エプソムカップ2017の予想データ分析…3つの血統傾向と不振種牡馬とは?


今週は東京競馬場でエプソムカップ(エプソムC/GIII/芝1800m)が行われる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順種牡馬母父馬
マンハッタンカフェAwesome Again
Redoute’s ChoiceSunday Silence
ステイゴールドPolish Precedent
ディープインパクトStorm Cat
ディープインパクトStorm Cat
ディープインパクトDubai Millennium
ディープインパクトDubai Millennium
チーフベアハートサンデーサイレンス
ダンスインザダークPrivate Account
ダンスインザダークダンシングブレーヴ
ハーツクライWild Again
ラスカルスズカCozzene
ディープインパクトCaerleon
ディープインパクトCaerleon
スターオブコジーンサンデーサイレンス

集計期間:2012. 6.10 ~ 2016. 6.12

解説・分析:注目血統は?

近年のエプソムカップの注目血統を挙げるとするなら……

・ニジンスキー系
・ダンジグ系
・父ノーザンダンサー系

いずれも東京の重賞で馴染みの深い血統だ。

もともと東京の芝1800mはダンスインザダーク産駒が最も得意な条件として知られている。エプソムカップでもダークシャドウやクラレントが穴を開けている。そのダンスインザダークの母父が、ニジンスキーなのだ。

2012年は母父カーリアン(ニジンスキー系)の2頭で決着しているが、3着のマイネルスターリーも母母父がマルゼンスキー(ニジンスキー系)だった。


ダンジグ系も見逃せない。

フルーキー、マイネルミラノ、そしてマイネルラクリマは父か母父がダンジグ系、そしてディサイファも母母父がダンジグ系だった。この3年は3代以内にダンジグの血を持つ馬が必ず3着以内に入っている。

そして父ノーザンダンサー系は東京の重賞で常に穴を開ける可能性がある。

先週の安田記念ではロゴタイプが、オークスではモズカッチャンが、そしてヴィクトリアマイルではデンコウアンジュが激走した。いずれも6番人気より下の穴馬、デンコウアンジュに至っては11番人気だったが、それでも激走する可能性を秘めている。

この3つの血には注目していくべきだろう。

コース種牡馬別集計

種牡馬着別度数
ディープインパクト9- 7- 12-102/130
ハーツクライ7- 8- 4- 71/ 90
ステイゴールド5- 6- 5- 81/ 97
キングカメハメハ5- 4- 5- 56/ 70
ダイワメジャー4- 3- 0- 34/ 41
メイショウサムソン3- 3- 2- 21/ 29
ハービンジャー2- 2- 5- 36/ 45
ブライアンズタイム2- 0- 2- 4/ 8
タニノギムレット1- 1- 0- 20/ 22
クロフネ0- 2- 2- 16/ 20
Redoute’s Choice0- 1- 0- 1/ 2
マツリダゴッホ0- 0- 4- 19/ 23
ダンスインザダーク0- 0- 2- 9/ 11
Smart Strike0- 0- 0- 1/ 1
Kitten’s Joy0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.9%21.5%6774
ハーツクライ7.8%21.1%5851
ステイゴールド5.2%16.5%6369
キングカメハメハ7.1%20.0%8759
ダイワメジャー9.8%17.1%6935
メイショウサムソン10.3%27.6%139113
ハービンジャー4.4%20.0%2777
ブライアンズタイム25.0%50.0%341187
タニノギムレット4.5%9.1%13734
クロフネ0.0%20.0%073
Redoute’s Choice0.0%50.0%085
マツリダゴッホ0.0%17.4%0122
ダンスインザダーク0.0%18.2%065
Smart Strike0.0%0.0%00
Kitten’s Joy0.0%0.0%00

※3番人気〜単勝100倍未満が対象

※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目種牡馬は?

ディープインパクトやキングカメハメハ、ダイワメジャーら、リーディング上位種牡馬が軒並み低調な中、好調が目立つのがメイショウサムソンだ。やはり父ノーザンダンサー系の期待値は高い。

出走馬血統

アストラエンブレム
ダイワメジャー
系統サンデー系
ブラックエンブレム
母父ウォーエンブレム
系統ミスプロ系
カムフィー
ダンスインザダーク
系統サンデー系
ナイトクルーズ
母父ノーザンテースト
系統ノーザンT系
クラリティシチー
キングカメハメハ
系統キングM系
タイキクラリティ
母父スペシャルウィーク
系統サンデー系
クラリティスカイ
クロフネ
系統ヴァイス系
タイキクラリティ
母父スペシャルウィーク
系統サンデー系
タイセイサミット
ダイワメジャー
系統サンデー系
ヴァインドレッサー
母父エンドスウィープ
系統ミスプロ系
ダッシングブレイズ
Kitten’s Joy
系統サドラーズ系
Blazing Bliss
母父Honour and Glory
系統マッチェム系
デンコウアンジュ
メイショウサムソン
系統サドラーズ系
デンコウラッキー
母父マリエンバード
系統ニジンスキー系
トーセンレーヴ
ディープインパクト
系統ディープ系
ビワハイジ
母父Caerleon
系統ニジンスキー系
ナスノセイカン
ハーツクライ
系統サンデー系
ナスノフィオナ
母父ホワイトマズル
系統リファール系
バーディーイーグル
ブライアンズタイム
系統ロベルト系
ホームスイートホーム
母父Seeking the Gold
系統ミスプロ系
パドルウィール
クロフネ
系統ヴァイス系
レストレスハート
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
ヒストリカル
ディープインパクト
系統ディープ系
ブリリアントベリー
母父ノーザンテースト
系統ノーザンT系
フルーキー
Redoute’s Choice
系統ダンジグ系
サンデースマイル2
母父Sunday Silence
系統サンデー系
ベルーフ
ハービンジャー
系統ダンジグ系
レクレドール
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
マイネルハニー
マツリダゴッホ
系統サンデー系
ブライアンハニー
母父ナリタブライアン
系統ロベルト系
マイネルミラノ
ステイゴールド
系統サンデー系
パールバーリー
母父Polish Precedent
系統ダンジグ系
メドウラーク
タニノギムレット
系統ロベルト系
アゲヒバリ
母父クロフネ
系統ヴァイス系
レッドレイヴン
Smart Strike
系統ミスプロ系
Wonder Again
母父Silver Hawk
系統ロベルト系
ロンギングダンサー
シンボリクリスエス
系統ロベルト系
ダンスパートナー
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系

この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る