アダムスブリッジが登録抹消で引退!15年若駒ステークス勝ちの素質馬

(C)sleep

2015年の若駒ステークスを制したゼンノロブロイ産駒のアダムスブリッジ(牡3)が引退したことが分かった。9月17日付で登録を抹消されている。

アダムスブリッジは8月22日に行われた日本海ステークスに出走した後、屈腱炎を発症したことが判明。管理する石橋正調教師は「まずは放牧に出し、また時間を置いてから検査などを行い程度の確認と今後のプランを検討していきます」とコメントしていたが、復帰を断念する決断が下された。

期待のゼンノロブロイ産駒は新馬戦を快勝すると、続く若駒ステークスでも勝利して2戦2勝。クラシックの有力候補として期待されていた。しかし、若葉ステークスで皐月賞への権利と取ることができず、迎えた日本ダービーでも17着と大敗していた。約3カ月の休養を挟んだ日本海Sで立て直しを目指したが、1番人気7着と敗れていた。

優れた血統背景も注目を集めた理由だった。母のシンハリーズは米GⅠデルマーオークスの勝ち馬でアメリカンオークスではシーザリオには敗れたものの3着と健闘。兄弟にはローズステークス3着など重賞で常連のリラバティ、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの勝ち馬アダムスピークなどがいる良血馬だった。

【関連記事】
日本ダービー(2015年)アダムスブリッジ良血度診断!半兄アダムスピーク
ポルトフォイユが屈腱炎!武豊騎手鞍上でデビュー戦を圧勝した素質馬が離脱
藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る