(C)だわさの写真館

2018年3月17日、中山競馬場でフラワーカップ(GⅢ/芝1800m)が行われる。ロックディスタウン、カンタービレ、メサルティム、トーセンブレス、ノーブルカリナン、ノームコアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

4つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 人気薄は消し!
ポイント2 ノーザンファーム・社台ファーム生産馬は消し!
ポイント3 前走単勝3番人気以下は消し!
ポイント4 前走1着以外は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 人気薄は消し!

近年、この時期の3歳限定重賞ではクラシック本番へ向けて、有力馬が前哨戦として調整に使うレースを以前よりも分散させる傾向が強まっているが、フラワーカップでも単勝1番人気の複勝率の80%に代表されるように上位人気で決着しやすいレースとなっている。

馬名人気予想オッズ
インヴィジブルワン972.3
ウスベニノキミ10104.7
カラリエーヴァ12131.8
カンタービレ23.1
キープシークレット13143.5
トーセンブレス34.3
ノーブルカリナン514.2
ノームコア614.8
バケットリスト848.1
ファストライフ11118.2
メサルティム47.5
モルフェオルフェ740.0
ロックディスタウン12.3

人気薄・単勝7番人気以下の出走馬は……

インヴィジブルワン
ウスベニノキミ
カラリエーヴァ
キープシークレット
バケットリスト
ファストライフ
モルフェオルフェ

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 ノーザンファーム・社台ファーム生産馬は消し!

馬産地について注目をすると、牡馬クラシック戦線で中心となる距離になるとノーザンファームや社台ファームの生産馬が現在の日本競馬界を席巻していて優秀な成績を残しているが、牝馬クラシックさらには桜花賞に直結しづらいフラワーカップではその傾向は薄れている。

馬名生産者
インヴィジブルワン社台コーポレーション白老ファーム
ウスベニノキミ橋本牧場
カラリエーヴァ芳住鉄兵
カンタービレ三嶋牧場
キープシークレットノーザンファーム
トーセンブレス社台ファーム
ノーブルカリナン社台ファーム
ノームコアノーザンファーム
バケットリスト宮内牧場
ファストライフ白井吉美
メサルティムノーザンファーム
モルフェオルフェ宮内牧場
ロックディスタウン社台コーポレーション白老ファーム

ノーザンファーム・社台ファーム生産馬は……

キープシークレット
トーセンブレス
ノーブルカリナン
ノームコア
メサルティム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走単勝3番人気以下は消し!

勝ち抜き戦の様相が強い3歳限定戦では、人気も実力も兼ね備えた馬が結果を残す傾向にあり、仮に前走で敗れてしまっていても前評判が高く人気になっていた馬のみがフラワーカップでは確実に活躍できている。

馬名前走人気
インヴィジブルワン1
ウスベニノキミ2
カラリエーヴァ5
カンタービレ1
キープシークレット7
トーセンブレス7
ノーブルカリナン3
ノームコア1
バケットリスト5
ファストライフ9
メサルティム9
モルフェオルフェ6
ロックディスタウン1

前走単勝3番人気以下だった馬は……

カラリエーヴァ
キープシークレット
トーセンブレス
ノーブルカリナン
バケットリスト
ファストライフ
メサルティム
モルフェオルフェ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走1着以外は消し!

前走も勝利してクラシック街道の先頭集団を形成しようとしている馬がフラワーカップでは結果を残せており、前走2着以下に敗れた馬の成績は伴ってこない。

馬名前走着順
インヴィジブルワン1
ウスベニノキミ1
カラリエーヴァ1
カンタービレ1
キープシークレット1
トーセンブレス4
ノーブルカリナン2
ノームコア1
バケットリスト10
ファストライフ3
メサルティム1
モルフェオルフェ7
ロックディスタウン9

前走1着以外だった馬は……

トーセンブレス
ノーブルカリナン
バケットリスト
ファストライフ
モルフェオルフェ
ロックディスタウン

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

カンタービレ

今回の激走馬候補は1頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。

おすすめの記事