カテゴリー:コラム

種牡馬スウィフトカレントの可能性を探る!産駒には幻のクラシックホースが!?

(C) 阪神サラブレッドクラブ

マイナー種牡馬応援委員会会員の皆様、ごきげんよう。

そんな会に入った覚えはないと思った諸君、入会は随時受け付け中だ。この記事を読んでマイナー種牡馬を応援する気になるかどうかは分からない。が、競馬仲間との会話で「スウィフトカレント」という単語を使えば「ムムッ」と周囲から博多華丸、、、じゃなくて川平慈英的な反応をされて一目置かれる存在となるはずだ。

なお、間違えて女子に言うと「テイラースウィフト?」と、テラハ的な反応が帰ってくるから気をつけくれ。ちなみに僕はりなてぃ推しだ。もっと言うと、今井洋介が好きだ。先日行った競馬関係者の親睦会で僕の友人が泥酔して騒ぐのを見て、某有名ブロガーの方に「そろそろ付き合う友だちを選んだほうがいい」とマジ顔で諭されたが、今井洋介が好きだ。(どんな趣味してるか、察してくれ)

話が逸れた。

とにもかくにも以下の入会フォームを読んだ後にツイッターかフェイスブックかはてブのボタンをポチッとしてほしい。それで受付完了だ。

そんな見え見えの炎上マーケティングはどうでもいい。そう、スウィフトカレントの話をしよう。


最近あった生ハムメロン現象

6月28日にデビューを迎えるレッドヴェルサスがスウィフトカレント産駒だと聞いた時、「ん?」と思った方は少なくないのではないだろうか。

打ち明けよう。僕は、「ん????」と思ったぞ。

それもそのはず。レッドヴェルサスはGI馬レッドリヴェールの半弟だ。GI馬の血筋にスウィフトカレント。なんて不思議な組み合わせなんだろう。生ハムメロンみたいなもんだ。最初に考えたやつ、出てこい。

とはいえ、マイナー種牡馬推奨委員会会長としてはポテンシャルを秘めた肌馬につけられたというのが嬉しくてならない。

なぜなら、スウィフトカレントは種牡馬として成功する可能性を秘めている。そしてそのポテンシャルの高さをすでに発揮しているのだ。

基礎となる血統レベルの高さ

ここからは少しマジメに書いていこう。

スウィフトカレントは現役時代、GIと縁がなかった。GI勝ち鞍がないことはもちろん、GIで好走したのは06年の天皇賞秋1度のみ。実績といえばサマー2000シリーズのチャンピオンくらいである。

「そんな馬、種牡馬として期待できんのかよ?」と思ったそこの坊や、甘いな。キミはリンツのチョコレートアイスクリームか。

スウィフトカレントは大種牡馬サンデーサイレンスを父に持つことに加え、母系が凄まじい。母ホワイトウォーターアフェアはヨークシャーオークス2着の実績を持つ重賞ウィナーだ。さらに繁殖牝馬としてヴィクトワールピサ(ドバイワールドカップ、有馬記念など)や安田記念馬アサクサデンエンを輩出している。

つまり、スウィフトカレントは父が大種牡馬、母がGI好走馬、兄弟がGI馬という超良血ファミリーに属しているのだ。父・浜田雅功、母・小川菜摘、全兄ハマ・オカモト、みたいなものだ。

競走馬としての成績より血統レベルの高さが種牡馬として成功するポイントであることは周知の事実。ということは彼も成功の可能性を十分に秘めているといえる。

【次のページヘ】幻のダービー馬を輩出?その馬の名は……

ページ:

1

2

ウザい自称競馬オタクを黙らせる4つの方法!“知識ひけらかし男”をやっつけろ

(C)arima0208

ファンやマニア、オタクといった人種は自己顕示欲の塊であることが多い。皆さんも遭遇したことがあるのではないだろうか?

「ディープ好きとかwニワカもいいとこだろww」

「サニーブライアン知らないとかw競馬知らなすぎwww」

こういうやつはまぁ論外として、地味にタチが悪いのは聞いてもいないのに知識をひけらかそうとするタイプのオタクだ。

「ディープインパクトが好き」と聞いたら「じゃあダービーの時の2着馬は!?」「母父の名前は!?」といった具合に謎のクイズを始めてしまう類の人種である。

「お前のことじゃね?」と思った諸君、ごきげんよう。正解だ。ほんと、ぶん殴ってくれ。

はっきり言おう、こういうやつ、ウザい。やっている方は気持ちいいかもしれないが、やられている方は「( ゚д゚)ポカーン」である。

もうこういう“知識ひけらかし男”は撲滅させよう。そのために、彼らを撃退するためのノウハウをこっそりお伝えちゃうぞ。


撃退法① 上から見下ろせ

ひけらかし男は自分の知識量に自信を持っている。知識量で自分が負けるなんて夢にも思っていない。だから、逆に思い切って「全部見たよ感」を出してしまうといい。

ひけらかし男「競馬見るんだ―?好きな馬なに?」

キミ「あー、一周してディープインパクトかなー」

ひけらかし男「一周?」

キミ「うん、まぁいろいろ見ると大体ディープに落ち着くよね。ひけらかし男くんの好きな馬は?あー、今そこね。まぁそこ通るよね! 俺も昔は好きだったよー」

ひけらかし男「(´・ω・`)」

「一周して」というのがポイントだ。

どんな世界でも一周回って王道にたどり着くケースは多々ある。

「好きなアーティスト誰?」

「あー、一周回ってビートルズかな」

と同じ理論である。もう一周回った人にビートルズを出されたら、北島康介ばりに「何も言えねぇ」なのだ。


こうすることでキミはひけらかし男を見下ろして会話ができる。ひけらかし男は大抵、上から見られると弱い。蛇に睨まれた蛙になる。

しかも「一周回ってディープ」と言われてしまうと、下手にマニアックな馬名を出しづらくなる。あえてメジャーな馬名に「一周回って」を付け足すことで、相手を「何も言えねぇ」状態に追い込むことができるのだ。

目の前にいるひけらかし男は、口ごもってしまうことだろう。

撃退法② 島国コンプレックスをつけ

島国に住む我々日本人は、往々にして海外コンプレックスが強い。なぜか海外の話を出されると弱い。外交を見てくれ。大抵、完敗だ。

ひけらかし男「競馬見るんだ―?競馬場が好き?俺はねー、函館かな。たぶん行ったことないと思うけど(笑)。いいとこだよ」

キミ「あー、俺はアスコットかな」

ひけらかし男「え。。。」

キミ「乗り換えとか大変だったけどさ、すごい雰囲気よかったよ。やっぱ競馬発祥の地だからね。普通、行っとくっしょ」

ひけらかし男「(;・∀・)」

海外の競馬場に行ったことがなかったとしても大丈夫だ。幸か不幸か、海外の競馬場に行ったことがある人間なんて、本当に一握りである。僕の知る限り、世界の合田先生と平松さんくらいだ。


「あー、俺も行った!」なんて奴に出くわしたら、もうそれは素直に負けを認めた方がいい。多分ソイツは中途半端なひけらかし男じゃない。マジで、ヤバいやつだ。

【次のページヘ】女を持ち出し、馬名でカマをかけろ!?

ページ:

1

2

“武豊血統”ポルトフォイユがデビューへ!全兄ポルトドートウィユの良血馬

(C)阪神サラブレッドクラブ

2015年の日本ダービーで武豊騎手が騎乗したポルトドートウィユの全弟が6月第4週の週末、デビューを迎える。

鞍上に指名されたのは武豊。自身が騎乗した名馬の血が詰まった超良血馬とともに、2016年のダービーへ向けて新たな一歩を踏み出す。


ポルトフォイユと武豊騎手がコンビを組むのは血統的に見れば“必然”といえる。

以下、全兄のポルトドートウィユの記事より抜粋。

父ディープインパクトは武豊騎手とコンビを組み、無敗の3冠を達成した“英雄”だ。最終的にGI7勝を挙げ、競馬史に燦然と輝く名コンビとなった。

これだけではない。

母のポルトフィーノはデビューから「鞍上武豊」でキャリアを重ね、3勝を挙げた。取り消しになった桜花賞、スタート直後に落馬となったエリザベス女王杯なども武豊騎手を鞍上に招いていた。

母の父、クロフネは武豊騎手とともにNHKマイルカップを制覇。ジャパンカップダートや武蔵野ステークスでの圧勝劇は、今なお競馬ファンの脳裏に焼き付いて離れない。

さらに母母のエアグルーヴは武豊騎手が主戦を務め、オークスと天皇賞秋を制した。牝馬として26年ぶりに年度代表馬(1997年)に輝いた背景には、常に武豊騎手がいたのだ。

父、母、母父、母母と、すべて馬たちに武豊騎手との“キズナ”があった。

抜粋、以上。

加えて兄のポルトドートウィユは武豊騎手とともにダービーへ出走している。ポルトフォイユと武豊騎手のコンビが「必然」と書いた理由が分かっていただけるのではないだろうか。

ポルトドートウィユはデビューから数戦、別の騎手とコンビを組んでいた。しかしポルトフォイユは新馬戦から武豊騎手が手綱を握ることに。となると、余計に夢は大きく広がってくる。

ポルトドートウィユはダービーこそ惨敗に終わったが、きさらぎ賞2着、京都新聞杯2着と、重賞戦線で活躍した。何より血統レベルを見れば、上のクラスで活躍できる可能性が高いことは一目瞭然だろう。ポルトフォイユも同じように可能性を秘めている。

良血とは才能だ。

しかも彼はそんじょそこらの良血ではない。日本を代表する一族、名家の生まれだ。

武豊騎手はポルトドートウィユについて「ダービーに出なければいけない馬」と話していた。デビュー前にダービーどうこうというのは時期尚早であるが、ポルトフォイユに関しても同じことが言えるはずだ。

目指すは世代の頂点。ポルトフォイユと武豊騎手のコンビがお披露目となる。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
スマートノエル&武豊騎手が2.6秒差で圧勝!生粋のダート血統も過信は禁物?
マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?
大健闘ではなく残念な5着!白毛馬ブチコに期待したからこそ残念がるワケ
メドウラークがタニノギムレットの代表産駒へ?成長力秘めた血統に集まる期待



兵庫の宝オオエライジンが去って一年…帝王賞の全馬完走と“想いの継承”を願う


あれから一年…。

帝王賞が6月24日に行われます。昨年は兵庫の宝・オオエライジンの最期となったレースです。直線、外に寄れていく姿を見て以降、頭の中が真っ白になりました。そして、オオエライジンは育った兵庫に戻る事なく6歳という若さで競走馬として幕を下ろしました。後日、園田競馬場内だけでなく大井競馬場にも設置された献花台には溢れんばかりの花束や写真、想いが綴られた手紙など多くのファンから愛されていたんだという事が伝わる風景でした。

140704

夢、希望を抱かせてくれ、敗戦の悔しさ、壁の高さという厳しさを叩きつけられても挑み続けるオオエライジンに自然と惹きつけられ、いつの間にか「兵庫のオオエライジン」が全国でも応援される存在となったと思います。ここで少しではありますが、オオエライジンの戦績を振り返って行こうと思います。

父キングヘイロー、母フシミアイドルという血統で2008年5月に伏木田牧場で生まれたオオエライジンは2010年8月に兵庫・橋本忠厩舎からデビュー。もともと脚元が弱かった事もあり順調に使えない(2歳時、3歳時に一度ずつ除外と取り消しとなっている)時期もありましたが、2歳時には兵庫若駒賞と園田ジュニアカップを制覇。3歳時は菊水賞や兵庫チャンピオンシップには使えなかったものの兵庫ダービーを制した後は大井・黒潮盃や笠松・岐阜金賞を勝つなど兵庫競馬だけでなく各地で活躍。

そして、地元の誰もが「この馬なら中央馬にも!」を胸にデビュー10連勝で挑んだ兵庫ゴールドTで初めての敗戦。ここからオオエライジンにとっては中央馬というのは「越えなければいけない壁」という存在となりました。

翌年の2012年は兵庫大賞典こそ快勝するも、中央馬相手には中距離だけでなく1200m戦に挑むなど試行錯誤。そんな中、園田金盃でニシノイーグルの猛追に敗れ初めて地元馬相手に敗戦。そして年末の兵庫ゴールドTも3着と敗れた彼に待っていたのが突然の南関東への電撃移籍でした。

しかし、2013年早々南関東に移籍した彼は鼻出血が原因で南関東では出走することなく再び兵庫競馬に戻ってくる事となりましたが、デビューから所属した橋本忠厩舎ではなく寺嶋厩舎へと変わり主戦も木村健騎手から下原理騎手へと乗り替るなどオオエライジンの周辺は慌ただしく変化。そして、迎えた10月の復帰初戦は不良馬場ではあったものの勝利。

806_KA2_0187

この時に「帰って来た兵庫の宝物!」と実況でこの言葉が快勝したオオエライジンに向けて送られました。ファンも関係者も誰もがオオエライジンの復帰を待っており、その気持ちがあの実況に代弁されたようでした。その後、昨年敗れた園田金盃を勝利しオオエライジンは2013年シーズンを終えました。

年明け早々、川崎・報知オールスターカップへ遠征するものの突然のトラブルで鞍上の下原理騎手が現地に間に合わず急遽張田京騎手へと乗り替り。レースはアウトジェネラルとの叩きあいをハナ差制して南関東では2度目の重賞制覇を果たしました。その後、交流重賞を2戦走るも掲示板を確保するものの勝てなかったものの兵庫大賞典ではエーシンクリアーやハルイチバンという若い世代の馬に完勝し、春の目標を帝王賞と定めました。

811_KA3_0641

結果的にはこの兵庫大賞典が最後の勝利となり、そして起きたアクシデント…。

通算成績26戦16勝、重賞10勝。中央相手の交流重賞では9回挑むも、3着2回という成績が最高。しかし、掲示板は5回確保と立派な成績を残しました。

明日は、その帝王賞。空の上から全馬無事に走りきれるように見守ってほしいものです。

兵庫競馬には、何とかこのオオエライジンの功績を残してほしいものです。実際、笠松競馬では協賛レースながらもファンの方々による「オオエライジンメモリアル」という冠レースが実施されたほど。兵庫競馬でもオオエライジンの功績を讃えるものを作ってもらいたいものです。それには、いくつもの壁はあるのかもしれませんが実現してもらいたいものです。

個人が出来る事を主催者側が出来ない訳ではないと思います。そして、それがファンの想いでもあることを知っててもらいたいものですね。1周忌となる今月25日にはファンの方が主催の企画も行われる訳ですから何とかこのような想いに応えて頂きたいと思います。

そして、オオエライジン亡き後、兵庫デビュー馬から同じく全国で活躍している、またはこれから狙う馬が現れています。それがGDJ3歳シリーズを制したトーコヴィーナス、彼と同じく兵庫ダービー馬となり全国での活躍を狙うインディウム。この2頭にはオオエライジンの背中を追いかけいつかその背中を追い越す存在にまでなってほしいものです。

また、オオエライジンの半妹であるエンジェルツイートが今年初子を産んだという情報も以前にありました。オオエライジンが残したもの、手に出来なかったタイトルを次の世代の馬たちが実現してくれることを願うばかりです!


トーホウジャッカルが宝塚記念(2015年)で激走したら歴史的名馬になる可能性大?

(C)馬空-競馬写真館-

春のグランプリ、宝塚記念の予想合戦が加熱しています。

「ゴールドシップの3連覇は確実!」

「いやいや、ラキシスが来る!」

「ダービー馬ワンアンドオンリーが復活する!」

特に人気に支持されることが確実な馬たちの周囲はかなりざわついています。

そんな中、ひときわ“不安説”がささやかれているのがトーホウジャッカルです。昨年、菊花賞を制したクラシックホースですが中間に一頓挫あったため、今回が半年以上の休み明けとなります。

久々のレースがGI、しかもGI馬が集う宝塚記念ということで、嫌われることも頷けます。では、本当に休み明けの馬は来ないのでしょうか? 調べてみました。


休み明けの結果は……

2005年から今年の安田記念まで、半年以上の休み明けだった馬の成績を集計すると……

(1−3−2−40)
勝率2%
複勝率13%
単勝回収値3
複勝回収値66

確かにかなりの低水準であることが分かります。では、休み明けにもかかわらず好走した馬たちをピックアップしてみましょう。

ゼンノロブロイ(宝塚記念3着/2005年)
デュランダル(スプリンターズS2着/2005年)
ダイワスカーレット(天皇賞秋2着/2005年)
トランセンド(南部杯1着/2011年)
ペルーサ(天皇賞秋3着/2011年)
グランプリボス(安田記念2着/2014年)

好走した6頭のうち、ペルーサを除く5頭はGIで2勝以上を挙げている歴史に残る名馬でした。

トーホウジャッカルはGI馬ですから好走する可能性がないとは言い切れませんが、歴史に残る名馬クラスの力を持っていなければ馬券に絡むのは難しいと言わざるをえないでしょう。

ただし、反対にいうと、もしこのシチュエーションで馬券に絡んだ場合、歴史に残る名馬になるポテンシャルを秘めた馬、ということができます。

果たしてトーホウジャッカルは休み明けというマイナスファクターを跳ね除けて好走できるのか? 注目ですね。

【関連記事】
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る