(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で目黒記念(GⅡ/芝2500m)が行われる。日本ダービー後に行われる伝統の一戦、今年は天皇賞5着に健闘したチェスナットコートや前年の優勝馬フェイムゲームなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
18ハーツクライアレミロード
21ネオユニヴァースサンダーガルチ
313ディープインパクトトニービン
13キングカメハメハサンデーサイレンス
21ディープインパクトエルコンドルパサー
38キングカメハメハタマモクロス
111キングカメハメハタマモクロス
21ハーツクライラストタイクーン
31ディープインパクトエリシオ
18ステイゴールドアサティス
212マンハッタンカフェメジロマックイーン
34ゴールドヘイローフレンチデピュティ
14マヤノトップガンサンデーサイレンス
22ゼンノロブロイHighest Honor
33キングカメハメハサンデーサイレンス
11ディープインパクトLyphard
27ゴールドアリュールマルゼンスキー
36ゼンノロブロイジェイドロバリー
17マヤノトップガンマルゼンスキー
21ゼンノロブロイトニービン
36フレンチデピュティサンデーサイレンス
15アグネスタキオントニービン
29ニューイングランドサクラユタカオー
37マンハッタンカフェNureyev
18オペラハウスホリスキー
21ジャングルポケットサンデーサイレンス
317タニノギムレットジェイドロバリー
13メジロマックイーンサンデーサイレンス
21アドマイヤベガEl Gran Senor
32Red RansomFairy King

解析・分析:注目血統は?

近年はハーツクライ・ディープインパクトなどのサンデーサイレンス勢とキングカメハメハ産駒が分け合っている状況である。母系との相性ではニアークティック系やナスルーラ系との相性が良い。特にニアークティック系はNijinskiやLyphard・Vice Regentなどの系統が多く、Storm CatやDanzigなどのスピード色の強い系統はやや劣勢の印象を受ける。

[ニアークティック系] 2017年 ヴォルシャーブ(母母父Alzao)
2014年 ラヴイズブーシェ(母母父モガミ)/プロモントーリオ(母父フレンチデピュティ)
2013年 ルルーシュ(母母父ダンシングブレーヴ)/カフナ(母母父Baldski)
2012年 スマートロビン(母父Lyphard、母母父Nijinski)/トウカイパラダイス(母父マルゼンスキー)

今年の出走予定馬ではチェスナットコート(母父クロフネ)やブライトバローズ(母母父Nijinski)が該当する。ブライトバローズはキングカメハメハ産駒の好走パターンの母父サンデーサイレンスも該当しており、激走なるか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
カンパニー0-0-0-00.0%0.0%
ステイゴールド1-1-0-185.0%10.0%
ネオユニヴァース0-1-1-100.0%16.7%
ディープインパクト1-3-2-154.8%28.6%
ハーツクライ4-2-0-1717.4%26.1%
キングカメハメハ2-0-3-1410.5%26.3%
ジャングルポケット2-3-1-1410.0%30.0%
ルーラーシップ0-0-0-00.0%0.0%
スズカマンボ0-0-0-00.0%0.0%
スウェプトオーヴァーボード0-0-0-00.0%0.0%
ダイワメジャー0-1-0-40.0%20.0%
ナカヤマフェスタ0-0-0-00.0%0.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

複勝率ではリーディング上位のディープインパクト・キングカメハメハ・ハーツクライが並んでいる状況だが、勝率ではハーツクライが抜けておりチェスナットコート・フェイムゲームの走りに注目したい。

それ以外ではジャングルポケットも勝率・複勝率と優秀な成績を残しており、ノーブルマーズの激走にも警戒が必要だろう。

おすすめの記事