(C)MAZIMICKEY

2019年11月30日、中山競馬場でステイヤーズステークス(GⅡ/芝3600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるアルバート、オジュウチョウサン、チェスナットコート、メイショウテンゲン、リッジマンなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


ステイヤーズステークスの勝ち馬傾向

過去10年のデータを見ると、1番人気は6勝と強い。8番人気の10歳馬が優勝した例もあり、波乱もある。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 長距離重賞で好走実績が必要

まず距離実績に目を向けると、勝ち馬10頭中8頭に芝3000m以上の重賞で3着以内の実績があった。残る2頭はともに芝2500mのGⅡで3着以内の実績があった。

予想参考データ② 長距離重賞から参戦する馬が中心

前走のクラス別成績は以下の通り。

1600万下(1-4-2-23)
勝率 3.3% │ 連対率16.7% │ 複勝率23.3%

オープン特別(1-3-0-16)
勝率 5.0% │ 連対率20.0% │ 複勝率20.0%

GⅢ(0-0-0-10)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

GⅡ(7-3-7-52)
勝率 10.1% │ 連対率14.5% │ 複勝率24.6%

GⅠ(1-0-1-5)
勝率 14.3% │ 連対率14.3% │ 複勝率28.6%

また、前走距離は以下の通り。

前走1600m以下(0-0-0-1)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

前走1800m(0-0-1-4)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率20.0%

前走2000m(0-4-1-24)
勝率 0.0% │ 連対率13.8% │ 複勝率17.2%

前走2200m(0-0-0-7)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

前走2400m(2-5-2-19)
勝率 7.1% │ 連対率25.0% │ 複勝率32.1%

前走2500m(6-1-6-42)
勝率 10.9% │ 連対率12.7% │ 複勝率23.6%

前走2600m(1-0-0-9)
勝率 10.0% │ 連対率10.0% │ 複勝率10.0%

前走3000m(1-0-0-2)
勝率 33.3% │ 連対率33.3% │ 複勝率33.3%

勝ち馬全10頭の前走が芝2400m以上のレース。中でもアルゼンチン共和国杯組が6勝と強い。

予想参考データ③ 高齢馬も活躍

年齢別成績は以下の通り。

3歳(2-1-0-6)
勝率 33.3% │ 連対率50.0% │ 複勝率50.0%

4歳(1-2-4-16)
勝率 4.3% │ 連対率13.0% │ 複勝率30.4%

5歳(3-2-1-31)
勝率 8.1% │ 連対率13.5% │ 複勝率16.2%

6歳(2-2-2-30)
勝率 5.6% │ 連対率11.1% │ 複勝率16.7%

7歳(0-1-1-14)
勝率 0.0% │ 連対率6.3% │ 複勝率12.5%

8歳(1-1-0-10)
勝率 8.3% │ 連対率16.7% │ 複勝率16.7%

9歳(0-1-1-3)
勝率 0.0% │ 連対率20.0% │ 複勝率40.0%

10歳(1-0-0-4)
勝率 20.0% │ 連対率20.0% │ 複勝率20.%

11歳以上(0-0-1-1)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率50.%

予想参考データ④ 牝馬は苦戦

牡・騸馬(10-10-10-107)
勝率 7.3% │ 連対率14.6% │ 複勝率21.9%

牝馬(0-0-0-5)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

予想参考データ⑤ 関西馬がやや優勢

美浦(5-2-5-65)
勝率 6.5% │ 連対率9.1% │ 複勝率15.6%

栗東(5-8-5-47)
勝率 7.7% │ 連対率20.0% │ 複勝率27.7%

2019年の主役候補は?

中心となるのは、昨年の覇者リッジマン。近走は相手が強く大敗が続いているが、ひと叩きされて得意の条件に替われば、前進が見込める。

アルバートはこのレースを2015~17年に3連覇。現役屈指のステイヤーで、今年も有力になる。

モンドインテロはこのレースで3着が2回ある。今年はその2回よりメンバーが手薄と言え、チャンスは十分。

チェスナットコートは昨年の日経賞で2着の実績がある。長距離経験が豊富で、巻き返しがあっても不思議はない。

メイションテンゲンは今年の弥生賞を制覇。キャリアが浅い分、長距離レースの経験自体が少ないが、実績はメンバー上位だ。

おすすめの記事