2017年12月10日、中山競馬場でカペラステークス(GⅢ/ダート1200m)が行われる。

サイタスリーレッド、ブルドッグボス、ニットウスバル、ノボバカラ、グレイスフルリープ、コーリンベリーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

今年も群雄割拠のレースとなりそうだうだが、ここではサイタスリーレッドとグレイスフルリープについて見ていこう。


期待・スプリントG1タイトルを引っ提げて

まずはグレイスフルリープだが、前走コリアスプリントで危なげなく勝利を収めている。

コリアカップでもロンドンタウンとクリソライトが他馬を千切ったように確かにこの韓国G1のレベルに疑問は残る。

ただ約4年ぶりとなった1200戦で一変した走りに衰えない。返す刀で連勝を狙う。大きなタイトルを手に再度のスプリント戦、チャンスは十分だ。

期待・急坂に活路を

一方、前走で勢いが止まったかに見えるサイタスリーレッドにもチャンスがある。

中央競馬の関東圏での出走は初だが、この馬は阪神ダートを3連勝しており、坂のある中山は魅力だ。スピードに物を言わせ追い込み勢が追撃を開始する前に勝負を決める戦法は強力。

スピードがあり、さらに坂も全く苦にしない。と来れば短い直線に急坂が待ち構える中山はまさにぴったりの条件。シュミノーが鮮やかに抜け出すか?

不安・激化しそうな先行争い

コーリンベリーを筆頭に今回も先行勢が大挙出走。この路線恒例の事とはいえ先行争いが激しくなることは明らかで両馬にとって不安材料だ。

中山ダート1200は読みにくいコースで過去このレースでも上がりバタバタになりながらもダノンレジェンドやノボバカラが粘り込んだりと必ずしも差し有利とは言い切れない。

しかし超Hペースが濃厚で、展開面がサイタスリーレッドやグレイスフルリープに味方しない可能性は高い。当日の馬場状況や展開の予想も重要になるレースだ。

まとめ

あわただしい師走を象徴するような小回り中山での大激戦が見られるだろう。老いてなお盛んなグレイスフルリープ、極悪馬場に泣いた前走の雪辱を誓うサイタスリーレッドの巻き返しはあるだろうか。

少女たちの運動会の裏側で開催される百戦錬磨の混戦(3歳4歳各1頭のみ)も注目だ。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事