ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る

(C)T.T

GI馬の姉を持つレッドヴェルサス(牡2)に5馬身の差をつけてデビュー戦を飾った。

6月28日に阪神競馬場で開催された新馬戦(芝外回り1800m)でポルトドートウィユの全弟ポルトフォイユ(牡2)が勝利を収めた。母母にエアグルーヴを持つ超良血馬が来年の日本ダービーへ向けてまずは順調なスタートを切っている。

ポルトフォイユの血統や将来性はどういったものなのか? 検証していこう。

スポンサーリンク

血統評価は?

ポルトフォイユは父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、その母クロフネという血統。母母にエアグルーヴ、母母母にダイナカールがいる日本を代表する超良血一族だ。

全兄のポルトドートウィユは重賞戦線で活躍し、日本ダービーに出走。好走はできなかったものの、世代最強馬候補の1頭に名を連ねるほどの素質馬である。

さらに注目したいのが、ディープインパクトをはじめとして母、母父、母母とすべての馬が武豊騎手とコンビを組み、勝ち星を挙げている“武豊血統”という点だ。デビュー前から注目された馬だったため、詳細は以下の記事を参照してほしい。

詳細→“武豊血統”ポルトフォイユがデビューへ!全兄ポルトドートウィユの良血馬

クラシックを狙える超良血馬に武豊――。なんとも夢が広がる血統ではないか。

デビュー戦の評価は?

気になるデビュー戦の内容は上々だった。

近年の新馬戦はスローの瞬発力勝負になりやすく、実力を測るのが難しいことが多い。しかし、今回は違う。夏の阪神は馬場が傷んでいて時計がかかりやすく、底力がなければ好走できない。タフな馬場で5馬身差の圧勝を決めたのだから、並々ならぬ力を持っていると判断できる。

レースラップ
12.6-11.1-11.4-11.9-12.2-12.5-12.4-12.8-13.1

前半、逃げ馬が飛ばしたことで中盤以降ペースが落ちる典型的な消耗戦となった。ディープインパクト産駒が消耗戦に弱い傾向にある中、しっかりと勝ち切ったのだから価値が高い。

また、ラストは13秒台と時計がかかっているが、ほとんど追わずに流していたため、しっかりと追えば12秒台のラップを叩き出せたはずだ。

少なくとも切れ味だけのディープインパクト産駒ではないことは、ラップと馬場を見れば明らかである。

あとは今後、瞬発力勝負になった時にどれだけ対応できるか。兄はどちらかと言うとジリ貧で、それほどキレるタイプのディープインパクト産駒ではないだけに、弟がどういったタイプなのかは注目ポイントの一つだろう。

もっとも、デビュー戦の内容としては上々。今後、どのようなローテーションを組むか分からないが、じっくりと育ててクラシック路線に乗っていってほしい。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトフォイユがデビューへ!全兄ポルトドートウィユの良血馬
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
スマートノエル&武豊騎手が2.6秒差で圧勝!生粋のダート血統も過信は禁物?
ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと
ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る