カテゴリー:コラム

「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと

(C)slime

「あの頃の競馬は熱かった。それに比べて今の競馬は……」

競馬ファンなら一度は言ったり、聞いたりしたことのあるセリフではないだろうか。

事実、競馬が一番熱かったとされるのは80〜90年代だ。1990年、日本ダービーの入場者数は19万6517人に達した。その年の暮れ、オグリキャップの引退とともに日本経済と中央競馬は終わった。

おそらくもう二度と、中山競馬場に17万人が入ることはないだろう。どんなにスターホースが集まったって、GLAYやサザンやセカオワが無料でライブをやるといっても、そんなに入ることはない(はず、たぶん、いや、きっと。。。)。

ただし、だからといって「あの頃は〜〜〜」といって自分の経験を固辞して若い競馬ファンを半ば冷笑するというのはどうなのだろうか。

はっきり言おう。そんなの、老害でしかない。

昔を懐かしむのは悪くないが……

別に思い出話をすることを否定しているのではない。競馬と思い出話は切っても切り離せない相関関係にある。

「大学を卒業した年のダービーはあの馬が勝ったなぁ」

「仕事で失敗して落ち込んでいたあの時、あの馬がGIを勝ってくれた」

「キズナのダービーが見たすぎて風邪引いた子どもを嫁に任せて東京競馬場に行ったらごはんが出てこなくなった」

おっと、最後の例えは忘れてくれ。そんなクズ、いるはずがない。作り話だ。(そう思いたい)

実際、母体のJRAがそういうCMを作っている。思い出話を推奨している。いや、競馬に絡めた思い出話なんて、せざるを得ない。

余談だが、このCMは史上最強に素晴らしいと思う。広告大賞を差し上げたい。

では、何が問題なのかといえば、以下のような嫌味なおっさんの存在だ。

「TTGを知らないなんて……。それで競馬ファンなのか?」

「オグリキャップの有馬記念を中山で見ていない奴は競馬ファンじゃねぇ」

「今の競馬はクソだ。あの頃はな〜〜〜」

イライラする。わたし、イライラする!いとうあさこばりに、イライラする!

隠してもしょうがないので書くが、私はTTGをリアルタイムで見ていないし、オグリキャップの有馬記念はyoutubeで見た。

だって、90年なんて●歳だったんだもん! 競馬場いけるはずないよ!

そう、そうなのだ。若い世代にとって、昔を知らないことは仕方がない。物理的に不可能なのだ。タイムマシーンがあれば90年の有馬記念を見に行きたい。一つ夢が叶うなら、本当にそうしたい。だけど、ドラえもんはまだ開発されていない。タイムマシーンはないのだ。

そういう、やりたくてもできなかった(やろうとすら考えない純粋無垢なおこちゃまだった、あるいはある人は生まれてすらいない)ことを上から目線で「あの頃はな」なんて言われても嫌悪感しか感じない。

もうそういうおじさまたちは、PCやスマホを使って分析ができる若い世代に屈しておとなしく養分になってもらいたい。いや、してやる。

【次のページヘ】老害になる危険性と僕達にできることって?

ページ:

1

2

ジャングルポケット斉藤を侮るな!馬鹿にしてる競馬ファンのキミはきっと負け組

テレビ東京『ウイニング競馬』の公式HPの画面キャプチャ

土曜日の午後という楽園のような時間に、競馬ファンはむさ苦しい顔面と絵に描いたようなク●を見なければならない。

ああ、なんてことだろう。。。

原良馬さんの優しい笑顔と鷲見玲奈アナウンサーのむっちりボディで辛うじてプラマイゼロになっているが、芸人2人にむさ苦しさしか感じない方も多いはずだ。

しかし、だからといってなぜか嫌いになれない。むしろ彼ら、いや、歯並びの悪い借金まみれの方は置いておいて、彼を単なるむさ苦しい芸人としてしか見ていないとしたら、実にもったいない。

というのも、彼の予想はガチガチのガチなのだ。「何色の、何!?」(©スッキリ)のようなテンションで書いてしまったが、彼の予想はそんじょそこらの評論家とは比べ物にならないほど、ガチで価値がある。

今回はそんなジャングルポケット斉藤慎二さんに迫っていこう。

連敗を馬鹿にしているキミこそ負け組

ジャンポケ斉藤さんの予想は本当に面白い。競馬ファン、特に穴党のあなたなら、毎回「わかるぅー!」と唸っているのではないだろうか?

斉藤さんはほとんど人気馬を軸にしない。軸にしたとしても人気薄とのワイドや3連単、3連複の2頭軸流しの相手としてはめ込むくらいだ。

常に買い目に穴馬を組み込む。10倍以上つく穴馬の単勝はもはや当たり前。二桁人気馬の複勝なんてのも基本。時には超人気薄2頭のワイドなんて買ってみたりする。

馬鹿だ、本当に馬鹿だ。

そんな馬券、当たるはずないのだ。番組内で「何十連敗」を売りにしているが、当たり前なのだ。そんな馬券が毎週当たっていたら、競馬新聞はいらなくなる。東スポの虎石さんも、岡本さんも、番組を降板しなければいけない。

ただし、じゃあ無鉄砲な予想かといえば、決してそうじゃない。「連敗」というだけで馬鹿にしているそこのキミは、正座してから読み進めるといい。

【次のページヘ】斉藤さんは冗談じゃなく、地上波最高峰の予想家?

ページ:

1

2

モーリスが絶対王者になる理由とは?四重苦を跳ね除けた安田記念馬の未来予想図

(C)masakin0712

不安説を一蹴する王道の競馬で新マイル王の座についた。

6月7日に行われた安田記念(GI/東京芝1600m)で1番人気に支持されたモーリス(牡4)は、追いすがるヴァンセンヌを振り切り、GI初制覇を達成した。

このGI制覇、新たな時代の幕開けになるかもしれない。というのも、安田記念におけるモーリスは数々の不安要素を抱えていた。決して弱くない追い風の中でGIを勝ち切ってみせたのだから、相当力が抜けていたと判断できる。

なぜ、そこまでモーリスを評価できるのか。その理由に迫っていこう。

四重苦を跳ね除けた圧倒的な力

レース前、モーリスが明確な不安要素を抱えていることは記事で触れていた。

●詳細→圧勝か惨敗か?モーリスという馬が安田記念で危険視される4つのワケ

・血統
・斤量
・出遅れグセ
・騎手

まずは血統面だ。スクリーンヒーロー産駒は東京の芝コースでわずか1勝しか挙げていなかった。

(1−5−7−41)
勝率2%
複勝率24%
単勝回収値6
複勝回収値217
※2015年5月末時点

モーリスが勝ってやっと2勝目を挙げたことになる。安田記念は消耗戦になりやすいため、父非サンデー系に向いているという側面はある。実際、今年も消耗戦になったことはモーリスにとって好都合だった。

もっとも、産駒全体の傾向として決して向いた舞台ではなかったわけだから、力がなければ勝ち切ることは不可能だった。

また、斤量の問題も見事にクリアしてみせた。前走55キロから一気に3キロ増えて58キロというのは、大きな試練だった。事実、過去10年の安田記念で斤量がプラス2キロ以上だった馬の成績は(0−0−3−21)。並大抵の実力では乗り越えられないハードルだったといえる。

さらにレースを振り返ると、懸念されていたスタートに成功し、東京マイルの成績が芳しくない川田将雅騎手が素晴らしい騎乗を披露した。モーリスがしっかりとスタートを切って4コーナーで3番手につける展開を想像した方は少なかったのではないだろうか。

以上のように“4つの逆風”をもろともせずに勝ち切った姿は“新マイル王”にふさわしかった。

【次のページヘ】“怪物”の将来性と今後の課題とは?

ページ:

1

2

HBAトレーニングセールに潜入!カジノドライヴやワークフォースら新種牡馬で好評なのは?


【鈴木一郎のトレーニングセール潜入記】

少し前の話になりますが、北海道の札幌競馬場へトレーニングセールに参加してきました。そこから、今年の期待種牡馬や産駒を紹介します。

アサクサキングス(父ホワイトマズル)
ヴィクトワールピサ(父ネオユニヴァース)
カジノドライヴ(Mineshaft)
キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン)
ダノンシャンティ(父フジキセキ)
ナカヤマフェスタ(父ステイゴールド)
ビービーガルダン(父チーフベアハート)
ベーカバド(父Cape Cross)
ワークフォース(父キングズベスト)

以上が新種牡馬で今年セールに上場されていたリストです。

中でも人気はワークフォース。前評判ではスピードが足らない印象が強かったのですが、調教していくにつれ意外なほど瞬発力があり、トレセンでも

「今年はワークフォースが良いぞ!」

と評判が上がるほど良い産駒が出ているようです。

セールでも3頭中全頭が売れ、その内2頭が1800万、3050万というセール上位の値段で購買されました。

確かに、下見では非常に好馬体で体の柔らかみがありましたし、公開調教でも破格時計を出していましたから妥当な結果だと思われます。

他気になったのがカジノドライブ。ダート馬らしいカチッとした体格の子が多く、3/2が売れていました。

大体この時期のこのセールは、成長早めでダートの短距離馬が抜けて見えますから売れるのは当然ですね。デビュー後活躍するかどうかはわからないですが。

新種牡馬以外では、スウェプトオーヴァーボードの評価が高く…ってこれも早熟ダート短距離じゃないですか!?

と言うことで将来性を見据えた上での期待は、アドマイヤオーラ産駒でした。(王道種牡馬は外しています)

アドマイヤオーラ産駒は、今年残念ながら本馬は亡くなりましたが、産駒が異常な勝ち上がり率!肌馬の質が良くない中45%以上が勝ち上がっているのは尋常ではないです!と言うことで今年の期待度No.1はこの馬。

シルクシャープネス2013

こちらは今年3歳ダートでブレイク中のクロスクリーガーと4/3同配合。シルクシャープネス自身も3勝を上げてていて、初子は地方ながらも6勝と活躍しています。

公開調教での時計こそそこそこでしたが、動きも悪く無く、バランスも整っていました。落札額は1160万で、これはかなり期待です!

と言うことで、トレーニングセールから見た今年期待の産駒は……

アドマイヤオーラ
ワークフォース

の産駒でした。

【文】=鈴木一郎
乗馬や牧場での調教経験などから、馬主側または管理側からの目線で馬を考察。現在は馬主側の立場として活動している

【関連記事】
ハーツクライ産駒の特徴と買い時って?鳴尾記念のマジェスティハーツから学べ
競馬で勝つための方法って?前走不利を受けた馬を狙う重要性
“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である


池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?

(C)masakin0712

池添謙一騎手はオルフェーヴルやドリームジャーニー、デュランダルといった名馬に騎乗し、大一番で勝負強さを発揮してきた。

もっとも、もともとは2002年の桜花賞で13番人気アローキャリーに騎乗し、まさかの勝利で観客を唖然とさせたように“穴男”の一面も持っている。

そんな穴派の競馬ファンから支持を集めた穴男が、2015年絶好調なのだ。その足跡を振り返ってみよう。

5番人気以下の池添騎手に要注意

まずデータを示そう。池添騎手が「2015年に5番人気以下の馬に騎乗した際の成績」だ。(※データは5月末時点)

騎乗回数:154回
着度数:10-10-12-122
勝率:6.5%
連対率:13.0%
複勝率:20.8 %
単勝回収率:138%
複勝回収率:141%

5番人気以下の馬に騎乗して高い回収率を記録している騎手は他にもたくさんいる。

しかし、それらは騎乗回数が極端に少ないか、ホームラン級のレースによって回収率が上がっているケースがほとんど。100回騎乗して99回負けたとしても、1度単勝200倍の馬で勝てば、その騎手の単勝回収率は200%となる。

一方、勝率は1%にとどまる。もう一度穴を開ける可能性は低く、馬券を買う側からすると、参考にならないデータといえる。

だが、池添騎手の場合、勝率、複勝率ともに高い数字を記録している。コンスタントに穴を開けていることを示し、馬券を買う側からすると“狙いやすい騎手”といえるのだ。

【次のページヘ】本当にマグレじゃないの?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る