カテゴリー:予想・考察

エリザベス女王杯2017の予想分析…ミッキークイーン優勝に必要な絶対条件とは?

(C)はねひろ

再び、勝利の美酒を味わうために――。

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。人気を集めそうなのが、2冠馬のミッキークイーンだ。春はGI制覇こそならなかったものの、阪神牝馬ステークスを勝ち、宝塚記念では牡馬に混じって3着と健闘した。能力だけで言えば現役最強牝馬の有力候補であることは間違いないだろう。

しかし、ミッキークイーンは人気に支持されながら、なかなか勝ちきれないことが多い。阪神牝馬Sを勝ったとはいえ、その前の勝利は秋華賞まで遡らなければならないほどだ。

では、エリザベス女王杯を制すために必要なこととは何なのだろうか?


3歳時の幻影を振り解けるか?

ミッキークイーンはどんなタイプの馬か?

そんな質問を投げかけられたとき、多くの人はこう答えるのではないか。

「強烈な末脚が持ち味」

と。実際、オークスに代表されるように、2、3歳時は強烈な末脚を武器にクラシック戦線で活躍してきた。彼女に優れた末脚があったことに疑いの余地はない。

しかし、冷静に戦績を振り返ってみると、意外な事実に気付かされる。それは、


古馬になってから7戦して、上がり3位以内の末脚を3回しか使っていない――

ということである。末脚が持ち味の馬なのであれば、こんな実績になるのはおかしな話だ。普通、たとえ着順が悪くても、上がり3ハロンの順位だけは上位にくるものである。しかし、実際にはそうではない。それはなぜなのか?

その疑問の答えを解く鍵になるのが、ジェンティルドンナの戦績だ。

ジェンティルドンナに見る優勝へのヒント

彼女は2、3歳時、強烈な末脚を武器にしてきた。しかし、古馬になってから徐々に先行策にシフトしていき、上がり上位の脚を使うことは少なくなった。

完結にまとめるとするなら……

「同世代との戦いではポテンシャル勝負(=末脚比べ)で勝ってきたが、古馬になると本来の持ち味である機動力(競馬のうまさ)を活かした走りにシフトしていった」

ということになる。古馬と交じると、末脚比べでは厳しくなる。だから先行策をとり、安定した走りをしてきたわけだ。

ミッキークイーンの話に戻そう。

彼女にしても、2、3歳限定戦ではポテンシャルだけで勝ててきた。しかし、古馬になると徐々にそれだけでは通用しなくなっているのだ。

ではどうすれば優勝に手が届くかといえば、カギは脚質になるだろう。


実際、戦績を見ても“シフトチェンジ”が功を奏す可能性があることを示唆している。

古馬になってから、ミッキークイーンが人気と同じかそれ以上にいい着順で走ったレースは3つ。

2016年 有馬記念
2017年 阪神牝馬S
2017年 宝塚記念

この3つに共通しているのは「究極の切れ味が求められないレース」だったことだ。

阪神牝馬Sと宝塚記念は道悪開催だったし、有馬記念に関しても上がり1位が35秒台という質のレースだった。ミッキークイーンには「末脚が持ち味」というイメージのあるにもかかわらず、実際には「究極の切れ味が求められないレース」で好走しているのだから面白い。

付け加えるなら、有馬記念は16頭立ての4角6番手、阪神牝馬Sは16頭立ての4角8番手と、中団以上で競馬をしていた。

要するに「究極の切れ味が求められないレース」かつ「中団以上(できれば番手)で競馬をすること」が、ミッキークイーンの好走条件と定義できるわけだ。

兄弟に見る血統的な根拠

実際、血統的に見ても先行策によって成績が上がる可能性は大いにある。

全兄トーセンマタコイヤは、ミッキークイーンと同じように3歳時は優れた末脚を発揮していたが、古馬になると徐々に先行策にシフト。最後の勝利は、なんと逃げて勝ち取ったものだった。また、全姉インナーアージも全4勝のうち、未勝利戦を除く3勝を、4角5番手以内の位置取りから挙げている。

まとめると、ミッキークイーンがエリザベス女王杯で優勝できるかどうかの最大の鍵は「位置取り」といえるのだ。


彼女がスタートからどんなポジションにつけるのかが、最大の見所といっても言い過ぎではないだろう。


エリザベス女王杯2017の予想データ分析…ルージュバックの4つの不安と3つの好走条件

(C)MAZIMICKEY

次こそ、栄光をつかむとき――。

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。人気を集めそうなのが、オールカマーで牡馬を一蹴したルージュバックだ。2歳から注目を集めて春のクラシックではいずれも1番人気に支持された。しかし、GIではオークスの2着が最高で、いまだに栄冠には届いていない。

“今回こそ”の期待が集まるが、果たしてルージュバックはエリザベス女王杯を勝てる力を持っているのか? 今回はその可能性を探っていこう。


不安要素① マンハッタンカフェ産駒の特徴

昨年のエリザベス女王杯はマンハッタンカフェ産駒のクイーンズリングが勝った。だから「マンハッタンカフェが不安要素」と言われても、ピンと来ない方がほとんどではないだろうか。

もっとも、昨年の覇者が同産駒だからといって、必ずしもルージュバックに向いているというわけではない。例えば、マンハッタンカフェ産駒は全般的に、GIでパフォーマンスを極端に落とす傾向にあるのだ。

◉マンハッタンカフェ産駒重賞成績
——————————
クラス 着別度数
——————————
G3 25- 30- 25-263/343
G2 15- 18- 19-185/237
G1 4- 8- 8-119/139
————————————-
クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————-
G3 7.3% 23.3% 83 104
G2 6.3% 21.9% 44 78
G1 2.9% 14.4% 47 82
————————————-

ご覧の通り、GIの勝率は3%を切る。「最高峰のレースなんだから、当たり前じゃないか」という声が聞こえてきそうなので、他のリーディング上位種牡馬を見ていくと……

◉ダイワメジャー産駒重賞成績
——————————
クラス 着別度数
——————————
G3 13- 20- 22-174/229
G2 7- 13- 7-107/134
G1 5- 1- 6- 86/ 98
——————————
クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————-
G3 5.7% 24.0% 45 76
G2 5.2% 20.1% 61 71
G1 5.1% 12.2% 58 62
————————————-

◉シンボリクリスエス産駒重賞成績
——————————
クラス 着別度数
——————————
G3 7- 6- 14-143/170
G2 11- 5- 7-123/146
G1 4- 6- 2- 66/ 78
——————————
クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————-
G3 4.1% 15.9% 35 65
G2 7.5% 15.8% 83 53
G1 5.1% 15.4% 26 42
————————————-


多少のばらつきがあるとはいえ、確率的にはGIIIもGIIもGIも変わらない。マンハッタンカフェ産駒はリーディング上位種牡馬の中でも、GIでパフォーマンスを落とす傾向にあるわけだ。

不安要素② クイーンズリングは恵まれた?

マンハッタンカフェ産駒の牝馬でGIを勝っているのは2頭。レッドディザイアとクイーンズリングだ。

この2頭のレースぶりを振り返ってみると、ある共通点が見えてくる。いずれも……

・内枠だったこと
・内々をまわり、ロスなく立ち回ったこと
・何の不利も受けなかったこと

もともとマンハッタンカフェ産駒はディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒に比べてスケール感で劣る。しかし、立ち回りのうまさや器用さがあるため、重賞でも結果を残すことができていた。

昨年のクイーンズリングを振り返ってみてもそうだ。

もともとクイーンズリングは、末脚を武器に重賞戦線で戦ってきた馬だった。フィリーズレビューでは後方14番手という位置取りから末脚一閃で13頭をごぼう抜きしたほどだ。しかし、大外一気の脚質では栄冠まで後一歩、届いていなかった。

そんなクイーンズリングだったが、京都牝馬Sと府中牝馬Sを先行策で制すると、迎えたエリザベス女王杯でもマンハッタンカフェ産駒の特徴を最大限に活かすことに成功した。内枠から内々を立ち回り、最後の直線でもスムーズに前が空いた。もともと末脚はしっかりしている馬なだけに、しっかり差し切って栄冠を手にした、というわけだ。ミルコ・デムーロ騎手の手腕や、12番人気のシングウィズジョイが2着に来る“マンカフェ馬場”だったことも幸いした。

要するに、マンハッタンカフェ産駒がGIを勝つには……

・内枠であること
・内々をまわり、ロスなく立ち回ること
・何の不利も受けないこと


この条件を満たす必要があるわけだ。

不安要素③ 完璧過ぎた前哨戦

この条件がハマったのが、前哨戦のオールカマーだった。内枠からロスなく立ち回り、直線で末脚を発揮して勝ち切る……。まさにマンハッタンカフェ産駒が重賞を勝つパターンの見本のようなレースだった。

あのようなレースができたなら、エリザベス女王杯でも勝つ可能性は十分に出てくるだろう。

しかし、一方で、もしひとつでも条件がズレてしまうと……戴冠の可能性は一気に低くなってしまう。

不安要素④ パフォーマンスを落としてきた過去

もともとルージュバックもクイーンズリングと同じで、大外一気という「力でねじ伏せる競馬」ではGIを取れなかった。

だから、GIIIやGIIで高いパフォーマンスを発揮(=GIII、GIIのポテンシャル勝負なら勝てた)し、GIであと一歩1着に届かない(GIのポテンシャル勝負では厳しかった)というキャリアを繰り返してきたわけだ。

今回も、大外一気の競馬を選択するようなら、今まで通りの結果に終わる可能性が高いだろう。

3つの好走条件は?

まとめると、ルージュバックには数々の不安要素がある。ただし、以下の条件を満たせば、好走の可能性は非常に高まってくる。

・内枠であること
・内々をまわり、ロスなく立ち回ること
・何の不利も受けないこと

果たして、ルージュバックはGIタイトルを取れるのか? まずは枠順発表に、注目が集まる。



エリザベス女王杯2017の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の勝ち馬一覧

(C)MAZIMICKEY

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。

ミッキークイーン、スマートレイアー、ヴィブロス、ルージュバックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去のエリザベス女王杯馬の一覧だ。


エリザベス女王杯・概要

2017年11月12日(日) 5回京都4日目
【11R】  第42回エリザベス女王杯
3歳以上・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝2200m・外 (B)

出走予定馬・登録馬

中心になるのは牡馬混合のオールカマーを勝ちきったルージュバックだ。2歳時から注目されてきた逸材だが、GIではオークス2着が最高と、いまだに栄冠には手が届いていない。初のGIタイトル獲得なるかが注目される。

彼女を追うのが、同じく牡馬混合重賞の京都大賞典を勝ったスマートレイアー、府中牝馬ステークス2着で春のドバイGIを勝ったヴィブロス、昨年のエリザベス女王杯3着で宝塚記念3着のミッキークイーンらだ。

他にも秋華賞で好走した期待の3歳馬ディアドラとリスグラシュー、モズカッチャン、復活を目指す昨年の覇者クイーンズリングなど、GI馬、GI好走の素質馬が多数出走してくる。

登録馬は以下のとおりだ。

ウキヨノカゼ 牝 7 (美) 菊沢隆徳
エテルナミノル 牝 4 (栗) 本田優
クイーンズリング 牝 5 (栗) 吉村圭司
クインズミラーグロ 牝 5 (美) 和田正道
クロコスミア 牝 4 (栗) 西浦勝一
ジュールポレール 牝 4 (栗) 西園正都
スマートレイアー 牝 7 (栗) 大久保龍
タッチングスピーチ 牝 5 (栗) 石坂正
ディアドラ 牝 3 (栗) 橋田満
デンコウアンジュ 牝 4 (栗) 荒川義之
トーセンビクトリー 牝 5 (栗) 角居勝彦
ハッピーユニバンス 牝 5 (栗) 平田修
プリメラアスール 牝 5 (栗) 鈴木孝志
プロレタリアト 牝 6 (美) 小島茂之
マキシマムドパリ 牝 5 (栗) 松元茂樹
ミッキークイーン 牝 5 (栗) 池江泰寿
モズカッチャン 牝 3 (栗) 鮫島一歩
リスグラシュー 牝 3 (栗) 矢作芳人
ルージュバック 牝 5 (美) 大竹正博
ヴィブロス 牝 4 (栗) 友道康夫


想定人気・予想オッズ

1 ヴィブロス 2.6
2 スマートレイアー 4.6
3 ミッキークイーン 4.9
4 ルージュバック 4.9
5 ディアドラ 7.4
6 モズカッチャン 9.5
7 リスグラシュー 15.4
8 クイーンズリング 17.9
9 クロコスミア 37.1
10 ジュールポレール 44.9
11 マキシマムドパリ 126.4
12 デンコウアンジュ 180.2
13 トーセンビクトリー 224.1
14 クインズミラーグロ 274.8
15 エテルナミノル 301.5
16 ウキヨノカゼ 320.3
17 タッチングスピーチ 397.7
18 プリメラアスール 572.2
19 ハッピーユニバンス 824.8
20 プロレタリアト 1558.4

過去のエリザベス女王杯馬たち

2016.11.13 クイーンズリング
2015.11.15 マリアライト
2014.11.16 ラキシス
2013.11.10 メイショウマンボ
2012.11.11 レインボーダリア
2011.11.13 スノーフェアリー
2010.11.14 スノーフェアリー
2009.11.15 クィーンスプマンテ
2008.11.16 リトルアマポーラ
2007.11.11 ダイワスカーレット


エリザベス女王杯2017の予想分析…人気馬スマートレイアーの3つの不安要素とは?

(C)MAZIMICKEY

悲願のタイトルを、彼女に――。

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。人気を集めそうなのが、京都大賞典で牡馬の有力馬たちを一蹴した7歳牝馬スマートレイアーだ。今まで手が届きそうで届かなかったGIタイトルの奪取に向け、最高の臨戦過程で挑んできている。

では、スマートレイアーはエリザベス女王杯を勝てるポテンシャルを持っているのか? 調べていくと、少なくない不安があることが分かってきた。


不安要素① 完璧過ぎた前哨戦

まず、前哨戦の内容を振り返りたい。後方の内々から競馬を進めたスマートレイアーは、直線で進路を内に取った。鞍上の武豊騎手は巧みに内ラチ沿いをぬい、最後はトーセンバジルとの叩き合いを制した。

素晴らしい競馬だった。

しかし、同時に「これ以上の競馬」が望めないパフォーマンスでもあった。

・内々を進んだことにより、距離ロスはほぼゼロ
・内に突っ込みながらほとんど不利を受けていない

エリザベス女王杯でも100点の競馬ができるとは限らない。特にGIになると、各馬が「一発」を狙ってくる。内をスルスルと抜けて……という競馬は、前回以上に困難になる。だからといって、外を回れば距離ロスが生じてしまう。

前哨戦が完璧だったからこそ、本番でも同様のパフォーマンスが望めるか、不安が大きいわけだ。


不安要素② GIにおけるパフォーマンスの低下実績

さらにスマートレイアーは、GIでパフォーマンスを落としてきた残念な実績がある。

2014年
大阪城S1着→ヴィクトリアマイル1番人気8着
府中牝馬S2着→エリザベス女王杯5番人気10着

2015年
阪神牝馬S4着→ヴィクトリアマイル6番人気10着
府中牝馬S2着→エリザベス女王杯8番人気5着

2016年
阪神牝馬S1着→ヴィクトリアマイル3番人気4着
府中牝馬S3着→香港ヴァーズ5着

2017年
京都記念2着→ヴィクトリアマイル4番人気4着

ご覧の通り、GIではほとんど順位を落としている。秋華賞以来、馬券に絡んだこともない。

今回も前哨戦が完璧だっただけに、パフォーマンスを落とす懸念はつきまとうのだ。

不安要素③ ディープインパクト産駒“史上初”への挑戦

そして血統的な面も不安材料となる。ディープインパクトはエリザベス女王杯でも結果を残しているが、ほとんどが4歳馬によるもの。

ディープインパクト産駒は全体的に若い馬が活躍する傾向にあり、年齢とともにパフォーマンスを落としていく。

例えば、6歳以上におけるGI実績を見てみると……


—————————-
年齢 着別度数
—————————-
6歳 2- 3- 0-27/32
7歳 0- 0- 1-11/12
8歳 0- 0- 0- 9/ 9
—————————-

数々のGI馬が出ている中、6歳以上になると勝ち馬はわずか2頭に激減する。7歳以上になると、馬券に絡んだことすら、一度しかない。なお、牝馬に限定すると(0−0−0−7)と、好走例は一度もない。

そもそも7歳になって現役を続行する馬が少ないこと、スマートレイアー自身が7歳で重賞を勝っていることを加味すれば、あまり意味のないデータにも思えてくる。しかし、一定数のデータがある中で前例がないというのは、やはり懸念点として挙げざるを得ない。

まとめ

スマートレイアーは実力馬だが、少なくない不安要素があることがわかった。

果たして、彼女は不安をはねのけ、初の戴冠を手にすることができるのだろうか。


エリザベス女王杯2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。

ミッキークイーン、スマートレイアー、ヴィブロス、ルージュバックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
3マンハッタンカフェAnabaa
12マンハッタンカフェシンボリクリスエス
2ディープインパクトGold Away
6ディープインパクトエルコンドルパサー
1ハーツクライスピニングワールド
4ディープインパクトSadler’s Wells
3ディープインパクトStorm Cat
1ハーツクライスピニングワールド
6キングカメハメハサンデーサイレンス
2スズカマンボグラスワンダー
6ディープインパクトStorm Cat
5キングカメハメハサンデーサイレンス
7ブライアンズタイムノーザンテースト
1ディープインパクトMachiavellian
5ディープインパクトKingmambo
1IntikhabCharnwood Forest
2ジャングルポケットサンデーサイレンス
4キングカメハメハSalt Lake
4IntikhabCharnwood Forest
2フレンチデピュティSadler’s Wells
1キングカメハメハSalt Lake
11ジャングルポケットサクラユタカオー
12パラダイスクリークステートリードン
1スペシャルウィークCaerleon
4アグネスタキオンコマンダーインチーフ
1キングヘイローSeattle Slew
2ナリタトップロードBaldski
1アグネスタキオンノーザンテースト
3サンデーサイレンスNureyev
2エンドスウィープダンシングブレーヴ

集計期間:2007.11.11 ~ 2016.11.13

解説・分析:注目血統は?

注目されるのは「クラシック血統<<非クラシック血統」という構図だろう。

エリザベス女王杯は京都芝外回り2200mで行われる。外回りコースではあるものの、2200mという特殊な距離……いわゆる非根幹距離の中距離戦というのはクラシックにはなかった条件だ。

だからこそ、クラシックではクラシック血統の後塵を拝していた非クラシック血統馬たちが巻き返してくる。

例えば、過去10年の勝ち馬を見てみると、ブライアンズタイム、スズカマンボ、ジャングルポケットといったクラシックではあまり活躍しない血統の馬が勝っていることが分かる。


また、勝ち馬の実績を見てもそう。過去10年の勝ち馬で、クラシック勝利実績があるのはダイワスカーレットとメイショウマンボの2頭のみ。昨年の勝ち馬クイーンズリングにしても、クラシックは皆勤賞ながらあと一歩のところで栄冠には届かなかった。しかし、エリザベス女王杯では2冠馬ミッキークイーンを抑えて優勝を果たしている。

クラシック血統のディープインパクト産駒ラキシスやマリアライトにしても、クラシックに間に合わなかった晩成型だった。

要するに……

・非クラシック血統の巻き返し
・クラシック血統の場合は“あと一歩組”や晩成型

このあたりに注目していくのが、エリザベス女王杯攻略の王道路線だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト3- 5- 8-29/45
マンハッタンカフェ3- 2- 0-15/20
ジャングルポケット3- 0- 1-13/17
キングカメハメハ2- 3- 3-23/31
ステイゴールド2- 2- 4-17/25
ハービンジャー1- 5- 0-23/29
ハーツクライ1- 3- 2-33/39
スペシャルウィーク0- 1- 0- 6/ 7
オンファイア0- 0- 0- 1/ 1
メイショウサムソン0- 0- 0- 3/ 3
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.7%35.6%8094
マンハッタンカフェ15.0%25.0%214142
ジャングルポケット17.6%23.5%10268
キングカメハメハ6.5%25.8%7180
ステイゴールド8.0%32.0%365142
ハービンジャー3.4%20.7%174100
ハーツクライ2.6%15.4%155109
スペシャルウィーク0.0%14.3%024
オンファイア0.0%0.0%00
メイショウサムソン0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1. 6 ~ 2017. 5.21

※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト産駒の強さが光るが、マンハッタンカフェやステイゴールド、ハービンジャーあたりも高い回収率を記録している。

また、ディープインパクト産駒にしても面白い傾向を見て取ることができる。この条件で3番人気以下ながら重賞を勝った馬が、ラキシス以外にもう一頭いる。

それが、京都記念を勝ったトーセンラーだ。


そしてこの馬、クラシック皆勤賞ながら栄冠に届かなかった“あと一歩組”だった。

要するに、ディープインパクト産駒を買うなら、そういうタイプの馬を買うべき、ということだ。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る