(C)だわさの写真館

2018年11月3日、京都競馬場でファンタジーS(GⅢ/芝1400m)が行われる。ダノンファンタジー、ベルスール、レーヴドカナロア、レッドベレーザ、ラブミーファインらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

5回京都1日目 2歳 サラ2歳オープン
芝1400m (右 外)
本賞金:2900、1200、730、440、290万円

出走予定馬・登録馬

例年通り1勝馬が中心のメンバー構成で少頭数になりそうだが、今年はそれなりに粒が揃っている印象がある。初戦こそ来春のクラシック最右翼となっているグランアレグリアに破れたものの、前走の未勝利戦できっちり勝ち上がったダノンファンタジーが人気の中心か。

前走の未勝利戦(阪神マイル)は先行馬を見る形でのレース。終始手応えよく後続を2馬身話しての完勝だった。ディープインパクト産駒ではあるが、母父not for saleはアルゼンチンの短距離血統で、今回の距離短縮及び平坦代わりはむしろパフォーマンスを上げる可能性がある。ここはメンバー的にもきっちり賞金を積んでおきたいレースで、変に控えなければ上位は必至だろう。

新潟1400mでの新馬戦、番手からラスト2Fで11秒台を連続して後続を3馬身ちぎった内容が光るベルスールが続く。

強く追うことなく前につけられたレースセンスと、キレこそないが速いラップを刻める点は父のスウェプトオーヴァーボードが強く出ているか。完成度も高く、平坦の京都ならパフォーマンスが落ちることはなさそう。クラシック云々よりはここで勝負をかけてくる感じもあり、強気の競馬で前に行けばダノンファンタジーを出し抜く可能性もあるだろう。

札幌1500mの新馬戦、後方から切れ味鋭い末脚で大外一気を決めたレーヴドカナロアも面白い。

母はあのレーヴドスカーで、レーヴドリアンやアプレザンレーヴ、レーヴディソールやレーヴディソールの下に当たる良血馬だ。父が今回はロードカナロアということで短距離志向が強いようにも見えるが、前走のレース内容は単なるスプリンターではないことを証明した結果だ。サンデーサイレンスの血が入っておらず京都の芝がどうかだが、例年より時計がかかっているのは好都合。素質全開なら一発があってもいい。

レッドベレーザは馬格こそないが、ディープインパクト産駒らしい素軽い走りが魅力。大物感こそないがソツなく走ってきそうなタイプで京都コースも合いそうだ。

函館2歳Sでは逃げ粘って2着とスピードを見せたラブミーファインも実績は上位。前走は再び1800mの札幌2歳Sに挑んだが、流石に地力の差が出たか。距離短縮は歓迎で完成度で勝負したいところ。

他にも、出走するなら面白いココフィーユ、前走は最後までしぶとく走って1400mに対応したジュランビル、軽い芝に対応できればのエレナレジーナなどが虎視眈々と一発を狙っている。

登録馬は以下の通り。

アウィルアウェイ 牝2 ○○騎手 高野厩舎
エレナレジーナ 牝2 藤岡康騎手 加藤征厩舎
カシノティーダ 牝2 高倉騎手 田所厩舎
ココフィーユ 牝2 ○○騎手 斎藤誠厩舎
ジュランビル 牝2 和田騎手 寺島厩舎
ダノンファンタジー 牝2 川田騎手 中内田厩舎
ベルスール 牝2 田辺騎手 今野厩舎
ラブミーファイン 牝2 池添騎手 田所厩舎
レーヴドカナロア 牝2 ルメール騎手 斉藤崇厩舎
レッドベレーザ 牝2 Cデムーロ騎手 石坂正厩舎
ヴァニラアイス 牝2 ○○騎手 高柳大厩舎

想定・予想オッズ

4番人気 アウィルアウェイ 7.4倍
7番人気 エレナレジーナ 47.2倍
10番人気 カシノティーダ 124.4倍
11番人気 ココフィーユ 214.6倍
8番人気 ジュランビル 49.8倍
1番人気 ダノンファンタジー 1.9倍
6番人気 ベルスール 33.4倍
5番人気 ラブミーファイン 17.3倍
2番人気 レーヴドカナロア 2.3倍
3番人気 レッドベレーザ 5.2倍
9番人気 ヴァニラアイス 107.2倍

おすすめの記事