(C)はねひろ

2017年10月29日、東京競馬場で天皇賞秋(GI/芝2000m)が行われる。

しかし、天気予報はあいにくの雨。稍重(やや重)、重馬場、不良馬場といった道悪の中で開催される可能性がある。

では、馬場が渋ったときに台頭してくる馬とは、どんな馬なのか? 強調できる血統を分析していくことにしよう。


出走予定馬の重馬場実績は?

着別度数
サトノクラウン4- 0- 0- 1/ 5
ディサイファ2- 1- 1- 2/ 6
ネオリアリズム2- 1- 0- 1/ 4
ヤマカツエース2- 0- 1- 4/ 7
ヒットザターゲット2- 0- 0- 9/11
ロードヴァンドール2- 0- 0- 1/ 3
ミッキーロケット1- 3- 0- 2/ 6
サトノアラジン1- 1- 1- 1/ 4
トルークマクト1- 1- 0- 5/ 7
シャケトラ1- 1- 0- 1/ 3
ワンアンドオンリー1- 1- 0- 2/ 4
ステファノス1- 0- 1- 2/ 4
キタサンブラック1- 0- 1- 1/ 3
グレーターロンドン1- 0- 0- 0/ 1
カデナ1- 0- 0- 0/ 1
レインボーライン0- 0- 1- 1/ 2
マカヒキ0- 0- 1- 0/ 1
ソウルスターリング0- 0- 1- 0/ 1
サクラアンプルール0- 0- 0- 3/ 3
勝率複勝率単回値複回値
サトノクラウン80.0%80.0%578240
ディサイファ33.3%66.7%9585
ネオリアリズム50.0%75.0%470155
ヤマカツエース28.6%42.9%297111
ヒットザターゲット18.2%18.2%29590
ロードヴァンドール66.7%66.7%20386
ミッキーロケット16.7%66.7%4878
サトノアラジン25.0%75.0%40125
トルークマクト14.3%28.6%125102
シャケトラ33.3%66.7%5386
ワンアンドオンリー25.0%50.0%342177
ステファノス25.0%50.0%15095
キタサンブラック33.3%66.7%263110
グレーターロンドン100.0%100.0%360180
カデナ100.0%100.0%170110
レインボーライン0.0%50.0%0135
マカヒキ0.0%100.0%0110
ソウルスターリング0.0%100.0%0110
サクラアンプルール0.0%0.0%00

集計期間:2011. 5.22 ~ 2017.10.15

※やや重、重馬場、不良馬場が対象

何といってもサトノクラウンの強さが光る。5回走って4勝はメンバー中トップの成績だ。春のグランプリ宝塚記念も力のいるやや重の中で制している。

道悪で強調できる騎手は?

騎手着別度数
川田将雅7- 5- 5-26/43
ルメール6- 6- 1-24/37
武豊5- 5- 4-37/51
M.デム5- 2- 6-25/38
福永祐一4- 5- 1-34/44
岩田康誠3- 7- 4-43/57
和田竜二3- 5- 8-62/78
戸崎圭太3- 3- 4-28/38
内田博幸3- 1- 5-29/38
池添謙一2- 3- 5-32/42
蛯名正義2- 2- 3-29/36
横山典弘2- 2- 1-24/29
柴山雄一2- 2- 1-18/23
太宰啓介1- 1- 4-23/29
C.デム1- 1- 1- 2/ 5
田辺裕信1- 0- 3-22/26
シュタル0- 0- 0- 6/ 6
シュミノ0- 0- 0- 4/ 4

騎手勝率複勝率単回値複回値
川田将雅16.3%39.5%151100
ルメール16.2%35.1%14874
武豊9.8%27.5%7094
M.デム13.2%34.2%111120
福永祐一9.1%22.7%13274
岩田康誠5.3%24.6%2992
和田竜二3.8%20.5%3462
戸崎圭太7.9%26.3%5872
内田博幸7.9%23.7%12177
池添謙一4.8%23.8%5077
蛯名正義5.6%19.4%7753
横山典弘6.9%17.2%5652
柴山雄一8.7%21.7%5857
太宰啓介3.4%20.7%53146
C.デム20.0%60.0%160164
田辺裕信3.8%15.4%2839
シュタル0.0%0.0%00
シュミノ0.0%0.0%00

集計期間:2014. 2. 8 ~ 2017.10.22

※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※重馬場、不良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

まずは川田将雅騎手、クリストフ・ルメール騎手、そしてミルコ・デムーロ騎手の好成績が光る。

3人とも単勝回収値が100を超えていて、川田騎手とデムーロ騎手に至っては複勝回収値も100オーバー。信頼性の高い騎手と言えそうだ。

道悪で強調できる種牡馬は?

種牡馬着別度数
ディープインパクト12- 19- 12-147/190
キングカメハメハ10- 11- 6- 90/117
マンハッタンカフェ6- 3- 7- 57/ 73
ダイワメジャー6- 2- 3- 54/ 65
ステイゴールド5- 14- 7-103/129
ハーツクライ3- 7- 8- 78/ 96
ネオユニヴァース3- 4- 3- 48/ 58
ブラックタイド1- 3- 4- 17/ 25
Frankel1- 0- 0- 1/ 2
Marju1- 0- 0- 0/ 1

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.3%22.6%7773
キングカメハメハ8.5%23.1%13678
マンハッタンカフェ8.2%21.9%9687
ダイワメジャー9.2%16.9%20586
ステイゴールド3.9%20.2%4579
ハーツクライ3.1%18.8%3260
ネオユニヴァース5.2%17.2%9465
ブラックタイド4.0%32.0%62319
Frankel50.0%50.0%530135
Marju100.0%100.0%920320

集計期間:2013. 1.14 ~ 2017.10.22

※芝1600〜2400m
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※重馬場、不良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

前回はやや重まで含めて集計したが、重馬場以上が濃厚になっている現実を踏まえ、「重馬場、不良馬場」のみを対象に再集計を行った。

マンハッタンカフェやダイワメジャーが高い回収値を記録していることは変わらないが、特筆すべきはブラックタイド産駒の安定感と、キングカメハメハ産駒の勝負強さだ。

ブラックタイド産駒は好走率が30%オーバー。フランケルやマルジューといった母数が少ない種牡馬を除けばダントツのトップである。そしてキングカメハメハ産駒は穴馬が勝ち切る傾向にあり、単勝回収値が高くなっている。

リアルスティールやサトノアラジン、グレーターロンドンら、ディープインパクト産駒が人気に支持されているが、馬場状態の悪化によって穴馬が入り込む余地が出てきている言えるかもしれない。

おすすめの記事