ベルカントの血統や将来性は?北九州記念1着馬を徹底検証


8月23日に小倉競馬場で北九州記念(GIII/芝1200m)が開催され、2番人気のサクラバクシンオー産駒ベルカント(牝4)が押し切り勝ちを収めた。

戦前はハナを主張すると思われたベルカントだったが、武豊騎手はスタートしても無理に前へいかず。4、5番手につけて直線を迎えると、満を持して追い出して前の馬たちを一蹴。後続も退け、前走のアイビスサマーダッシュに続いて重賞連勝を果たした。

ベルカントの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


血統評価は?

ベルカントは父サクラバクシンオー、母セレブラール、その父ボストンハーバーという血統。

サクラバクシンオーは言わずと知れた名スプリンターで、ボストンハーバーもスピードに溢れるボールドハーバーの系統だ。スピードに優れた血統であることは間違いない。

ただし、サクラバクシンオー×ボストンハーバーだと単なるスピード馬になりがち。スピードがあるだけの馬だと、重賞ではコケてしまうことが多い。

そこで登場するのが母母父のSir Tristramだ。Sir Tristramはニュージーランドで7回、オーストラリアで6回、リーディングサイアーを獲得した南半球の大種牡馬。スピードとスタミナを兼ね揃えた血統のため、母系に入ることで奥行きが増していると考えられる。

これで重賞4勝目。前に行けるダッシュ力が衰えなければ、秋の大舞台でも活躍できるかもしれない。

【次のページヘ】目標はスプリンターズS!展望は?


ページ:

1

2

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る