(C)MAZIMICKEY

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーS(GⅠ/ダート1600m)が行われる。テイエムジンソク、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブ、アウォーディー、ベストウォーリアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

中央競馬におけるダート重賞としては最も歴史が古いフェブラリーSは、1984年にGⅢ、1994年にGⅡ、1997年にはダートで初めてGⅠレースに昇格した歴史のあるレースである。

毎年中央競馬で行われる最初のGⅠ競走でもあり、また、前年秋から中央・地方各競馬場で行われるダートGⅠがフェブラリーSで一区切りになることから、豪華メンバーが揃い大いに盛り上がりを見せる。

ライブリマウント、ホクトベガ、アグネスデジタル、メイセイオペラ、エスポワールシチー、コパノリッキーなど過去には数々の名馬が勝馬として名を連ねている。

配当の傾向を過去10年で見てみると、2014年に単勝最低16番人気のコパノリッキーが勝った年に単勝27,210円をはじめとした高額配当となったものの、それ以外の年は堅すぎず荒れすぎずといった結果になっているが2018年はどのような決着となるのか。

今回は過去10年のフェブラリーSの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20163アスカノロマン
20141コパノリッキー
20132エスポワールシチー
20133ワンダーアキュート
20121テスタマッタ
20091サクセスブロッケン
20082ブルーコンコルド

注目点① 人気薄は単勝6番人気か7番人気

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下の馬が7頭しかおらず、年によっては該当馬がいないことも多い。

しかも、人気別に見ると7頭中5頭は単勝6番人気か7番人気で極端な人気薄を狙うのは得策ではないことがわかる。

人気別集計 フェブラリーS 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気4- 1- 3- 2/ 1040.0%80.0%
2番人気2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%
3番人気1- 2- 2- 5/ 1010.0%50.0%
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
5番人気0- 3- 0- 7/ 100.0%30.0%
6番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
7番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%
8番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
9番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
16番人気1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気
アスカノロマン7
コパノリッキー16
エスポワールシチー9
ワンダーアキュート7
テスタマッタ7
サクセスブロッケン6
ブルーコンコルド7

注目点② 前走は上位人気

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭全部が、前走のレースに関係なく単勝5番人気以内の上位人気に支持されている。

前走の着順や馬齢やレース毎の比較だけに注目が集まり、実力以上に人気を落としてしまっている馬がフェブラリーSでは挽回して馬券圏内に入っていると言える。

前走人気別集計 フェブラリーS 過去10年

前走人気着別度数勝率複勝率
前走1人気4- 3- 4- 24/ 3511.4%31.4%
前走2人気2- 0- 1- 24/ 277.4%11.1%
前走3人気1- 4- 2- 17/ 244.2%29.2%
前走4人気1- 3- 1- 16/ 214.8%23.8%
前走5人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
前走6~9人0- 0- 1- 19/ 200.0%5.0%
前走10人~0- 0- 0- 20/ 200.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走人気
アスカノロマン4
コパノリッキー3
エスポワールシチー4
ワンダーアキュート1
テスタマッタ5
サクセスブロッケン2
ブルーコンコルド3

注目点③ 500kg以上の馬体重の馬が活躍

芝コースより力のいる馬場であるダートコースで行われるため、馬体重も500kg以上の馬格が大きい馬が活躍する傾向にあるのがフェブラリーSだ。

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭についても、すべて前走の馬体重は500kg以上となっている。

前走馬体重別集計 フェブラリーS 過去10年

前走馬体重着別度数勝率複勝率
400~419kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
420~439kg0- 0- 0- 0/ 0
440~459kg0- 1- 1- 7/ 90.0%22.2%
460~479kg0- 1- 0- 19/ 200.0%5.0%
480~499kg0- 2- 2- 30/ 340.0%11.8%
500~519kg5- 5- 3- 34/ 4710.6%27.7%
520~539kg4- 1- 4- 31/ 4010.0%22.5%
540~0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走馬体重
アスカノロマン526
コパノリッキー526
エスポワールシチー501
ワンダーアキュート518
テスタマッタ502
サクセスブロッケン515
ブルーコンコルド507

注目点④ 人気に関係なく関西馬有利

西高東低と言われて久しい関西・栗東トレーニングセンターと関東・美浦トレーニングセンターの成績格差について、徐々に関東馬が活躍するようになってきているもののフェブラリーSでは関西馬優勢の状況がまだ続いている。

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭もすべて関西馬だ。

調教師所属別集計 フェブラリーS 過去10年

調教師分類着別度数勝率複勝率
美浦0- 2- 1- 23/ 260.0%11.5%
栗東10- 7- 9-100/1267.9%20.6%
地方0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名所属厩舎
アスカノロマン関西川村禎彦
コパノリッキー関西村山明
エスポワールシチー関西安達昭夫
ワンダーアキュート関西佐藤正雄
テスタマッタ関西村山明
サクセスブロッケン関西藤原英昭
ブルーコンコルド関西服部利之

注目点⑤ 前走先行・中団脚質馬が有利

最後に前走の脚質で集計をすると、過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った7頭すべてが先行か中団でレースを進めている。

7頭の中にはエスポワールシチーやコパノリッキーのように逃げることもできる馬も含まれているが、逃げても2番手3番手追走でも競馬することができる馬が、人気を落としていても好走できることを示している。

前走脚質別集計 フェブラリーS 過去10年

前走脚質着別度数勝率複勝率
逃げ2- 1- 0- 11/ 1414.3%21.4%
先行4- 3- 5- 44/ 567.1%21.4%
中団3- 3- 4- 54/ 644.7%15.6%
後方0- 3- 1- 17/ 210.0%19.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名脚質
アスカノロマン先行
コパノリッキー先行
エスポワールシチー中団
ワンダーアキュート先行
テスタマッタ中団
サクセスブロッケン先行
ブルーコンコルド中団

まとめ

ここまでの5つの注目点すべてに該当する可能性がある(単勝6番人気か7番人気)馬を選定すると次の2頭が該当する。

アウォーディー
インカンテーション

後は予想時点での単勝人気なども確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事