カテゴリー:予想・考察

クイーンカップ2018の最終追い切り分析…マウレアやオハナらの調教評価は?

(C)MAZIMICKEY

2018年2月12日、東京競馬場でクイーンカップ(GⅢ/芝1600m)が行われる。マウレア、フィニフティ、オハナ、レッドベルローズ、ツヅミモン、ソシアルクラブ、テトラドラクマらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

マウレア・牝3歳(美浦・手塚厩舎)

評価A-

一週前追い切りは1月31日美浦南Wコース(良)
5F68秒8―53秒6―38秒9―12秒9

戸崎騎手が騎乗して、馬なりに追われた3歳500万下の僚馬を0.4秒追走して同入。折り合いがついて脚取りはしっかりしており、昨年の阪神ジュベナイルF以来となるが乗り込み量は十分足りている。

最終追い切りは2月7日の栗東坂路(良)
5F70秒1―54秒3―39秒5―12秒7

ベストマッチョ(4歳上オープン)を追走して楽な手応えで併入した。短期放牧から戻ってしっかりと乗り込めているだけあって動きは軽い。

オハナ・牝3歳(美浦・堀厩舎)

評価B+

一週前追い切りは2月4日栗東坂路(稍重)
4F57秒1―41秒2―26秒4―13秒0

馬なりとはいえタイムが平凡すぎる。動きも軽快さを欠いていてまだ本調子ではない印象を受ける。

最終追い切りは2月8日の美浦南Wコース(良)
5F70秒1―54秒3―39秒3―12秒4

石橋脩騎手が騎乗して強めに追われたポンデザール(3歳未勝利)と併せた。直線で馬体を併せるとよく伸びて楽に併入している。一週前よりも良化しているが、万全まではいっていないようで、体にも少し余裕がありそう。

ツヅミモン・牝3歳(栗東・藤岡厩舎)

評価A

一週前追い切りは1月31日栗東坂路(良)
4F51秒6―38秒1―25秒1―12秒5

一杯に追われたワントゥワン(4歳上1600万下)と併せ馬を行い、0.9秒後から追走して0.4秒先着してフィニッシュ。格上を相手にして軽快な動きを見せていた。

最終追い切りは2月8日栗東CWコース(良)
5F67秒3―51秒4―37秒7―11秒6

一週前追い切りで速い時計を出しているので最終は終い重点でテンションが上がらないように抑えた動きだった。動きそのものは順調で前走を上回る仕上がりでの出走となりそう。

ソシアルクラブ・牝3歳(栗東・池添厩舎)

評価A

一週前追い切りは1月31日栗東CWコース(良)
6F82秒8―67秒4―53秒0―38秒7―11秒9


岩田騎手が騎乗しての追い切りは、強めに追われたエルデュクラージュ(4歳上1000万下)と併せて0.6秒差を追走して併入。ベストタイムを更新、ラスト1Fも11秒台とこの時点でほぼ仕上がっている状態。

最終追い切りは2月8日栗東坂路(良)
4F53秒7―38秒7―25秒1―12秒7

一週前追い切りできっちりとした状態に仕上がって、最終追い切りは単走馬なりで駆け上がった。それでもなかなかのタイムをマークし好調状態をキープしている。出来は過去最高と思われる。

フィニフティ・牝3歳(栗東・藤原厩舎)

評価A-

一週前追い切りは1月31日栗東CWコース(良)
6F82秒8―67秒5―51秒9―38秒0―11秒6

本番も騎乗予定の川田騎手が騎乗しての追い切りは馬なりのダブルバインド(4歳上500万下)を1.5秒差追走して0.6秒先着。鞍上が手を一杯に動かしての追い切りでラスト1Fが11秒6の上がりなら十分に能力を発揮できる仕上がりと見れる。

最終追い切りは2月8日栗東CWコース(良)
5F67秒5―51秒9―38秒1―12秒3

デロングスター(4歳上500万下)と併せ馬。スタートからはゆっくりとしたペースで動き、ラスト2F,1Fは気合いを入れての追い切り。

前半が掛かったため全体のタイムは速くないが、終いはしっかりと追えている。3ヶ月振りとは思えない動きを見せ、馬体もしっかりとしてきている。


共同通信杯2018の競馬予想分析…エイムアンドエンドが波乱の使者に?3つの根拠

(C) Yusuke Tsutaya

2018年2月11日、東京競馬場で共同通信杯(GⅢ/芝1800m)が行われる。グレイル、カフジバンガード、ステイフーリッシュ、サトノソルタス、ゴーフォザサミット、オウケンムーンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

エイムアンドエンドは初勝利を挙げた直後に臨んだ前走の京成杯で10着だったが、敗因は明らか。今回は人気を落としそうだが、未勝利戦を勝った東京へのコース替わりと距離短縮、そして乗り替わりと、激走の条件は揃った。


ポイント① 舞台替わりに魅力

前走の京成杯は不完全燃焼の競馬。返し馬からテンションが高く、レースでも前向きすぎる面を見せてハミを噛んでいた。折り合いに専念しすぎたことが裏目に出て、馬と騎手がケンカしてしまった格好だ。序盤に体力を消耗してしまっただけに、最後に伸び切れなかったのも仕方ない。

とはいえ、直線では最後までバテることなくしぶとく脚を使っていた。前半のロスがなければ結果は違っていただろうし、重賞の流れを経験したことで次は変わってくるだろう。

加えて、まだ馬体に緩さがあるために、コーナーを回る時のバランスも悪かった。三浦騎手は「現状では広いコースの方がいい」とコメントしているように、器用さを求められる中山より、広い東京でワンターンの舞台に替わるのは間違いなくプラス材料。実際に東京では未勝利戦を勝った実績があり、折り合い面を考えても距離短縮は好材料といえる。

ポイント② 二ノ宮厩舎

共同通信杯と言えば二ノ宮厩舎と言ってもいい。過去10年で2008年ショウナンアルバ、2011年ナカヤマナイト、2016年ディーマジェスティと3勝。しかも出走4頭での成績なのだから驚異的な勝率だ。さらに、降雪でダートコースで代替開催となった1998年にもエルコンドルパサーで勝っており、同一重賞4勝。このレースに出走させるということは、それだけ期待している証拠だ。

直前まで来週17日に行われる自己条件のフリージア賞(東京芝2000m)と両睨みだったが、格上挑戦となる共同通信杯を選択。無駄なレースを使わない二ノ宮厩舎だけに、馬の状態が良く、好勝負になる可能性を感じているからだと判断していい。

ポイント③ ミナリク騎手

騎乗するフィリップ・ミナリク騎手は、日本ではあまり馴染みがないが、ドイツのトップジョッキー。一昨年、昨年と2年連続でドイツのリーディングジョッキーに輝いており、計4回リーディングを獲得している。日本で言えばジャパンカップ、フランスで言えば凱旋門賞にあたり、ドイツ最大のレースであるバーデン大賞を4度も勝っている名手だ。

折り合いをつけるのが上手なタイプが多いヨーロッパの騎手で、巧みに折り合いをつけて馬の能力を最大限に発揮させられるだけの手腕はある。

まとめ

2桁着順から巻き返しに燃えるエイムアンドエンド。5番人気とそこそこの人気を集めた前走から評価を落としているが、あらゆる条件が好転する今回こそが狙い目だ。低評価を覆す激走で、クラシックに望みをつなぐことができるか。


クイーンカップ2018の競馬予想分析、結果発表!回収率130超のデータ該当馬とは?

(C)Ko-Mei

2018年2月12日、東京競馬場でクイーンカップ(GⅢ/芝1600m)が行われる。マウレア、フィニフティ、オハナ、レッドベルローズ、ツヅミモン、ソシアルクラブ、テトラドラクマらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。
ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 父・ネイティブダンサー系は消し!
ポイント3 前走平場・OPEN特別出走馬は消し!
ポイント4 前走先行・中団脚質以外の馬は消し!
ポイント5 前走からのレース間隔4週未満は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

近年、3月のトライアルレースを使わず桜花賞などのGⅠレースに直行する馬も増えているクイーンカップは、2歳から続く勝ち抜き戦の様相を呈していることから、基本的には人気と実力を兼ね備えた馬が上位に入線する堅い決着になりやすいレースだ。

馬名人気予想オッズ
アトムアストレア15397.2
アルーシャ715.2
オハナ36.1
キャッチミーアップ16712.5
ソシアルクラブ612.6
ツヅミモン23.8
テトラドラクマ819.0
ナラトゥリス997.3
ハトホル10118.2
フィニフティ511.8
マウレア12.3
マルターズルーメン13361.6
モデレイト12148.6
ライレローズ11127.5
レッドベルローズ46.2
ロフティフレーズ14372.7

単勝9番人気以下の出走馬は……

アトムアストレア
キャッチミーアップ
ナラトゥリス
ハトホル
マルターズルーメン
モデレイト
ライレローズ
ロフティフレーズ

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ネイティブダンサー系は消し!

血統からポイントを探すと父・ネイティブダンサー系の血統が不振の傾向にある。

ネイティブダンサー系の代表種牡馬はキングカメハメハで、どの競馬場でもどの距離でも比較的成績を残す万能型であるが、クイーンカップにおいては未だに結果を残すことはできていない。

馬名父・血統分類
アトムアストレアロイヤルチャージャー系
アルーシャロイヤルチャージャー系
オハナロイヤルチャージャー系
キャッチミーアップロイヤルチャージャー系
ソシアルクラブネイティヴダンサー系
ツヅミモンロイヤルチャージャー系
テトラドラクマネイティヴダンサー系
ナラトゥリスネイティヴダンサー系
ハトホルネイティヴダンサー系
フィニフティロイヤルチャージャー系
マウレアロイヤルチャージャー系
マルターズルーメンロイヤルチャージャー系
モデレイトロイヤルチャージャー系
ライレローズロイヤルチャージャー系
レッドベルローズロイヤルチャージャー系
ロフティフレーズネイティヴダンサー系

父・ネイティブダンサー系は……

ソシアルクラブ
テトラドラクマ
ナラトゥリス
ハトホル
ロフティフレーズ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走平場・OPEN特別出走馬は消し!

クラシック直結のクイーンカップにおいては、既に重賞に出走して勝ち抜いてきた、もしくは好走してきた馬が活躍することが多く、なんとかクラシックに間に合わせようとして遅めにデビューした馬や重賞ではなくオープン特別に出走した馬にとって厳しい結果となっている。

なお、前走500万下特別戦に出走した馬は、クイーンカップで活躍しかろうじてクラシックに間に合う馬もいるので消しという判断には至らない。

馬名クラス前走レース名
アトムアストレア新馬・牝
アルーシャ未勝利
オハナ500万下菜の花賞
キャッチミーアップ500万下
ソシアルクラブGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ
ツヅミモンGⅢシンザン記念
テトラドラクマGⅢフェアリーS
ナラトゥリス500万下赤松賞
ハトホルGⅢフェアリーS
フィニフティ新馬・牝
マウレアGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ
マルターズルーメン未勝利
モデレイト500万下つわぶき賞
ライレローズGⅢフェアリーS
レッドベルローズGⅢフェアリーS
ロフティフレーズ新馬

前走平場・OPEN特別出走馬は……

アトムアストレア
アルーシャ
キャッチミーアップ
フィニフティ
マルターズルーメン
ロフティフレーズ


ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走先行・中団脚質以外の馬は消し!

東京競馬場の芝1600mでは、枠順や脚質による有利不利が出ることはあまりみられないが、クイーンカップにおいては、極端な逃げや追込の戦法を取った馬が活躍することは少なく、先行中団での戦い方が中心の馬が活躍するレースである。

馬名前走脚質
アトムアストレア先行
アルーシャ先行
オハナ先行
キャッチミーアップ追込
ソシアルクラブ後方
ツヅミモン先行
テトラドラクマ中団
ナラトゥリス追込
ハトホル追込
フィニフティ先行
マウレア差し
マルターズルーメン先行
モデレイト差し
ライレローズ中団
レッドベルローズ差し
ロフティフレーズ差し

前走先行・中団脚質以外の馬は……

キャッチミーアップ
ソシアルクラブ
ナラトゥリス
ハトホル
マウレア
モデレイト
レッドベルローズ
ロフティフレーズ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走からのレース間隔4週未満は消し!

クラシック本番に向けて、間隔を詰めて出走する時期ではまだなく、休み明け初戦であったり、それなりの間隔を開けて出走したほうが結果がでていることをデータは示している。

馬名レース間隔
アトムアストレア5
アルーシャ7
オハナ4
キャッチミーアップ4
ソシアルクラブ9
ツヅミモン5
テトラドラクマ5
ナラトゥリス12
ハトホル5
フィニフティ13
マウレア9
マルターズルーメン8
モデレイト8
ライレローズ5
レッドベルローズ5
ロフティフレーズ3

前走からのレース間隔4週未満の馬は……

ロフティフレーズ

ここではこの馬が消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……


オハナ
ツヅミモン

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


京都記念2018の競馬予想分析…クロコスミアの激走を示唆する3つの要因とは?

(C)Yusuke Tsutaya

しぶとい粘り腰は再び。

2018年2月11日、京都競馬場で京都記念(G2/芝 2200m外回り)が行われる。レイデオロ、アルアイン、モズカッチャン、ディアドラと4頭のG1ホースを筆頭に豪華メンバーが出走を予定しており、レベルの高い混戦が予想される。

そのメンバーの中からこの記事ではクロコスミアに注目する。昨秋はG1でも連対を果たした実力馬だが、このメンバーに入っても好走出来る可能性はあるのだろうか?今回は3つのポイントから分析を進めていこう。


要因① この馬向きの展開が濃厚

少頭数で前に行きたい馬が少ない組み合わせなのは心強い。

今回のレースは10頭立ての予定であり、この頭数、このメンバーなら京都の中長距離戦特有のバラけた展開となる可能性が高い。またこのコースは昨年のエリザベス女王杯での同馬や過去にはクイーンスプマンテ、テイエムプリキュアの大駆け、ラブリーデイ、スズカデヴィアスのいったいったなど先行馬が穴を空ける傾向にある。プリメラアスールにハナを叩かれるのでは?と心配する声もあろうが、前走もクインズミラーグロが思わぬ逃げを打ったのでこの馬は番手からの競馬だった。逃げられなくても問題はない。人気どころがけん制し合う展開ならもちろん、そうでなくともコース特性を生かせば上位進出は可能だ。

要因② 充実一途を示す近走

昨夏からの走りは本格化を感じさせる。

クロコスミアは元々阪神ジュベナイルフィリーズでも穴人気したように早くから将来を嘱望された馬であったが、3歳時は未勝利であったようにもうひとつ殻を破れない時期もあった。しかし飛び級で降級した昨年の北海道シリーズから馬が一変。強い勝ち方を見せるようになり、G2優勝に続きG1で連対するまでに成長した。まだまだタイトルホルダーたちに比べれば地力が一枚下の印象があるかもしれないが、伸び盛りの今なら実力が過小評価されている可能性は十分だ。

要因③ 54キロでの出走

斤量面でのアドバンテージも見逃せない。

馬体が増えつつあるとはいえ馬格に恵まれないこの馬にとって斤量が重くない事は明るい材料だ。現に昨年の府中牝馬ステークスでも54キロを味方にG1馬3頭を従えて逃げ切ってみせている。また前走で苦杯をなめさせられた好敵手モズカッチャンとの斤量差も2キロ詰まって今回は同斤量だ。恵(軽)量も味方につけた積極策は簡単には止まらない。

まとめ

ここまで見てきたように過小評価されているように思えるクロコスミアには好走を期待できる要因がたくさんある。もちろんステイゴールド産駒の成長力がここに来てピークに達している可能性もあり、実績のあるコース、このメンバー構成で軽視するのは禁物だろう。

クロコスミアがまたしてもスターホースたちを蹴散らしてタイトルを手に入れるのか?激戦が予想される京都記念は日曜日の午後3時35分にスタートが切られる。

文=櫻井秀幸


クイーンカップ2018の競馬予想分析…無敗のオハナを頭で狙えない3つの理由

(C)Ko-Mei

2018年2月12日、東京競馬場でクイーンカップ(GⅢ/芝1600m)が行われる。マウレア、フィニフティ、オハナ、レッドベルローズ、ツヅミモン、ソシアルクラブ、テトラドラクマらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

オハナはデビューから芝1600mで連勝。前走の菜の花賞は単勝1.6倍の圧倒的な1番人気に応えて楽勝した。

今回の東京芝1600mでは新馬戦を勝った実績があり、祖母が名牝ノースフライトという血統背景や、堀厩舎のブランド力からも、人気の一角となることは確実だ。

しかし、人気ほどの信頼感があるかというと微妙なところ。その不安材料を挙げていく。


不安① 持ち時計

過去10年の優勝馬だけを見ても、2008年リトルアマポーラ、2011年ホエールキャプチャ、2012年ヴィルシーナ、2016年メジャーエンブレムと、のちのGI馬が4頭もいる。クラシックを狙う素質馬が年明け初戦に選ぶことも多く、例年かなりレベルが高い。

メジャーエンブレムが勝った1.32.5で勝った一昨年は特別だとしても、アドマイヤミヤビが勝った昨年が1.33.2、キャットコインが勝った2015年も1.34.0と、最近は速いタイムで決着している。それだけに、時計面での裏付けは欲しいところだ。

オハナの走破タイムは、初戦が重馬場だったとはいえ1.40.8、前走が1.36.0。持ち時計はかなり平凡で、特筆すべき点がない。重賞の速い流れに対応できるかは疑問だ。

不安② 馬体重

クイーンカップのデータを過去20年まで遡っても、馬体重420kg以下の馬は【0・1・1・19】と不振。2001年にタカラサイレンスが1番人気で13着、2012年にオメガハードランドが3番人気で9着、2016年にサプルマインドが2番人気で15着など、上位人気に支持された馬も惨敗している。

オハナは前走時の馬体重が412kg。伸び盛りの3歳牝馬とはいえ、よほど増えていないと、過去の傾向からは厳しいと言わざるを得ない。

なお、同じく堀厩舎に所属している全姉ハナレイムーンは、昨年このレースに422kgで出走して5着に敗れている。

不安③ 気性

前走時はパドックでかなりチャカついていたように、気性的にまだ幼い面が多く残っている。

当時は初戦から約3か月とレース間隔を空けての出走だったが、今回は中3週と初めて間隔を詰めて使うだけに、テンションが上がっていないか心配だ。前走は力の違いで押し切れたものの、今回は相手関係が一気に強化。パドックや返し馬での雰囲気はしっかりとチェックしておきたい。

まとめ

デビューから3連勝で重賞制覇を狙うオハナだが、馬体面も気性面もまだ完成には程遠い印象だ。逆に、そんな現状でこのレースを勝つようなら桜花賞の最有力候補の1頭になることは間違いないが、今回はまだ様子見が妥当だと言っておきたい。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る