ポイント5 前走1200mは消し!

CBC’賞はスプリント戦であるものの、前走1200mを走ってきた馬の期待値が極めて低い。なぜなら中京競馬場の1200mはJRAではかなり特殊な部類に入るからだ。

他の競馬場の1200mは基本的に小回りで直線が短い。一方、中京は直線が長いため、他のコースで実績を重ねてきた実力馬があっさりコケたりする。

直線が長い分、スタミナが求められるため、適正距離が1200mより長い馬のほうが有利、という側面もある。

前走距離勝率複勝率単回値複回値
1000m0.0%100.0%0190
1150m
1200m3.4%20.7%1547
1300m
1400m25.0%50.0%184160
1500m
1600m12.5%25.0%4557

基本的には1200mを使ってきた馬の評価は落としたいところ。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?


着別度数
3- 1- 2- 5/11
勝率複勝率単回値複回値
27.3%54.5%200177

なんと、好走率は54%超、回収率も180%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


ラジオNIKKEI賞2017の予想データ分析…5つの消しで好走率3割、回収率170超


今週は福島競馬場でラジオNIKKEI賞(GIII/芝1800m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 前走上がり上位は消し!

福島芝1800mは小回りコースだ。直線の短いコースでいかにうまく立ち回れるか、という能力が求められる。

よって、今まで中央4場のような広いコースで末脚を武器に勝ち上がってきたような馬は、適性が合わない可能性が高い。

前走脚質勝率複勝率単回値複回値
3F 1位10.7%21.4%4441
3F 2位7.1%7.1%3515
3F 3位6.7%6.7%6724
3F ~5位5.0%30.0%36215
3F 6位~4.5%19.7%76101

前走上がり1位から勝ち馬が5頭出ているように、全くダメというわけではない。適性がどうだろうが、強い馬は強いからだ。

しかし、回収値を見れば歴然だろう。穴馬がほとんど走っていないことが分かる。

基本的に上がり上位の末脚を使わずにここへ来るような馬を狙ってみるのが面白い。(今回は1位〜3位を切り捨て)

ポイント2 休み明けは消し!

ラジオNIKKEI賞では休み明けの馬が全く結果を残せていない。


間隔着別度数
連闘0- 0- 0- 1/ 1
2週0- 0- 0- 9/ 9
3週4- 1- 2- 22/ 29
4週1- 0- 1- 6/ 8
5~ 9週4- 8- 6- 64/ 82
10~25週0- 0- 0- 14/ 14
半年以上0- 0- 0- 1/ 1
間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘0.0%0.0%00
2週0.0%0.0%00
3週13.8%24.1%134193
4週12.5%25.0%285100
5~ 9週4.9%22.0%2978
10~25週0.0%0.0%00
半年以上0.0%0.0%00

15頭走って馬券圏内はゼロ。掲示板に載った馬すらいない。

順調にここへ歩みを進めてきた馬を選ぶのがベターだろう。

ポイント3 前走500万条件は消し!

同じく臨戦過程を見ていくと、500万条件をステップにしてきた馬がほとんど結果を出せていないことが分かる。

前走クラス着別度数
新馬0- 0- 0- 0/ 0
未勝利0- 0- 0- 0/ 0
500万下2- 1- 2- 40/ 45
1000万下3- 1- 1- 17/ 22
1600万下0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別2- 5- 2- 21/ 30
G30- 0- 0- 7/ 7
G22- 0- 0- 11/ 13
G10- 2- 4- 20/ 26
前走クラス勝率複勝率単回値複回値
新馬
未勝利
500万下4.4%11.1%2323
1000万下13.6%22.7%232248
1600万下
OPEN特別6.7%30.0%22101
G30.0%0.0%00
G215.4%15.4%13140
G10.0%23.1%0103

好走したのは45頭走って5頭のみ。しかも、その5頭の内4頭は1、2番人気。残りの1頭にしても5番人気だった。

つまり、500万条件で圧倒的なパフォーマンスを披露して人気に支持されるような素質馬なら一考の余地はあるものの、穴馬に入り込む余地はほとんどないということだ。

ポイント4 前走マイル〜2000m以外は消し!

ラジオNIKKEI賞で上位に来るためのポイントの一つとして、1800mの前後の距離から参戦してくることが挙げられる。

前走距離着別度数
1200m0- 0- 0- 2/ 2
1300m0- 0- 0- 0/ 0
1400m0- 0- 1- 3/ 4
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m3- 3- 5- 41/ 52
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m0- 3- 2- 34/ 39
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m4- 2- 1- 13/ 20
2100m0- 0- 0- 1/ 1
2200m0- 0- 0- 7/ 7
2300m0- 0- 0- 0/ 0
2400m2- 1- 0- 16/ 19
前走距離勝率複勝率単回値複回値
1200m0.0%0.0%00
1300m
1400m0.0%25.0%060
1500m
1600m5.8%21.2%65142
1700m
1800m0.0%12.8%031
1900m
2000m20.0%35.0%173146
2100m0.0%0.0%00
2200m0.0%0.0%00
2300m
2400m10.5%15.8%9052

ご覧の通り、マイル〜2000mを使ってきた馬の成績がいい。一方、それ以外の距離になると、好走率が極端に落ちる。

2001m以上になると、スタミナに寄りすぎてしまうため、スピードに対応できなくなるためだ。特に3歳のこの時期に2400mで勝ち負けしているような馬は総じてズブい傾向にある。1800mの重賞で馬券になるのはなかなか困難なのだ。

ポイント5 斤量55.5キロ以上は消し!

3歳限定ながらハンデ重賞ということで、やはり低斤量馬のほうが穴を開けやすい傾向にある。

斤量着別度数
~49kg0- 0- 0- 0/ 0
49.5~51kg0- 0- 0- 10/ 10
51.5~53kg2- 2- 3- 46/ 53
53.5~55kg5- 6- 4- 41/ 56
55.5~57kg2- 1- 2- 20/ 25
57.5~59kg0- 0- 0- 0/ 0
59.5~0- 0- 0- 0/ 0
斤量勝率複勝率単回値複回値
~49kg
49.5~51kg0.0%0.0%00
51.5~53kg3.8%13.2%43109
53.5~55kg8.9%26.8%8899
55.5~57kg8.0%20.0%5156
57.5~59kg
59.5~

55.5キロ以上になると、回収値が極端に落ちしていることが分かる。実績馬は人気になりやすいため、重い斤量を背負う中で買うメリットがあまりないのだ。


まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
2- 5- 4-25/36
勝率複勝率単回値複回値
5.6%30.6%113241

なんと、好走率は30%超、回収率も170%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


ラジオNIKKEI賞2017予想最終追い切り調教分析…サトノクロニクルらの評価は?

(C)Arappa

今週は福島競馬場でラジオNIKKEI賞(GIII/芝1800m)が行われる。

出走各馬はどんな状態でレースに出走してくるのか? 今回は最終追い切りを分析していくことにしよう。

分析は「ひたすら調教診断するだけのブログ」でお馴染みのJPHB氏が担当する。


最終追い切り評価一覧

先週に引き続き、今週も水曜は雨模様で馬場は悪いです。そんな中、ゼダブリランテスがすばらしい動きを見せてくれました。穴馬ピックアップの方で詳報します。

馬名評価
ウインガナドルB+
エスティーム
グランドボヌール
クリアザトラックB
サトノクロニクルB
セダブリランテスA
ニシノアップルパイB+
ハムレット
バルベーラ
ビービーガウディB-
マイネルスフェーンB-
マイブルーヘブン
ライジングリーズンB
ロードリベラルB+

※詳細はhttp://jp-horse-breaking.blogspot.jp/にて公開中
※木曜追いの馬は最終版で更新

人気馬の追い切り

57キロを背負っても、サトノクロニクルが1番人気になりそうです。京都新聞杯の2着馬。日本ダービーには出られませんでしたが、白百合Sを勝っての参戦です。この馬は、450キロ台にしては体を大きく見せてやわらかに動きます。今回の追い切りでもそれを感じることはできましたが、日本ダービー登録時の追い切りより動きは落ちる印象です。栗東からの長距離輸送もありますし、少し疑ってみてもいいかもしれません。

2番人気以降はクリアザトラック、マイネルスフェーン、ライジングリーズンあたりでしょうか。それぞれ、重賞で結果を残した実績馬です。今回の追い切りでは、マイネルスフェーンがB-評価。クリアザトラックとライジングリーズンはB評価としています。

これらの3頭はプラス評価をするほどの動きではなかったのですが、どれか1頭選ぶのならライジングリーズンです。ただ、牝馬の55キロは実質的にサトノクロニクルと同ハンデ。デビュー以来、マイルしか使ったことがなく、差しの脚質も小回り福島に向くのかどうか疑問ではあります。

穴馬ピックアップ

水曜追いのプラス評価は4頭。すべて人気薄です。A評価がセダブリランテス、B+評価はウインガナドル、ニシノアップルパイ、ロードリベラルです。中でも動きのすばらしかったセダブリランテスの内容を詳報します。


セダブリランテス 54.0 【A】
美浦W併せの内。馬場の外目を通り、直線は2馬身差追走。鋭く伸びて一瞬で相手を交わし、ゴール地点で1馬身先着。その後突き抜けた。四肢の可動域は広く、首の角度も良い。文句のつけようのない動きだ。

カーブから首を上下動させてリズム良く動き、直線は2馬身差追走。鞍上がほんの少し手を動かす程度で促すと徐々に加速し、1馬身先着。その後大きく手を動かしながら追うと、一完歩の距離が明らかに伸び、ぐんと加速しました。滞空時間は長く、背中も安定しています。2戦2勝馬で底を見せておらず、もしかすると人気してしまうかもしれませんが、水曜追いの中では抜けた動きでした。

B+評価3頭の中からは、ロードリベラルに注目です。前走クリアザトラックに0.9差をつけられていますが、こちらは7カ月の休み明け。420キロ程度の小さな馬にしては、体幹がしっかりしており、前後のバランスの良い動きをします。きんもくせい特別を1:50.2で勝っており、成長分を考えるとタイムは詰められそうです。穴に考えてみると面白いかもしれません。

文=JPHB(ひたすら調教診断するだけのブログ


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る