カテゴリー:コラム

矢作厩舎の流儀と狙い目は?開成調教師・リーディングトレーナーを切る

(C)minafl

5月31日に東京競馬場で行われる第82回東京優勝・日本ダービー(GI/芝2400m)に、皐月賞2着のリベンジを期してリアルスティールを送り込む矢作芳人調教師。

12年ディープブリランテ以来のダービー制覇に向け、厩舎全体の意気も上がっている。

今回はそんな矢作厩舎にスポットを当て、データ面からその特徴を探っていく。

圧倒的な出走数の多さ

まず矢作厩舎の特徴といえば、圧倒的な出走回数の多さだ。過去1年(14年5月31日~15年5月24日)の矢作厩舎の出走数は513回。2位の山内厩舎が390で、10位の牧厩舎が350回であることからも、矢作厩舎の出走数が他厩舎よりもずば抜けて多いことがわかる。

より多くの賞金を稼ぎ、効率よく馬房を回転させようという中ででも、リーディングを獲得するほどの成績を残せるのは、調教師、厩舎スタッフが一体となった努力の賜物だろう。

ただ、ファンからすると出走回数が非常に多いため、勝負気配を読み取りにくいことは確か。そこで今回は、これからの夏競馬シーズンを中心に、ファンの参考にできそうなデータをご紹介したい。

ある騎手とのコンビで儲けろ!?

矢作厩舎の騎手起用で注目したいのは、先日美浦から栗東所属に変更となった中谷雄太騎手。実質的には昨年も栗東中心に騎乗しており、特に調教を手伝っている矢作厩舎の馬に騎乗する機会は多い。

しかし原則的には能力の低い馬を依頼することが多く、中でも中央場所には有力騎手がいるため、馬券に絡む機会はほとんどないと言っていい。

その代わりに狙い目となるのがローカル開催だ。ローカル開催は騎手が手薄になる。中谷騎手に有力馬の依頼が来ることも少なくない。ローカル開催において中谷騎手が騎乗した1~6人気の馬の成績は【7-3-2-7】(12年以降)。過去の中谷騎手の成績を鑑みると、この勝率は驚異的であり、夏の北海道シリーズで注目しておきたい。

盤石仕上げのデビュー戦

もう1つ、これからの季節に注目したいデータがある。ダービーが終われば、翌週から始まるのが新馬戦だ。

矢作厩舎は新馬戦の成績が非常に良く、12年以降(13-17-10-59)で勝率13.1%、複勝率40.4%。単勝・複勝回収率ともに100%を超えている。昨年の6月以降で見ても勝率18.8%、複勝率は40%で同じく好成績だ。

効率よく馬房を回転させる、ということは無駄な出走はさせないということ。勝ち上がりが早ければそれだけローテーションにも幅が広がるため、新馬戦からしっかりと仕上げ勝利を狙う。もちろん上位厩舎であれば、素質馬を新馬戦からきっちりと勝利に導くのだが、矢作厩舎は中穴人気の好走も多いため、こうした回収率をはじき出している。

最多勝から、更なる高みへ

昨年、リーディングトレーナーとなった矢作調教師だが、意外にも重賞勝利はゼロ。本人にも悔しい思いはあるだろう。ただ、管理馬を見ると層が薄かったことは否めない。代わりにここまで現3歳世代の勝ち上がり数(地方交流戦除く)は、全調教師中トップの23頭だ。

2月には素質馬リアルスティールが共同通信杯を勝ち、さっそく重賞タイトルを手にした。昨年の最多勝を受けて、今年の2歳馬の馬質がさらに向上することも大いに考えられる。

さらにダービーで好走馬を出せば……評価は揺るぎないものとなるはずだ。

皐月賞のリベンジを果たす意味でも必勝体制で臨むはず。いざ、ダービーへ。矢作厩舎から目が離せない。

【関連記事】
日本ダービー(2015年)追い切り・調教診断!有力馬の状態は?
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?


(C)minafl

2014年に史上3頭目の天皇賞春連覇を達成したフェノーメノ。今年は史上初となる3連覇に向けて期待が高まったが、追い切りの際に繋靭帯炎を発症して出走を断念。そのまま引退することになった。

GI2勝の実績が評価されて社台スタリオンステーションで種牡馬入りが決まり、新たな馬生を歩むことになる。

では、フェノーメノは種牡馬として成功できるのだろうか? 種馬としての可能性を検証していこう。

熾烈を極めるステイゴールド産駒の種牡馬事情

実はステイゴールド産駒はディープインパクト産駒に勝るとも劣らない競争率となっている。

まず3冠馬でGI6勝のオルフェーヴルが思い出される。凱旋門賞で2年連続2着となったり、阪神大賞典で暴走したりと、人気と実力を兼ね揃えた最強後継種牡馬であることは間違いない。

ただし、彼だけではない。その全兄で2009年の春秋グランプリを連覇したドリームジャーニー、2010年に宝塚記念を制して凱旋門賞で2着となったナカヤマフェスタなどが既に種牡馬入りを果たしている。

さらに現役にはGI6勝のゴールドシップがいて、引退後は種牡馬入りが確実視されている。

まさにステイゴールド産駒の“大渋滞”が巻き起こっているわけだ。

長距離GI2勝というパンチ力不足

オルフェーヴルやゴールドシップに比べてキャリアのパンチ力に欠けていることも、フェノーメノにとってネガティブなポイントだ。

現代の馬作りでは「クラシックディスタンスで結果を出せるかどうか」が重視されている。すべてのホースマンが目指す日本ダービーや、日本における最高賞金レースであるジャパンカップはどちらも芝2400mだ。

年間で4レースしか行われない3000m以上の重賞ウィナーより、2000〜2400mで勝った馬が重視されるのは当然の流れといえる。実際、長距離GIは軽視されがちで、デルタブルース(菊花賞馬)やマイネルキッツ(天皇賞春馬)らは種牡馬入りすらできなかった。

フェノーメノのGI勝ち鞍は天皇賞春の連覇のみ。どうしても見劣ってしまうのだ。

天下の社台スタリオンステーションで種牡馬入りという光脈

もっとも、ポジティブな要素もある。種牡馬入りするスタッドが社台スタリオンステーションという点だ。

社台スタリオンステーションといえば競馬界の誇る最高の種牡馬が管理される施設である。ディープインパクトキングカメハメハハーツクライといった名だたる種牡馬がズラリ。

となれば、良質の繁殖牝馬が種付けに訪れることは言うまでもない。ライバルが多いとはいえ、社台スタリオンステーションに種牡馬入りしたということは「大きな期待の表れ」といっていい。

フェノーメノのGI勝利は天皇賞春の2回のみと書いたが、天皇賞秋やダービーで2着になるなど、中距離でも結果を残していた。その点が評価されて種牡馬入りしたのだとしたら、社台グループが保有する良血牝馬と交配する可能性も十分にある。そうなれば、成功への道を歩むこともできるはずだ。

差別化できる血統

血統面も他のステイゴールド産駒たちと大きな違いがある。オルフェーヴルやゴールドシップ、ドリームジャーニーはいずれも母父がメジロマックイーンだ。この配合はいわゆるステイゴールド産駒の黄金配合である。ただ言い換えると、同じような配合の馬が“飽和状態”とも表現できる。

極端な話、ステイゴールド×メジロマックイーンの配合馬が種牡馬として成功できないとわかった場合、他の配合馬にチャンスが巡ってくる可能性はある。

フェノーメノは母父デインヒルと、上記の3頭とは一線を介している。母の半兄がジャパンカップ2着のIndigenousというのも血統レベルの高さを感じさせる。

血統が良いというのは才能だ。良血馬でなければ大レースで勝てる可能性は格段に低くなる。そういう意味でフェノーメノは種牡馬として活躍できるだけのポテンシャルを秘めた血統といえる。

輝き続けるフェノーメノから受け継がれる血

今は亡きステイゴールドの血が産駒たちによって未来に繋がれているという状況は大変喜ばしいことだ。

ただし、フェノーメノが種牡馬として成功するためには強力なライバルたちに勝たなければならない。決して簡単なミッションではないだろう。

もっとも、成功できる可能性が限りなくゼロに近い、というわけではない。彼は父が果たせなかった社台スタリオンステーションでの種牡馬入りという難しいミッションをクリアした。チャンスを得たわけだから、成功の可能性は高まったといえる。

“怪物”として親しまれた天皇賞馬は種牡馬としても称賛を勝ち取れるのか。注目してみていきたい。

【関連記事】
“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
ウインバリアシオンが青森で種牡馬入り決定も…待ち受ける厳しい現実
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ


福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く

(C)Minafl

福永祐一騎手がダービージョッキーへの挑戦権を得た。

5月31日に東京競馬場で行われる第82回東京優駿・日本ダービー(GI/芝2400m)にリアルスティールとともに臨むのだ。リアルスティールは共同通信杯を制し、皐月賞で2着になった世代屈指の有力馬だ。当日は皐月賞馬ドゥラメンテに次ぐ2番人気に支持されることが確実視されている。

果たして福永騎手は“悲願”を達成できるのか。彼の挑戦の歴史と、可能性について探っていこう。

ほろ苦すぎるダービーデビュー

福永騎手は今日、トップジョッキーのひとりとして評価されている。有力馬を任されることも少なくない。ただし、いまだにダービーを勝てていない。

福永騎手の苦悩の歴史は、1998年に幕を開けた。そしてこの騎乗が後の苦悩を予見するものだった。デビュー以来、コンビを組み続けたキングヘイローに騎乗すると、皐月賞で2着になったこともあって2番人気に支持された。

しかし、福永騎手は愛馬を抑えることができず、デビューから一度もやったことがなかった逃げの手を打つことに。結果、2番人気ながら14着と大敗してしまった。彼自身、後に「失敗だった」と認めるほど、想定外の騎乗をしてしまったのだ。

以降、ダービーでは1番人気1頭を含め、5番人気以内の有力馬6頭に騎乗したが、最高成績は2着(2回)。トップジョッキーでありながら、皐月賞を含めて春の牡馬クラシックは無冠となっている。

●詳細→福永祐一騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”

苦戦の理由

福永騎手が牡馬のクラシックで勝てないのは、騎乗スタイルがオーソドックスすぎる点にある。上記したリンク先から引用しよう。

実績のとおり、平場では最も買える騎手の1人だ。ソツのない騎乗をするため、才能のある馬を普通に勝たせることはできる。だから、多くの陣営が福永騎手に騎乗を依頼する。

ただし、「ソツのない」というのは必ずしも褒め言葉ではない。例えば「無難」と言い換えることができる。この「無難な騎乗」は平場ではいいかもしれないが、重賞レベルになると足元をすくわれるケースが多い。

特にGIはすべての騎手が勝ちたいと思っている。そういった環境で80点の騎乗をしても、100点の騎乗をしたジョッキーに勝利をかっさらわれてしまうのだ。

なお、皐月賞では100点に近い騎乗をしたが、ドゥラメンテの反則級の末脚に屈した。いい騎乗をしても、それを上回る何かに邪魔されて栄冠を取り逃してきたわけだ。

再び苦戦を強いられる?

今回はワールドエースやエピファネイアの時と同じくらい、チャンスがあると捉えていい。騎乗馬の質としては期待が持てる。

ただし、福永騎手自身がダービーを苦手にしている点は気になる。例えば皐月賞と比較してみよう。

皐月賞は勝っていないものの(0−4−2−8)と比較的いい成績を残している。2着が4回、3着が2回の他にも5着が3回あり、掲示板率は64%だ。

一方、ダービーは大敗することが多く、掲示板率は33%程度。アサクサキングスに騎乗して2着になった年は完全な“展開利”だったことを考えると、「福永騎手だから好走できた」というのはエピファネイアくらいしかいない。

今年も簡単な挑戦でないことは確かなのだ。

呪縛を打ち破れるか

もっとも、連敗記録というのはいつか止まるもの。今の福永騎手の技術と騎乗馬の質であれば、ダービーを勝っても不思議ではない。

幸い、今年はダービーを狙えるパートナーとともに参戦する。

キングヘイローに騎乗してから17年、福永騎手がどんな騎乗をするのか、注目したい。

【関連記事】
福永騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”
ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


桜花賞とオークスの結果から見る秋が楽しみな伏兵3頭とは?

(C) Yusuke Tsutaya

2015年の牝馬クラシック2冠が終わりました。

超スロー(前半37秒1上がり33秒5)でレッツゴードンキが逃げ切り勝ちを果たした桜花賞。

規格外の牝馬だった2012年のジェンティルドンナの2分23秒6を除けば、過去10年で一番速い時計2分25秒0を記録したミッキークイーンのオークス。

春の2冠は全く違う質の競馬となりました。今回はこの2レースを振り返ることで“秋の主役”になる可能性がある馬を探っていくことにしましょう。

伏兵3頭って?

今年のオークスは桜花賞出走組が実に13頭も出走していました。2014年が6頭、一昨年が8頭だったのですから、今年はかなり多かったと言えます。

そこで、桜花賞とオークスの結果から秋が楽しみな馬、中でも伏兵と思われる3頭をピックアップしてみました。

桜花賞からオークスと順位を上げてきた馬は6頭でした。

馬名 桜花賞 人気 オークス 人気 注目
ルージュバック 9着 1番人気 2着 1番人気
アースライズ 8着 15番人気 4着 13番人気
アンドリエッテ 6着 4番人気 5着 7番人気
ローデッド 15着 13番人気 6着 14番人気
ココロノアイ 10着 2番人気 7着 4番人気
トーセンラーク 17着 18番人気 15着 17番人気

この中で、ルージュバックやココロノアイは常に人気だったのですから、伏兵というのは失礼。トーセンラークはさすがに力の差が明確。ということでこの3頭を除くと、残ったのがアースライズ、アンドリエッテ、ローデッドの3頭です。

3頭の中では人気になっているアンドリエッテは馬体が抜群。「ベストターンドアウト賞」(最も美しく手入れされた馬を担当する厩務員を称する賞)があれば有力候補となっていたでしょう。桜花賞、オークスともいい末脚を発揮していますので成長して前目で競馬を運べるようになれば、春のクラシックで上位にきた馬たちを負かすことになるかもしれません。

そして面白いのがアースライズとローデッドです。

ともに桜花賞、オークスとも二桁人気ながらオークスは4着と6着と順位を上げてきました。

アースライズは、最後の直線で伸び悩む人気馬をあざ笑うかのようにしっかりと伸びてきました。脚色は素質を見せてくれましたし、先述のアンドリエッテとの末脚勝負にも負けず掲示板に載ってきました。

ローデッドは先行して直線で見せ場を作っていました。この馬は兄弟にオースミハルカやオースミグラスワンを持つ血統馬ですので、成長が期待できそうです。

実りの秋になるように……

今年の秋華賞は10月18日。まだまだ先と思っていても実はもう5か月を切っているのです。

秋が楽しみなアースライズ、アンドリエッテ、ローデッドの伏兵3頭が無事に夏を過ごし、成長してくれることを期待しています。ミッキークイーン、ルージュバック、クルミナルのオークス上位3頭を負かすシーンがあるかもしれませんよ!

【関連記事】
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜
サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ
インカンテーションの血統や今後の展望は?平安ステークスの覇者を徹底分析


アジアエクスプレスの課題とは?不振の理由から見えた復調への選択肢

(C)arima0208

アジアエクスプレス(牡4)は平安ステークス(GIII/京都ダート1900m)で2015年の3戦目を迎えた。

名古屋大賞典で2着、アンタレスステークスで2着と惜しい競馬が続いていたため、平安Sでも人気に支持されることになったが、直線伸び切れずに5着に終わった。前走のアンタレスSでは勝ち馬のクリノスターオーに目標とされ、最後に交わされることになった。今回は反対にクリノスターオーの後ろでマークする形となったが、策は実らなかった。

なぜアジアエクスプレスは負けたのか。敗因に迫っていこう。

調教の変化

アジアエクスプレスの変化は調教に見ることができる。

元々調教駆けする馬ではなく時計にインパクトはないのだが、2015年になって坂路で追うことが少なくなり、ウッド追いがメインになっている。少々気がかりな点といえる。

平安Sに向けた調整の中、坂路で追われた数は5本、時計になったのは4月30日の1本のみ。前走のアンタレスステークスを見ても、坂路追いは4本で時計になったのは1本だった。

大前提として、競走馬が10頭いればベストな調整法が十通りある。一概に「これがベスト」と決めつけることはできない。ただし、アジアエクスプレスは最終追いきりを坂路で行った場合、すべてのレースで1着になっている。(2歳新馬、オキザリス賞、レパードステークス)

坂路追いである程度結果が出ているのに、やらなくなってしまったのだ。

一方でインカンテーションは過去、CWを中心に調整を行ってきた。しかし、今は坂路中心となている。5月に入り8本の坂路調教をこなし、最終追い切りでは5F53秒4、ラスト1F12秒8と好タイムを叩き出している。

東西のトレセンで施設の違いがあるため一概にどちらがいい、悪いという話はできない。ただし、数字が実証している点を考えれば少なからずこういった要素も影響はあると判断できる。

Henny Hughes産駒の特徴を暴く

Henny Hughes産駒で4勝以上を挙げているのはアジアエクスプレス、ヘニーハウンド(牡7歳)、ケイアイレオーネ(牡5歳:抹消済)の3頭だ。

ヘニーハウンドの挙げた4勝の内3勝は2歳及び3歳時に挙げたモノであり、ケイアイレオーネも4勝の内3勝は2歳時の頃である。

同じくアジアエクスプレスも4勝の内3勝は2歳時に挙げた勝利である。この戦績を見ると嫌でも「早熟」という言葉が思い浮かんでしまう。

また、ヘニーハウンドの勝ち鞍4勝は1200〜1400m、ケイアイレオーネは2000mで1勝を挙げているものの、1400mで3連勝を飾っている。となると、1900mの平安ステークスでは距離が懸念材料になったと考えることもできる。

選択肢はまだ豊富に存在選択肢

アジアエクスプレスは今後、どのような路線を歩むのか。興味は尽きない。

例えばダート短距離に矛先を向けてみてもいいかもしれない。7月に開催されるプロキオンステークス(中京ダ1400m)に向けて調整という選択肢もあれば、地方競馬のグレード競争という選択肢もある。

あるいは思い切って芝の短距離を使ってみても面白いのではないだろうか。前述のとおり、アジアエクスプレスは短距離で力を発揮する血統背景を持っている。しかも自身が朝日杯フューチュリティステークスを勝ったように、芝に適正がないわけではない。

平安Sでは敗退となったが、豊富にある選択肢を考慮すれば悲観することはないだろう。4歳という年齢を考えてもまだまだ期待を込められるはずだ。

【関連記事】
サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
インカンテーションの血統や今後の展望は?平安ステークスの覇者を徹底分析
ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る