カテゴリー:コラム

マリアライトの血統や将来性は?マーメイドS2着馬を徹底分析

(C)arima0208

6月14日に阪神競馬場で行われたマーメイドステークスで2着に入ったのは1番人気に支持されたマリアライトだった。人気に応え、重賞初挑戦初勝利とはならなかったが、2着に入って実力を示す結果となった。

マリアライトの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

マリアライトは父ディープインパクト、母クリソプレーズ、その父エルコンドルパサーという血統。ディープインパクト産駒は12年1着グルヴェイグ、13年1着のマルセリーナに続いて3度目の連対となった。なお、11年と昨年はディープインパクト産駒の出走がなく、まだ3例だけだがこれで産駒が出走した年は必ず連対したことになる。

父ディープインパクト、母父エルコンドルパサーの配合はまだ頭数が少ないが、その中から今年の共同通信杯と毎日杯で3着となりプリンシパルステークスを勝ったアンビシャスが出ている。今後も楽しみな配合だ。

母系に流れるダートの一流血統

マリアライトはなんといっても母系のスケールが魅力的。父ゴールドアリュールの半兄クリソライトは13年ジャパンダートダービーを勝ち、昨年JBCクラシックでも2着と、ダート界のトップクラスを走り続けている。父ゼンノロブロイの半兄リアファルも、兵庫チャンピオンシップ2着など、3歳のダート戦線で注目される1頭だ。

そして母の全弟は06年ジャパンカップダート勝ち馬のアロンダイト。全兄のフォルトファーレンは500万で足踏みが続いているが、本馬は牝馬である分、軽さが出たのか、芝でここまで勝ち上がることができた。ダート界の超良血ではあるが、ここで芝向きの産駒を出すのはさすがディープインパクトといえるかもしれない。

ただやはり、キレは一般的な同産駒に比べると劣る。4勝中2勝が道悪で、準オープン勝ちの前走も東京にしては上がりのかかる展開となったことでエンジンのかかりの遅さを補うことができたものだった。母父エルコンドルパサーには、アイムユアーズのように3歳春から活躍する馬もいれば、4歳秋にオープン入りしたブレイズアトレイルのような遅咲きのタイプも少なくない。この馬は後者で、まだまだ成長の余地は残している。

それだけに東京や京都のような高速上がりが求められるコースでも強い競馬をする可能性も否定できない。ただし、現状はコーナーから動いていけるコースや瞬発力の優先度が低い条件が得意といえるだろう。

【関連記事】
シャトーブランシュの血統や将来性は?マーメイドSの覇者を徹底分析
エイシンヒカリが秋のGI戦線へ!路線は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップか
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
「競馬?興味ねぇし」なんてサッカーオタクが競馬バカになる5つの理由
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと


シャトーブランシュの血統や将来性は?マーメイドSの覇者を徹底分析

(C)Ogiyoshisan

6月14日に阪神競馬場で行われた牝馬限定のGⅢ・マーメイドステークス(芝内回り2000m)は、8番人気のシャトーブランシュが豪快に差し切り、念願の初重賞タイトルを手にした。鞍上の藤岡康太騎手は、昨年のディアデラマドレに続き、このレース連覇となった。

シャトーブランシュの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

シャトーブランシュは父キングヘイロー、母ブランシェリー、その父トニービンという血統。キングヘイロー産駒のマーメイドS勝ちは初めてで、JRA重賞制覇は本年のアメリカジョッキークラブカップのクリールカイザー以来、9勝目となった。なお、マーメイドSで格上挑戦馬が勝利するのは、近10年で6頭目だ。また、母父トニービンはこのレースに相性がよく……

04年 1人気1着 アドマイヤグルーヴ
10年 4人気3着 テイエムオーロラ
12年 1人気1着 グルヴェイグ
12年 7人気2着 クリスマスキャロル

と複数の好走馬を送り出している。加えて同系統のグレイソヴリン系種牡馬コジーンを母父に持つサンレイジャスパーも06年、07年と連続で2着に好走している。

兄弟は、父がフジキセキながら芝2200m以上で4度馬券になったウインフロレゾンなど。母系を辿ると、父がサクラバクシンオーながらダート2400mで勝ち、入障後は冬春J・GⅠ連覇を成し遂げたブランディス、ホッカイドウ競馬の中長距離重賞で長く活躍したオースミシュネル、芝2000m以上で3勝し、現準オープン馬のエーシンハクリューなどがいる。距離を問わず活躍できる資質を持っているわけだ。

祖母は格上挑戦した92年のクイーンステークス(当時は秋の中山開催)で3着したメゾンブランシュで、相手強化にも格負けしない強さを受け継いでいるのかもしれない。

秋の最大目標は……

距離に問題はなく、今後は秋のエリザベス女王杯が最大目標になりそうだ。キングヘイロー産駒は代表産駒の1頭、カワカミプリンセスが06年に12着降着ながら1位入線を果たし、翌年も2着と好走している。

ただし、戦績を見てもわかるように軽い芝でキレが要求される馬場は得意ではない。過去、芝の稍重~不良では(1-2-0-2)で、そのうち重馬場の13年ローズSで8人気2着。重馬場の14年愛知杯も4着だったが、追い込み決着になったレースで早め先頭に立ち粘ったのだから、着順以上に評価できる内容だった。

大舞台で輝くためには、12年にレインボーダリアが勝った日のような恵みの雨がほしいところだ。

【関連記事】
エイシンヒカリが秋のGI戦線へ!路線は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップか
新種牡馬アンライバルド産駒トウショウドラフタが新馬勝ち!将来性は…
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
「競馬?興味ねぇし」なんてサッカーオタクが競馬バカになる5つの理由
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと


「競馬?興味ねぇし」なんていうサッカーオタクが競馬バカになってしまう5つの理由

(C)JIN

別にこのつたない文章でサッカーファンのキミが競馬を好きになるとは思わない。が、しかし、だ。実際のところ、サッカーと競馬には多くの共通点がある。

サッカーが好きな者は競馬を好きになるポテンシャルを持っている。

いや、言い換えよう。

サッカーファンが競馬を好きにならない理由がない。

なにせ、僕自身が熱狂的なサッカーファンだった。

自慢じゃないが、昔はサッカー雑誌の編集部にいた。死ぬほど働いて死にかけた。金曜日の夜に校了(完成)するはず雑誌を作っていて気づいたら土曜日の夕方だった、なんてこともザラだった。思い出しただけで死ねる。土曜日に友人たちが焼き肉パーティーをしているころ、僕は半分しか残っていない意識の中で校正(修正)に校正を重ねていたのだ。ホント死ねる。むしろ、死にたかった。

話がそれたので戻そう。ここからは自慢だが、サッカーは死ぬほど見た。ロンドンに語学留学という名のサッカー観戦留学をして100試合以上見た。ユナイテッドもアーセナルもチェルシーもリヴァプールもレイトン・オリエントもクルー・アレクサンドラも見た。島田佳代子さんに触発されてプレストン・ノース・エンドのフットボールミュージアムにも行った。島田佳代子さん、お美しい。

チャンピオンズリーグ準決勝のチェルシー対リヴァプール戦でフランク・ランパードの“魂のPK”を生で見た時は「イキかけました」(by イチロー@ワールド・ベースボール・クラシック決勝後インタビューより)。

 

前置きが長くなった。

そんなサッカー馬鹿だった僕が、そんなサッカーしかなかった僕が、今ではすっかり競馬にシフトしてしまった。そんなヤツが書く文章だからきっと少しは説得力があるはずだ。少なくとも「恋愛禁止です!しません!」と言っていた柏木◯紀さんよりは。(消されないよね?ぼく)

前置きに1000文字近く使ってしまった。もうフェードアウトしてもらって構わないが、それでもこの駄文の続きを読みたければ、次のページヘ進んでくれ。

【次のページヘ】サッカーファンが競馬を好きになる根拠って?

ページ:

1

2

「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと

(C)slime

「あの頃の競馬は熱かった。それに比べて今の競馬は……」

競馬ファンなら一度は言ったり、聞いたりしたことのあるセリフではないだろうか。

事実、競馬が一番熱かったとされるのは80〜90年代だ。1990年、日本ダービーの入場者数は19万6517人に達した。その年の暮れ、オグリキャップの引退とともに日本経済と中央競馬は終わった。

おそらくもう二度と、中山競馬場に17万人が入ることはないだろう。どんなにスターホースが集まったって、GLAYやサザンやセカオワが無料でライブをやるといっても、そんなに入ることはない(はず、たぶん、いや、きっと。。。)。

ただし、だからといって「あの頃は〜〜〜」といって自分の経験を固辞して若い競馬ファンを半ば冷笑するというのはどうなのだろうか。

はっきり言おう。そんなの、老害でしかない。

昔を懐かしむのは悪くないが……

別に思い出話をすることを否定しているのではない。競馬と思い出話は切っても切り離せない相関関係にある。

「大学を卒業した年のダービーはあの馬が勝ったなぁ」

「仕事で失敗して落ち込んでいたあの時、あの馬がGIを勝ってくれた」

「キズナのダービーが見たすぎて風邪引いた子どもを嫁に任せて東京競馬場に行ったらごはんが出てこなくなった」

おっと、最後の例えは忘れてくれ。そんなクズ、いるはずがない。作り話だ。(そう思いたい)

実際、母体のJRAがそういうCMを作っている。思い出話を推奨している。いや、競馬に絡めた思い出話なんて、せざるを得ない。

余談だが、このCMは史上最強に素晴らしいと思う。広告大賞を差し上げたい。

では、何が問題なのかといえば、以下のような嫌味なおっさんの存在だ。

「TTGを知らないなんて……。それで競馬ファンなのか?」

「オグリキャップの有馬記念を中山で見ていない奴は競馬ファンじゃねぇ」

「今の競馬はクソだ。あの頃はな〜〜〜」

イライラする。わたし、イライラする!いとうあさこばりに、イライラする!

隠してもしょうがないので書くが、私はTTGをリアルタイムで見ていないし、オグリキャップの有馬記念はyoutubeで見た。

だって、90年なんて●歳だったんだもん! 競馬場いけるはずないよ!

そう、そうなのだ。若い世代にとって、昔を知らないことは仕方がない。物理的に不可能なのだ。タイムマシーンがあれば90年の有馬記念を見に行きたい。一つ夢が叶うなら、本当にそうしたい。だけど、ドラえもんはまだ開発されていない。タイムマシーンはないのだ。

そういう、やりたくてもできなかった(やろうとすら考えない純粋無垢なおこちゃまだった、あるいはある人は生まれてすらいない)ことを上から目線で「あの頃はな」なんて言われても嫌悪感しか感じない。

もうそういうおじさまたちは、PCやスマホを使って分析ができる若い世代に屈しておとなしく養分になってもらいたい。いや、してやる。

【次のページヘ】老害になる危険性と僕達にできることって?

ページ:

1

2

ジャングルポケット斉藤を侮るな!馬鹿にしてる競馬ファンのキミはきっと負け組

テレビ東京『ウイニング競馬』の公式HPの画面キャプチャ

土曜日の午後という楽園のような時間に、競馬ファンはむさ苦しい顔面と絵に描いたようなク●を見なければならない。

ああ、なんてことだろう。。。

原良馬さんの優しい笑顔と鷲見玲奈アナウンサーのむっちりボディで辛うじてプラマイゼロになっているが、芸人2人にむさ苦しさしか感じない方も多いはずだ。

しかし、だからといってなぜか嫌いになれない。むしろ彼ら、いや、歯並びの悪い借金まみれの方は置いておいて、彼を単なるむさ苦しい芸人としてしか見ていないとしたら、実にもったいない。

というのも、彼の予想はガチガチのガチなのだ。「何色の、何!?」(©スッキリ)のようなテンションで書いてしまったが、彼の予想はそんじょそこらの評論家とは比べ物にならないほど、ガチで価値がある。

今回はそんなジャングルポケット斉藤慎二さんに迫っていこう。

連敗を馬鹿にしているキミこそ負け組

ジャンポケ斉藤さんの予想は本当に面白い。競馬ファン、特に穴党のあなたなら、毎回「わかるぅー!」と唸っているのではないだろうか?

斉藤さんはほとんど人気馬を軸にしない。軸にしたとしても人気薄とのワイドや3連単、3連複の2頭軸流しの相手としてはめ込むくらいだ。

常に買い目に穴馬を組み込む。10倍以上つく穴馬の単勝はもはや当たり前。二桁人気馬の複勝なんてのも基本。時には超人気薄2頭のワイドなんて買ってみたりする。

馬鹿だ、本当に馬鹿だ。

そんな馬券、当たるはずないのだ。番組内で「何十連敗」を売りにしているが、当たり前なのだ。そんな馬券が毎週当たっていたら、競馬新聞はいらなくなる。東スポの虎石さんも、岡本さんも、番組を降板しなければいけない。

ただし、じゃあ無鉄砲な予想かといえば、決してそうじゃない。「連敗」というだけで馬鹿にしているそこのキミは、正座してから読み進めるといい。

【次のページヘ】斉藤さんは冗談じゃなく、地上波最高峰の予想家?

ページ:

1

2

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る