(C)taka

先週、高松宮記念で春のGIシリーズが本格的に開幕した。香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収め、売り上げ、入場者数ともに前年を大幅に上回るなど、好スタートを切った。

今週はGIのない“谷間の週”だ。しかし、普通の“谷間の週”ではない。GI馬7頭が集結する“超GII”産経大阪杯があるのだ。

ダービー馬キズナ、皐月賞馬イスラボニータとロゴタイプ、天皇賞秋馬スピルバーグなど、超豪華なメンバーが集った。もはや普通のGIよりワクワクするレースといっても過言ではない。

そんな大阪杯を当サイト編集長のJINが展望する。

産経大阪杯出走予定馬

2015年 4月 5日(日) 2回阪神4日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第59回産経大阪杯
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)

馬名性齢斤量
イスラボニータ牡458
エアソミュール牡657
カレンブラックヒル牡657
キズナ牡557
キングズオブザサン牡456
ショウナンパンドラ牝4 55
スピルバーグ牡658
ゼロス牡656
タガノグランパ牡456
ダノンヨーヨー牡956
デウスウルトセ756
トラストワン牡756
ムスカテール牡756
ラキシス牝5 55
ロゴタイプ牡557

中心となるのは間違いなくキズナだろう。ダービー馬であり、昨年の大阪杯を制している。前走は骨折明けの影響もあって3着に敗れたが、状態は上がっているはず。1番人気に支持されることだろう。

ただ、馬券的な妙味からいくと、信頼しすぎるのはよくないという印象を受ける。前走は休み明けだったとはいえ、あの条件で差しきれないというのはいささか不満。「叩き2戦目=前走より走る」というのも安易な発想だ。

ディープインパクト産駒のダービー馬で鞍上武豊騎手、さらに叩き2戦目ということで過剰人気は必至。おそらく単勝は2倍台後半、ついても3倍台前半になる。能力が高いのは間違いないが、果たしてこのメンバーで10回走って3回以上勝てるほど抜けた馬だろうか? 基本的は疑ってかかりたい。

次に人気になるのはスピルバーグだろう。完全に本格化し、昨秋は天皇賞秋でGI初制覇を達成。ジャパンカップでも3着に好走した。今年は英国遠征を見据えているため、ここで無様な走りはできない。

イスラボニータは休み明けの中山記念で圧倒的な1番人気を裏切った。叩き2戦目でどこまで巻き返すか。さらに牝馬ながら有馬記念で6着となったラキシスも有力馬の1頭だ。エリザベス女王杯で牝馬の頂点に立ち、牡馬との対戦においてもオールカマー2着の実績がある。侮ることのできない1頭だ。

1頭注目馬を挙げるとするならデウスウルトか。今回はGI馬が集結することで人気にならないはず。しかも7歳馬ということで嫌われるのは必至だ。

しかし本格化以降の走りは安定して、このメンバーに入っても無様な走りはしないだろう。休み明けのGI馬より実力を発揮する可能性が高い反面、人気にはならないだろうから、期待値が高い馬の1頭として注目しておきたい。

どんな結果に終わるか分からないが、この中から必ず、2015年のGI戦線の主役を担う馬が誕生するはずだ。GI以上に豪華なGIIの激戦に期待したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る